<   2019年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

半年経って

 池上線・多摩川線から東急7700系が引退して半年が経つ。

 幼い頃から身近に走っていて、特別な思い入れのある車両だっただけに、引退してしまったときにはずいぶんと寂しく感じられたものであった。

 しかし、7700系がいなくなったからと言って池上線・多摩川線の魅力がなくなったわけではない。四季折々の風景、さまざまな歴史、複雑な地形が両線の沿線にはある。だから、7700系がいなくなってもそれを楽しみに、今までと同じように池上線・多摩川線沿線を頻繁に訪れたいと思った。

 そんなふうに考えてきたけれど、この半年間はあまり訪れることができないうちに過ぎてしまった。

 それはやっぱりもったいないことなので、これからはまた頻繁に訪れるようにしようと思う。

 そんなことを、7700系の引退から半年経って改めて思った。
f0113552_22084523.jpg

東急
7000系電車(7113F) 東急多摩川線沼部駅~鵜の木駅にて 2019.5.26
by railwaylife | 2019-06-30 22:10 | 東急 | Comments(0)

初夏のN700系

f0113552_21454675.jpg
 初夏の頃になると多摩川の川原でよく見かけるようになるこの黄色い花はどこか毒々しいところがあって、以前からあまり好きになれなかった。

 それで花の名さえ調べていなかったのだが、今年もまた目にしたので気になって調べてみた。

 どうやらこの花はルドベキアという名で、北米原産の園芸種だそうだ。それが野生化し川原などにも咲いているようだ。繁殖力が強いというが、たしかに雑然とした川原にあっても力強く咲いている。ただ、こうして花の名がわかってみても、あまり好きになれそうにない。

 それでも、こうやってN700系に添えてみれば、初夏らしい風景にはなるのかなと思った。


新幹線
N700系電車
「こだま」
654号 東海道新幹線品川駅~新横浜駅にて 2019.6.17
by railwaylife | 2019-06-29 21:50 | 700&N700 | Comments(0)

梅雨空2019

 今年の梅雨は、雨が多いのか、少ないのか。暑いのか、寒いのか。
f0113552_22201484.jpg
 よくわからないけれど、こんな空を見せられると「梅雨時だなぁ」という気はしてくる。

 ただ、西日本の梅雨入りはだいぶ遅れた。

 梅雨入りが遅くなった分、梅雨の末期になって例年以上の大雨が降るなんてことはないようにしてほしい。

 そんな願いを、西から来たこの列車に込めた。


新幹線
N700系電車
「ひかり」
468号 東海道新幹線品川駅~新横浜駅にて 2019.6.17
by railwaylife | 2019-06-27 22:25 | 700&N700 | Comments(0)

紫陽花玉電

f0113552_23195645.jpg
 世田谷線の玉電塗装は、どんなときでも在りし日の玉電の風景を想うためにあると思う。

 玉電の沿線にも、初夏には紫陽花の咲く場所があっただろうか。


東急
300系電車(301F) 東急世田谷線山下駅~松原駅にて 2018.6.4
by railwaylife | 2019-06-22 23:20 | 東急世田谷線 | Comments(0)

E259アオイエクスプレス

 品鶴線の橋梁脇の土手に、タチアオイが一本だけ忽然と咲いていた。しかも八重の花だ。
f0113552_00494047.jpg
 まるで橋梁を通る電車に花を見せ付けるようにして咲いていた。

 まるで橋梁を通る電車に初夏であることを誇示するかのように咲いていた。


JR東日本E259系電車
特急「成田エクスプレス」
33号 品鶴線西大井駅~武蔵小杉駅にて 2018.6.12
by railwaylife | 2019-06-22 00:50 | E259系 | Comments(0)

アジサイ6020系

 2018年3月末にデビューした東急6020系は、その登場から二ヵ月余りして紫陽花の花咲く季節を迎えた。

 そうなったらもう、たちまちに私の「紫陽花列車」の風景の餌食である。
f0113552_23174330.jpg
 そんな6020系最初の「紫陽花列車」の風景に込めるのは、身近に走り始めたこの車両がどうかいくつもの紫陽花の季節を無事に重ねていきますように、という願いであった。


東急
6020系電車 東急大井町線九品仏駅~尾山台駅にて 2018.6.4
by railwaylife | 2019-06-20 23:20 | 東急 | Comments(0)

ゼニアオイの小径

f0113552_12260589.jpg
 マグノリアの小径、とか言うと格好いいけれど、ゼニアオイの小径じゃあんまりさまにならない。やはり「ゼニ」という響きが良くないんだろうか。

 しかも、花がもうしおれかけである。

 でも、この小径にゼニアオイが咲いていて、そのすぐ向こうを電車が行き交っているのが、私には何とも嬉しいことであった。


東急
6000系電車 東急大井町線九品仏駅~尾山台駅にて 2018.6.4
by railwaylife | 2019-06-17 12:30 | 東急 | Comments(0)

ぐったり紫陽花

f0113552_23492203.jpg
 晴れた日の紫陽花は、ぐったりとしてしまう。

 だから、自分が紫陽花を見に来た日に良く晴れたことを恨めしく思った。なんで今日に限って晴れるんだ、とイライラもした。

 でも、この花の咲く季節には、こういう天気の日も良くあるものだ。そして、花がぐったりしてしまうことも良くある。

 そう考えて、この季節らしいそのさまを楽しもうと思った。

 別に、いつもいつもフォトジェニックじゃなくていい。あるがままの風景を楽しめばいい。


東急
300系電車(306F) 東急世田谷線山下駅~松原駅にて 2018.6.4
by railwaylife | 2019-06-12 23:50 | 東急世田谷線 | Comments(0)

勘違い

 ちょうど一年くらい前、勘違いしていたことがあった。

 それは、東海道新幹線700系の引退時期を2019年の3月だと思っていたことである。正しくは2019年度の3月、つまり2020年の3月であった。

 その勘違いに気が付いたときには「やったぜ、700系を見られる期間が一年延びたぞ」と思うとともに、ちょっと慌てた。勘違いとは言え、もしブログの記事に「700系は2019年3月で引退」なんて書いていたらネット上に嘘を発信したことになってしまうからである。そう思って急いで過去の700系の記事を見返してみたが、幸い引退の時期をはっきりと記述している箇所はなかった。ホッとするとともに、700系の残された日々をしっかりと見守ろうと思った。

 それから一年が経って、700系の引退まであと10ヵ月を切るくらいになってしまった。

 この間、どれだけ700系が往く風景を眺められたかというと、数えるほどしかない。結局、まだあと一年以上あるからなんて思うと、熱心に見に行かなくなってしまうものだ。

 だったら、今年の3月まで勘違いしたままでいれば良かったかもしれない。

 いやいや、それはそれでまた問題だっただろう。

 ともかくも、いつ引退するとか、いつまで走っているとか、そんなことを意識せず、今ある風景を大事に想うことだ。
f0113552_22163788.jpg

新幹線
700系電車
「のぞみ」
185号 東海道新幹線東京駅~品川駅にて 2019.5.12
by railwaylife | 2019-06-08 22:20 | 700&N700 | Comments(0)

1000系タチアオイ・スタイル

f0113552_00065325.jpg
 1000系T.K.K.スタイルとタチアオイの組み合わせを目にするのは、このときが初めてであった。

 それで、花の向こうから独特の色の電車が現れたときには、何とも言えない嬉しさが込み上げてきた。


東急
1000系電車(1017F) 東急多摩川線沼部駅~鵜の木駅にて 2017.5.21
by railwaylife | 2019-06-05 00:10 | 東急1000系 | Comments(0)