<   2016年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

もう一度湘南ライナー

 朝の上り「湘南ライナー」は、新宿行きの「おはようライナー新宿」を含めると全部で十本ある。

 経路もさまざま、使用している車両もさまざま、編成の長さもさまざまである。

 だから、何本見ても楽しめる列車である。
f0113552_22590714.jpg
 先に見た10号が7両編成だったのに対し、この12号は10両編成であった。

 ただ、この日は215系を見送れなかったのがちょっと残念であった。

 また機会があれば「湘南ライナー」を見に出かけてみたい。


JR東日本185系電車
「湘南ライナー」
12号 東海道貨物線横浜羽沢駅~相模貨物駅にて 2016.7.7
by railwaylife | 2016-09-30 23:00 | 185系 | Comments(0)

貨物のうねり

f0113552_23002763.jpg
 長い長い貨物列車が、カーブを描きながらうねって行くのを見送った。

 こういう風景を見ていると、編成の長い列車が往く風景の面白さを改めて知る思いであった。

 そして同時に、貨物列車の力強さも知ることとなった。


JR貨物5073列車 東海道貨物線横浜羽沢駅~相模貨物駅にて 2016.7.7
by railwaylife | 2016-09-29 23:00 | 貨物列車 | Comments(0)

品濃を往く

 朝の「湘南ライナー」を見送りに行ったのは、品濃というところである。

 ここはかつての武蔵国と相模国の国境で、東海道も通っていた。今も東海道本線が清水谷戸トンネル、横須賀線が品濃トンネルでかつての国境を抜けている。それで、東海道本線を下るときには多摩川と同じくらい意識するポイントである。

 ところで、品濃という地名は「しなの」と読む。相模国なのに「しなの」とは、と思ったのだが、あの信濃とは関係がないらしい。品濃とは、山麓の緩やかな傾斜地という意味だそうだ。

 でも、その地名の響きから、この場所を列車で通るときは信濃国の風景をちらっと想ってみるのも面白いかもしれない。
f0113552_23334073.jpg

JR東日本E217系電車 横須賀線保土ヶ谷駅~東戸塚駅にて 2016.7.7
by railwaylife | 2016-09-28 23:40 | E217系 | Comments(0)

おはようライナーの来し方

f0113552_23225282.jpg
 この「おはようライナー新宿」26号は、以前通勤途中の渋谷や新宿でよく目にしていた列車であった。

 貨物線を経由して来るだけに、この列車の来し方にはどんな風景があるのだろうとずっと思っていたが、その一つをようやく見ることができ、感慨深いものがあった。

 ただ、251系はヘッドマークがないので、通勤ライナーだとわかりにくいのはちょっと残念であった。

 ところで、この列車が走り去った直後に、となりの横須賀線の線路を湘南新宿ラインの南行電車が現れた。

 両列車とも新宿へ行くが、おそらく貨物線経由の「おはようライナー新宿」の方が断然早く着くのだろうなと思いながら見送っていた。

 あとで時刻表を調べてみると、たしかに「おはようライナー新宿」は湘南新宿ラインの列車よりも五分早く新宿に着くようになっていた。


JR東日本251系電車「おはようライナー新宿」26
東海道貨物線横浜羽沢駅~相模貨物駅にて 2016.7.7

by railwaylife | 2016-09-27 23:30 | 251系 | Comments(0)

成田エクスプレス送り込み

 東海道貨物線沿線で「湘南ライナー」を待っていたら、貨物線越しの横須賀線にE259系の12連がしずしずとやって来た。
f0113552_23144120.jpg
 どうやら横浜始発の「成田エクスプレス」がねぐらの鎌倉車両センターから送り込まれるところのようであった。

 回送列車ではあったが、こうしていつもとは違う場所で長い12連のE259系を目にすることができたのは、私にとってはかなり嬉しいことであった。


JR東日本E259系電車 横須賀線保土ヶ谷駅~東戸塚駅にて 2016.7.7
by railwaylife | 2016-09-27 23:15 | E259系 | Comments(0)

朝の湘南ライナー

 平日の朝に時間ができた日、見に行きたいものがあった。

 平日しか走らない「湘南ライナー」である。

 185系で運転されるこの列車には絵入りマークがあるのもさることながら、運転経路が他の旅客列車と異なるのも面白い。横浜駅を避け、東海道貨物線を経由するようになっている。

 そんな東海道貨物線を往く「湘南ライナー」が見たかったのだが、東海道貨物線というのはどうも不案内である。それでやむなく、貨物線が旅客線と併行している区間で「湘南ライナー」を見送ることとなった。
f0113552_22272396.jpg
 ただここは、旅客線の列車も眺められる場所なので、何本か「湘南ライナー」を見送るうち、さまざまな列車が行き交うさまも眺めることとなった。


JR東日本185系電車
「湘南ライナー」
10号 東海道貨物線横浜羽沢駅~相模貨物駅にて 2016.7.7
by railwaylife | 2016-09-26 22:30 | 185系 | Comments(0)

紫越しの赤

 六郷土手駅から京急線の下り電車に乗り、横浜でJRに乗り換えるつもりでスマホアプリのルート検索をしてみたら、仲木戸駅で京急電車を降り、東神奈川駅からJRに乗るようにという結果が出てきた。

 急いで地図アプリを見てみると、両駅はかなり近かった。広い横浜駅での乗り換え時間を考慮すると、こちらの方が楽ということなのだろう。目的地までの運賃もこのルートの方が安かった。

 その案内のままに、初めて仲木戸という駅で下車した。

 だが、この乗り換えの仕方をすることとなったのは、乗り換えが楽とか運賃が安いとか、そういう理由だけではなかった。

 仲木戸駅を出ると、東神奈川駅までの通路の両側に、たくさんのアガパンサスが今を盛りと咲き誇っていた。

 まさにこの日、この朝、この場所に来たのは、その花を見るためであったと思った。花に導かれるようにして、この場所へやって来たと言える。

 そのことをありがたく思いつつ、紫の花越しに赤い京急電車を捉えた。
f0113552_23431630.jpg

京急
1000形電車 京急本線仲木戸駅~神奈川駅にて 2016.7.7
by railwaylife | 2016-09-25 23:45 | 京急 | Comments(0)

モーニング京急

 早朝の多摩川を、赤い電車が朝日を浴びながら次々都心へと向かって行った。
f0113552_23393804.jpg
 これから、たくさんの人を都心へと送り込んで行くのだろうなあと思いながら、私は広い川原に佇んでいた。


京急
1500形電車 京急本線六郷土手駅~京急川崎駅にて 2016.7.7
by railwaylife | 2016-09-25 23:40 | 京急 | Comments(0)

トンボ入り

 川原で橋梁を往く電車の写真を撮っていると、鳥の写り込むことが良くある。水辺には鳥が多いからであろう。

 それはそれで自然のことであるし、別にデジタル加工で消す必要もないと思っている。
f0113552_23324161.jpg
 このときも、写り込んだことをカメラのプレビューウィンドウで確認していた。

 だが、帰宅してからパソコンに写真を取り込んで良く見てみると、これは鳥ではなくトンボのようであった。

 夏が始まったばかりなのにもうトンボがいるんだなあと思って嬉しくなった。


JR東日本E233系電車 東海道本線品川駅~川崎駅にて 2016.7.7
by railwaylife | 2016-09-24 23:35 | 東海道本線 | Comments(0)

Summer Sunrise

 夏の日の出は早い。東京でも、4時台には日が昇ってしまう。

 だから、寝台特急「サンライズ出雲・瀬戸」が東京へ現れるころにはもう、サンライズの時刻とは言えない。
f0113552_11370579.jpg

 いや、そんな能書きは置いといて、こうして早朝に上って来る寝台特急を見送っていると、前夜からのこの列車の長い長い旅路が想われた。

 その旅路への憧れを胸に、じっとじっとこの列車を見送っていた。


寝台特急「サンライズ出雲・瀬戸」 東海道本線品川駅~川崎駅にて
2016.7.7
by railwaylife | 2016-09-24 11:40 | 寝台特急 | Comments(0)