<   2016年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧

梅越しのY

 思い入れのある車両は、目にするだけで嬉しいものだけれど、その車両が往く風景に季節を感じられるともっと嬉しい。
f0113552_23531445.jpg
 こうして梅花越しにY500系が現れたときには、何とも言えない嬉しさがじわりと込み上げてきたものであった。


横浜高速鉄道
Y500系電車 東急東横線菊名駅~妙蓮寺駅にて 2015.3.6
by railwaylife | 2016-01-31 23:55 | Y500系 | Comments(0)

Y500を探せ

f0113552_23495370.jpg
 高圧電線の鉄塔が林立するこの山は、鉄塔の見本市のようでもあり、きっと鉄塔ファンにとっては垂涎の的であろう。

 ところで、この写真と記事のタイトルは一見関係なさそうであるが、実は写真の中にY500系電車がちらっと写っている。


横浜高速鉄道
Y500系電車 東急東横線綱島駅~大倉山駅にて 2015.3.6
by railwaylife | 2016-01-31 23:50 | Y500系 | Comments(2)

鉄塔と新幹線

f0113552_23552602.jpg
 ここ数年、電気というものに注目せざるを得なくなったおかげで、高圧鉄塔にも自然と目が行くようになった。また、一昨年には街歩きで鉄塔をたどる旅に参加したこともあり、余計に気にするようになった。

 鉄塔がつなぐ電線は、川の流れのように、鉄道の線路のように、どこかとどこかをつないでいる。

 ただ、その電線に電気が流れているさまを目にすることはできない。

 川に水が流れているのを見るように、線路に列車が走っているのを目にするようにはいかない。

 そこが何ともつかみにくいものだ。

 だが、その見えない電気が自分たちの生活にいかに欠かせないものであるかということを、今改めて噛み締めるときである。


新幹線700系電車
「こだま」657号 東海道新幹線品川駅~新横浜駅にて 2015.3.6
by railwaylife | 2016-01-30 23:55 | 700&N700 | Comments(0)

街中のN

 大倉山公園から東海道新幹線を眺めるのはちょっと無理がある気もしたが、横浜の住宅地の中を列車が往くさまを眺めることはできた。
f0113552_23512682.jpg
 こういう風景の先に、憧れる西の地がある。

 そのことを、改めて感じたときであった。


新幹線
N700系電車
「のぞみ」
220号 東海道新幹線品川駅~新横浜駅にて 2015.3.6
by railwaylife | 2016-01-30 23:50 | 700&N700 | Comments(0)

街中のY

 車体の色合いがゴチャゴチャしたY500系の姿を楽しむなら、スッキリとした風景の中で眺めるのが良いかもしれない。

 でも、こういう建て込んだ街中でY500系を眺めても、意外とその姿は際立つものであった。
f0113552_23482630.jpg

横浜高速鉄道
Y500系電車 東急東横線綱島駅~大倉山駅にて 2015.3.6
by railwaylife | 2016-01-29 23:50 | Y500系 | Comments(0)

大倉山展望

 梅林で有名な大倉山公園からは、東横線の電車の往く風景がよく見えた。
f0113552_23361594.jpg
 俯瞰というほどの眺めではないけれど、このくらいの高さから眺めるのがちょうどいいなと思った。

 もっとも、風景全体が少しごちゃごちゃしている感はあった。

 でも、それがこの横浜の住宅街らしい風景だという気もした。


東急
5050系電車 東急東横線綱島駅~大倉山駅にて 2015.3.6
by railwaylife | 2016-01-29 23:40 | 東急5000系列 | Comments(0)

綱島を往く

 東急東横線の駅名にもなっている綱島という地名は、洲の中にある島、湿地に浮かんでいる島といった由来があるらしい。また、そんな島が連なっていたので「つながり島」を略して綱島になったともいう。それから、東京湾の入江になっていたことから「津の島」があったとする説もある。

 そうした地名の由来をいろいろ知ってみると、高架橋で駆け抜けてしまうだけの綱島駅あたりの地形や風景が、また違って見えてくるものである。
f0113552_22505153.jpg

東急
5000系電車(5121F) 東急東横線日吉駅~綱島駅にて 2015.3.6
by railwaylife | 2016-01-27 23:05 | 東急5000系列 | Comments(0)

下末吉台地を往く

 東海道新幹線の多摩川橋梁から新横浜駅までの間には三つものトンネルがある。下末吉台地と、そこに穿たれた鶴見川の谷を横切って行くからである。地形的には起伏の多いところだ。

 もちろん線路は高架橋とトンネルで突っ切って行くから、乗車していても起伏を感じることはあまりない。

 ただ、多摩川を渡った下り列車が徐々に速度を上げて行くところで、東京駅から乗車したときなどはこのあたりまで来ると旅への期待がだんだんと膨らんでいくところである。

 下末吉台地は、そんな旅立ちの場所でもある。
f0113552_23471395.jpg

新幹線
700系電車
「のぞみ」
161号 東海道新幹線品川駅~新横浜駅にて 2015.3.6
by railwaylife | 2016-01-26 23:50 | 700&N700 | Comments(0)

早春目黒線

 雨降る早春の日、東急目黒線の線路際に、白梅が咲いているのを見つけた。

 その花と目黒線の電車を一緒に撮って、この路線の早春を表そうと考えたが、残念ながら梅の花は一輪一輪が小さい。だから両者をバランス良く一つの風景の中に収めるのは難しいことであった。

 それでも、強引に花と電車を写真に押し込み、この沿線にやって来た春を表してみた。
f0113552_22572560.jpg

都営
6300形電車 東急目黒線奥沢駅~田園調布駅にて 2015.3.1
by railwaylife | 2016-01-24 23:00 | 東急目黒線 | Comments(0)

目隠し

 行先表示がLED式の車両を撮影するときは、その表示が切れて写らないようにと苦心することになる。


 線路を見下ろすような位置で撮影するときは、架線を張るためのビームが線路上を横切っていて見通しを悪くするので、それが車両の顔にかからないようにと苦心することになる。


 そんな二つの苦心を、同時に解消することのできる方法があった。


 それは、LED式の行先表示をこうしてビームで隠してしまうことである。
f0113552_23335781.jpg

都営
10-300形電車 京王新線幡ヶ谷駅~笹塚駅にて 2015.2.21
by railwaylife | 2016-01-23 23:35 | 京王 | Comments(0)