<   2015年 12月 ( 45 )   > この月の画像一覧

2015年総括

f0113552_09541351.jpg
 2015年もいよいよ暮れる。



 生まれてこのかた、この2015年ほど一年の経過が早く感じられた年はなかった。

 どうも歳をとるにつれ、月日の経過が早く感じられるようになるらしいが、原因は情報にあふれたこの今の世の中にもあるのではないかという気がしている。日々情報に追い立てられるようにして生きていて、時間がゆっくり流れるということがない。それが月日の経過を早めているようにも思う。



 そんな2015年の中で、印象的な出来事として挙げなければならないのはやはり、ブルートレインの終焉である。

 2015年8月23日、寝台特急「北斗星」の運行終了をもって、長く続いたブルートレインの歴史も終わりを迎えた。

 物心付いたときからずっとブルートレインに憧れてきた私にとっては、何とも寂しい出来事であった。ちょうどその「北斗星」のラストランがあった日から妙に涼しくなって秋めいたこともあり、余計に虚しく感じられたものであった。

 このブルートレインの終焉は、私の「レィルウェイライフ」においても大きな節目であったと言える。

 今までこのブログにも、ブルートレインを含めた寝台特急への想いをいろいろと書き綴ってきた。ブルートレインの走らなくなった今、寝台特急はまだ細々と生き残っているものの、これからどれだけ寝台特急への想いを綴る機会があるかはわからない。

 とは言え、私の「レィルウェイライフ」がこれからも続いていくことは確かである。



 さて、年の終わりに寂しい話ばかり書いても仕方ないので、今年を振り返って良かったことを一つ挙げるとすれば、JRの今まで未乗だった路線にひとつ乗れたことである。夏に乗った久留里線である。

 私は別に「JR線全線完乗」などという目標を掲げているわけではないが、幼い頃に国鉄の「チャレンジ2万キロ」に憧れ、中学生で宮脇俊三氏の「時刻表2万キロ」を夢中になって読んだ身からすると、今でもJRの初乗路線に乗るときにはワクワクしてくるものである。

 そんなワクワク感を、来年も味わうことができたらいいなと思っている。そしてそのときのことを、このブログに綴ることができたら幸いである。



 ところで来年は、このブログが開設十年を迎える。

 十年経ったからと言って何があるわけではないと思っているが、何か自分なりにそれを記念することができたらいいなとは考えている。

 でも、それよりも、来年もまたマイペースでこのブログを楽しめることが何よりである。

 そしてそれを、私以外の誰かも楽しんでくれたら嬉しいことである。


by railwaylife | 2015-12-30 10:00 | 生活 | Comments(2)

撮り納め2014

 2014年一番最後に撮影した電車は、西武6000系電車であった。
f0113552_09490464.jpg
 この電車を最後に撮ろうと意識したわけではなかった。たまたまこの6000系になった。

 その6000系を見送りながら、来年2015年は、この6000系の本拠地である西武池袋線沿線を訪れてみたいものだと思っていた。

 しかし、残念ながらこの2015年のうちに西武池袋線沿線を訪れることはできなかった。

 それで一年後のいま、来年2016年こそは西武池袋線沿線を訪れようと改めて思っているところである。


西武
6000系電車(6110F) 東急東横線学芸大学駅~都立大学駅にて 2014.12.31



 さて、今月の初めから「2014年秋冬」の風景を駆け足で連載してきたが、何とか年内に掲載し切ることができた。だが、そうしているうちにもう2015年も残りあとわずかになってしまった。この間にはまた「2015年秋冬」の風景が蓄積されたのだが、それを記事として掲載するのは来年2016年のこととなる。その掲載を、今は楽しみにしている。


by railwaylife | 2015-12-30 09:50 | 西武 | Comments(0)

大晦日の夕暮れ

 大晦日の夕暮れをじっくりと見て「あぁ、今年も終わるなぁ」なんていう感慨に浸る暇などないのがふつうである。来るべきお正月の準備をしなければならない。その年にやり残したことを少しでも片付けなければならない。とにかく慌しい時間帯である。2014年の大晦日も、もちろんそうであった。

 でも、常日頃から隙あらば夕景を眺めようと目論んでいる私としては、その大晦日の夕暮れも夕景を見る機会の一つであった。

 それで、買い物帰りに近所でちょっとだけ夕景を眺めた。
f0113552_09441294.jpg
 いよいよ2014年も暮れる。そのことをまざまざと見せ付けられる瞬間だけにもしかしたら一年間のことがいろいろと思い出されるのではないかと思った。しかし、何となくそわそわして、そんなことが頭の中に浮かぶ余裕はなかった。

 結局、普段夕景を眺めるときと同じような気持ちで大晦日の夕暮れを眺めることとなった。

 でも、それで良かった。

 大晦日の夕暮れも、一年間のうちの夕暮れの一つに過ぎないと思うからである。


東急
5050系電車(5176F) 東急東横線学芸大学駅~都立大学駅にて 2014.12.31
by railwaylife | 2015-12-30 09:45 | 東急5000系列 | Comments(0)

いつかの特急あずさ2014

 いつからか、年末に走る183・189系臨時特急「あずさ」を中野駅付近で見送るのが恒例となった。いわば年中行事のひとつみたいなものである。

 別にその場所にこだわる理由は何もないのだが、毎年同じ時期に同じ場所で同じことをするのは面白いものだ。年によって少しずつ違いがあったりする。

 2014年の年末は復刻「グレードアップあずさ」色の編成を見送ることとなった。
f0113552_16542639.jpg
 この一年前、2013年の年末には思ってもみなかったことである。

 ただ、この塗装にはあまり思い入れがない。実際にこの色の「あずさ」に乗ったことがなかったからだろう。

 それでも、多少の懐かしさを感じながらこの列車を見送っていた。

 さて、この「グレードアップあずさ」色もそうだが、2014年暮れの中央本線にはいくつかの変化が起きた。中でも「山スカ」こと豊田車両センターの115系が引退してしまったのは大きな出来事であり、残念なことでもあった。

 でも、2015年もまた中央本線を下り、その沿線風景を楽しんでみたいと、このとき強く思っていた。


JR東日本189系電車
特急「あずさ」
85号 中央本線中野駅~高円寺駅にて 2014.12.29
by railwaylife | 2015-12-29 17:00 | 中央本線 | Comments(2)

歳末イチョウ

 2014年も残すところあと数日となった日の朝、まだまだ見頃のイチョウの黄葉に出会った。
f0113552_16421392.jpg
 近年の東京の黄葉は色付きが遅くなり、場所によっては12月に入ってからが見頃となったりする。でもさすがにクリスマスを過ぎて年が押し詰まる頃には、どこの黄葉もほとんど散っているものである。だから私もこのときはすっかり「今年の黄葉はもう終わった」という気でいた。

 そんな私の前に突然現れたここの黄葉は「まだ終わらんよ」と言っているかのように、黄色い葉を輝かせていた。

 それで私も、2014年の黄葉をまだ楽しむことにした。


JR東日本E233系電車 中央本線千駄ヶ谷駅~代々木駅にて 2014.12.27
by railwaylife | 2015-12-29 16:45 | 中央本線 | Comments(0)

冬枯れのはじまり

 近年、葉の色付きや落葉が遅い東京でも、さすがにクリスマスが近付けばほとんどの木がすっかり葉を落とし、枝だけの姿となった。
f0113552_23305351.jpg
 いわゆる冬枯れの状態である。

 年をまたいで、しばらくはこの冬枯れの風景が続くことになる。

 変化に乏しく、色もなく、また寒々しい光景だが、その風景もこの時季ならではのものだと思って楽しみたい。

 そう思いながら、冬枯れのはじまりを迎えていた。


JR東日本E233系電車 山手貨物線渋谷駅~新宿駅にて 2014.12.23
by railwaylife | 2015-12-29 00:10 | E233系 | Comments(0)

イチョウ越しの赤レンガ

 本当は、一年前の黄葉の時期にこの場所でイチョウ越しの「みどりの山手線ラッピングトレイン」を見送りたかった。
f0113552_23282269.jpg
 でもそれは叶わなかったので、こうして「赤レンガ色ラッピングトレイン」を黄葉越しに見送ってみた。

 黄色と緑色の対比の方が鮮やかだっただろうと思うが、この黄色と赤レンガ色の対比もなかなかのものだと思った。

 もっともこういうのは、自分をこの場所へ連れ出すための理由付けに過ぎない。

 特別な色の山手線が来なくても、普段着の山手線が来るだけで十分に楽しめるものであった。


JR東日本E231500番台電車 山手線原宿駅~代々木駅にて 2014.12.14
by railwaylife | 2015-12-28 23:30 | 山手線 | Comments(0)

早朝イチョウ

 早朝でまだ日が当たらない時間の黄葉も楽しみたい。
f0113552_21215079.jpg
 もちろん葉の色は暗く、黄色も沈んだ色になっている。でも、そのさまもまたイチョウの黄葉の表情のひとつである。

 そんなふうに思って、楽しんだ。


JR東日本E233系電車 山手貨物線渋谷駅~新宿駅にて 2014.12.14
by railwaylife | 2015-12-27 21:25 | E233系 | Comments(0)

暮れの都電

 2014年も一年間、通院のため都電の走る街に通った。

 その2014年最後の通院の日、暮れゆく風景の中で都電が往くのを見送った。
f0113552_21101852.jpg

 日も暮れてゆく、年も暮れてゆくその風景を眺めながら、一年間この街に無事通い続けられたことを、何よりありがたく感じていた。


都電
7000形電車 都電荒川線鬼子母神前電停~学習院下電停にて 2014.12.13
by railwaylife | 2015-12-27 21:15 | 路面電車 | Comments(0)

黄葉越しの高架

f0113552_11343797.jpg
 ここのイチョウは高架に近過ぎて、その黄葉越しに電車を捉えるのはなかなか難儀なことであった。

 でも、線路に近いということは、その分電車の車窓にはよく見えるということである。

 だからここのイチョウは、通勤のときに眺めるのが一番楽しみな木でもある。


東急
5050系電車 東急東横線学芸大学駅~都立大学駅にて 2014.12.7
by railwaylife | 2015-12-27 11:35 | 東急5000系列 | Comments(0)