<   2015年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧

鎌倉E259

 横須賀に続き、鎌倉の地でもE259系特急「成田エクスプレス」を目にすることができた。
f0113552_23043697.jpg

 また新たな場所でE259系の風景を得ることができ喜ばしいことであったが、何となくこの鎌倉という街にはE259系が不釣り合いな気がしてならなかった。中世都市鎌倉の風景に、この斬新なスタイルのE259系が溶け込んでいないように感じられた。

 それで、ちょっと複雑な気持ちでこの鎌倉のE259系を見送ることとなった。


JR東日本E259系電車
特急「成田エクスプレス」
39号 横須賀線北鎌倉駅~鎌倉駅にて 2015.6.13
by railwaylife | 2015-06-29 23:10 | E259系 | Comments(0)

鎌倉の湘南新宿ライン

 湘南新宿ラインといえば都心を中心にして広範囲を走り回る列車で、さまざまな風景の中を往く。

 それなのに、このブログの「湘南新宿ライン」というカテゴリに載せられている風景は極めて狭い範囲内の風景ばかりであり、その分布には非常に偏りがある。

 そんな中、鎌倉という地で湘南新宿ラインの風景を得ることができた。
f0113552_13071954.jpg
 これで、このブログに載っている湘南新宿ラインの風景の偏りをわずかばかりだが解消することができた。


JR東日本E231系電車 横須賀線北鎌倉駅~鎌倉駅にて 2015.6.13
by railwaylife | 2015-06-28 13:10 | 湘南新宿ライン | Comments(0)

貨物列車のすれ違い

 貨物列車同士のすれちがいを撮ってみても、あまり絵にはならない。電車同士のように、顔同士がうまいこと並ぶわけではないからである。

 でも、偶然にして、こんなふうに顔が並ぶシーンを捉えることができた。
f0113552_23360199.jpg

 左側の列車の牽引機直後にコンテナが積載されていなかったおかげで、すれ違いの顔同士がうまいこと並んで見えた。

 ちなみに左の列車は運用掲示板に記された機関車の車番から列車番号が判明したが、所定より二時間くらい遅延していた列車である。


JR貨物 10771060列車 東海道貨物線大船駅にて 2015.6.13
by railwaylife | 2015-06-26 23:40 | 貨物列車 | Comments(0)

3075列車への想い

f0113552_22153570.jpg
 昼下がりの東海道本線を下るこの3075列車は、今やファンの間で注目の貨物列車である。

 というのも、その牽引機が国鉄型のEF64形1000番台だからである。この機関車が日中の東海道本線を往くのは珍しいことだという。

 それで私も一度見てみたいと思っていた列車であるが、ついにこうして見送ることができた。


 ところで、この列車の始発駅は、はるか北の札幌貨物ターミナル駅である。

 3086列車という列車番号で出発して南下し、青函トンネルをくぐり、夜通し東北地方を縦断して首都圏へと入って来る。

 首都圏を貫通する貨物列車はそのほとんどが武蔵野線を経由するのであるが、この3086列車は珍しく山手貨物線を経由して真っ昼間の新宿・渋谷を通過し、品鶴線を通って新鶴見に至る。ここで列車番号を3075へと変え、機関車もそれまでのEH500形からEF64形1000番台へと交代する。

 こういう長い前置きがあって3075列車は東海道本線を下って行くわけであるが、この3075列車の前身である3086列車は、私が新宿や渋谷や多摩川などでよく眺めている。いわば私にとって最も身近な貨物列車である。

 だからこの3075列車を目にすることは、いつも見ている3086列車の続きの風景を見る、ということになる。

 そういう意味でも、こうやって3075列車を見送ることには格別の想いがあった。

 ちなみにこの3075列車の終着は、名古屋貨物ターミナル駅である。札幌貨物ターミナル駅を発ってから、約28時間後の到着である。


JR貨物 3075列車 東海道貨物線大船駅にて 2015.6.13
by railwaylife | 2015-06-25 22:30 | 貨物列車 | Comments(4)

横須賀E259

 115系スカ色の「YYフェスタ」号を追って足を延ばした横須賀駅でE259系特急「成田エクスプレス」の姿を目にすることができた。
f0113552_22410851.jpg

 一年前から横浜・大船発着の一部列車が週末のみ延長運転されるようになり、横須賀駅発着となっている。それで、大船より先の横須賀線内でもE259系を見ることができるようになった。

 この車両が気に入り、さまざまな風景の中で眺めたいと思っている私としては、ここ横須賀でその姿を見られたのは何とも嬉しいことであった。
f0113552_22412064.jpg

 今度は、横須賀線内を走る姿もじっくり見てみたい。


JR東日本E259系電車
特急「成田エクスプレス」
29号 横須賀線横須賀駅にて 2015.6.13
by railwaylife | 2015-06-24 22:45 | E259系 | Comments(0)

鎌倉あじさい号

f0113552_07542506.jpg
 横浜駅で見たこの列車は「鎌倉あじさい」号という臨時列車である。

 その名の通り、紫陽花咲く時季の鎌倉へ観光客を運ぶ列車であるが、正面の幕がそっけない「臨時」という字幕になっていたので、何とも味気なかった。絵入りのヘッドマークに列車名と紫陽花の絵柄でも描かれていたら実に魅力的な列車だっただろうが、年に数えるほどしか走らない列車だからそうもいかないのだろう。

 でも、車体に開かれた緑色の帯を紫陽花の葉、桃色の帯を花の色に見立てれば、少しはこの列車に紫陽花の面影を感じることができるだろうか。


JR東日本189系電車快速「鎌倉あじさい」号 東海道本線横浜駅にて 2015.6.13
by railwaylife | 2015-06-23 23:50 | JR東日本 | Comments(0)

最後のスカ色

 6月13日土曜日、親しき良き先輩にお誘いをいただき、横須賀線へ「YYフェスタ」号を見に出かけた。

 横須賀で開催された「よこすかYYのりものフェスタ」のイベントの一環として運転されたこの列車に充当されたのは115系スカ色である。今や残り一本となったスカ色の電車が、かつて同じスカ色を纏った113系が走り回っていた横須賀線へ入線した。
f0113552_23460336.jpg

 そのスカ色115系を、何回か見送った。
f0113552_23461748.jpg

 最後は鎌倉の地で見送った。
f0113552_23463176.jpg

 この115系は普段中央本線で活躍しているが、何せもうあと一本しかないスカ色である。そういう車両を追いかけることはなかなか難しい。

 だから、今回がスカ色の電車を目にする最後になるかもしれないな、と思いながらこの列車を見送っていた。

 さて、この日は他にも普段はなかなか見る機会のない列車をいくつか目にすることができた。

 それらの列車のことについても、これから続けて載せていきたい。

 そうすれば、普段花はあっても華のないこのブログも多少賑やかになるだろう。


JR東日本115系電車
1枚目 横須賀線横須賀駅にて 2015.6.13
2
枚目 東海道本線保土ヶ谷駅にて 2015.6.13
3
枚目 横須賀線北鎌倉駅~鎌倉駅にて 2015.6.13
by railwaylife | 2015-06-22 23:55 | JR東日本 | Comments(2)

01系の空

 渋谷駅周辺の再開発は最近また新たな段階を迎えたと言って良いのではないかと思う。バスの発着場が変わったり、あちこちの連絡通路の付け替えが行われたからである。

 特に、東口と西口を結ぶ通路の変化が目に付く。

 一方の通路は、やけに狭くなった。もう一方の通路は、今まで真っ直ぐだったところが鉤型になった。

 城下町などへ行くとよく「この道には不必要に曲がり角がありますね。これは侵入してきた敵軍が進みにくいようにわざと鉤型にしたんです」なんていう説明を聞くことがあるが、新しい通路はまさにその説明がぴったり来るような造りになっている。

 だがもう、現時点での渋谷駅についてどうこう言っても仕方ない。ただ淡々と、この駅を利用していくだけである。



 ところで、東西の通路と合わせて、銀座線の周辺もにわかに慌ただしくなってきた。

 現在の渋谷駅からヒカリエの脇へ渡る橋上にいずれ駅のホームが移るということで、その周囲が何やらごちゃごちゃしてきた。

 今までは地下鉄の電車がまるで宙を行くように広い空の下の橋上を行き来していたが、そういう風景も早晩見られなくなるのだろうか。
f0113552_22481712.jpg

東京メトロ
01系電車 東京メトロ銀座線渋谷駅~表参道駅にて 2015.6.21
by railwaylife | 2015-06-22 23:00 | 東京メトロ | Comments(0)

桜2015おしまい

f0113552_09560005.jpg
 長々と続けてきた2015年の桜特集を、ようやく載せ切った。

 今年の桜特集を振り返ってみて思うのは、満開を過ぎてからの風景が少なかったな、ということである。

 3月中に満開を迎えた後、4月に入ってからは天気が悪かったり忙しかったりしたことにかまけて、花の散るさまをじっくりと見なかった。

 花に限った話ではないが、何でも盛りの風景だけ見れば良いというものではないと思う。

 盛りに至るまでの風景も大切である。盛りを過ぎてからの風景も大切である。そういう風景があってこそ、盛りの風景のありがたさが際立つだろう。

 その意味では、花の散りゆく風景をきちんと見なかったのはもったいないことであった。

 もっとも、日常はなかなかにせわしなく、いつも自分の見たい風景をじっくり見られるとは限らない。それでも、少しの隙間を見つけながら、これからも物の移ろいをこまめに感じ、眺め、楽しんでいきたいと思う。

by railwaylife | 2015-06-20 10:00 | | Comments(0)

葉桜を往く

 花はすっかり散った後だったけれども、この桜の名所で、この車両を見送っておきたかった。
f0113552_22453239.jpg
 この車両が往くすべての季節を眺めたい。

 そんなつもりで私はずっと、この東武9000系の風景を追ってゆく。


東武
9000系電車(9107F) 東急東横線多摩川駅~新丸子駅にて 2015.4.19
by railwaylife | 2015-06-18 22:50 | 東武 | Comments(0)