<   2015年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

渋谷のE231

 山手線の新型車両E235系が新津にて落成し、先日東京へと送り込まれてきたそうだ。すでに山手線内での試運転も行っているという。

 写真で見てみると、E231系ともE233系とも異なるちょっと近未来的な顔立ちで大いなる違和感があったが、やがてその顔が日常の顔、首都の顔となってゆくのだろう。

 それにしても、後継車両の実物が現れたことで、いよいよE231系500番台の置き換えも近くなってきたことを実感させられる。
f0113552_00081019.jpg

 湘南新宿ラインにもE233系が進出してきたし、今までこの渋谷であたりまえに見られたE231系があたりまえに見られなくなる日も来るのだろう。

 そしてこれから山手線では、新旧車両の大規模な置換劇が始まる。

 最初のうちは新型のE235系が珍しく、その目撃情報や運用情報を漁ることになるだろう。そのうち数が逆転してE235系の方が多くなると、今度はE231系500番台がどの運用に就いているかなんていうことを調べるようになる。そして残り一編成になったりしたらもう大騒ぎである。

 そんな置換劇に踊らされるのはもう嫌だなあと思う。ただ心静かに、そのときそのときの山手線の風景を楽しんでいきたい。


JR東日本E231500番台電車 山手線渋谷駅~原宿駅にて 2015.3.26
by railwaylife | 2015-03-31 23:55 | 山手線 | Comments(0)

いつまで6000系

 東京メトロ千代田線では、数年前から新型の16000系が投入され始め、旧来の6000系電車を置き換えている。先頃発表された東京メトロの平成27年度事業計画によれば、来年度も新たに8編成の16000系が投入されるそうだ。

 その置き換えのペースは決して速いものではないけれど、着実に6000系電車が減っていっていることは確かである。

 だから、乗り入れ先の小田急線で6000系が見られる機会も限られてきているはずである。

 いつまでこうして小田急線で6000系電車が見られるだろうか。
f0113552_23584044.jpg

東京メトロ
6000系電車 小田急小田原線和泉多摩川駅~登戸駅にて 2015.3.14
by railwaylife | 2015-03-30 23:55 | 東京メトロ | Comments(0)

蕾と9000系

 東京で桜の開花宣言が出される二日前のこと、東武9000系電車を桜の蕾越しに見送っていた。
f0113552_11410507.jpg

 この9000系のように思い入れのある車両は、季節感あふれる風景の中で見送りたい。

 いつもそう願っている私は、この花が開いたときまたここで9000系電車を見送りたいと、強く思っていた。


東武
9000系電車(9103F) 東急東横線学芸大学駅~都立大学駅にて 2015.3.21
by railwaylife | 2015-03-28 12:00 | 東武 | Comments(0)

もっと9000系

 先日、久しぶりに山手線を池袋駅で降りた。

 ホームに降り立つと、すぐとなりの東武東上線ホームに見慣れた顔があった。

 東武9000系電車である。

 最近、地元の東急東横線で良く顔を合わせている9000系が、意外な場所にいる気がした。なんでこんなところにいるんだよ、と思った。しかも、見慣れない緑色の「準急」なんていう種別を掲げ、ちょっとよそ行きの顔をしている。

 いやいや、この池袋を起点とする東上本線の運用こそが9000系電車のまさに本業である。副都心線直通で東横線に乗り入れて来る運用はそれこそ副業である。だから、池袋駅にいる9000系電車に対してよそ行きの顔と言うのはおかしいだろう。

 でも、私としてはもっと9000系電車が往く風景を東横線で眺めたい。だからもっと9000系電車に東横線へ乗り入れて来てほしい。

 いやいや、もっと9000系電車が見たいのなら、私自身が東上線沿線へ出向くべきなのだろう。

 いつか近いうちに、そんな機会を作ってみたい。
f0113552_11045765.jpg

 東横線で9000系電車を眺めながら、そんなことを想っている。


東武
9000系電車(9103F) 東急東横線自由が丘駅~田園調布駅にて 2015.3.14
by railwaylife | 2015-03-28 11:30 | 東武 | Comments(2)

8500系の風景

 8500系が往く風景を側面から捉えると、何とも地味である。
f0113552_23510292.jpg

 いま走る車両の中では珍しく、側面に帯を巻いていない所為だろう。

 特にこういう曇天のときは、余計に地味に見える。

 でも、こんな地味な風景がいずれ懐かしく感じられるのではないかと思う。


東急
8500系電車 東急田園都市線二子玉川駅~二子新地駅にて 2014.10.4
by railwaylife | 2015-03-27 23:55 | 東急8000系 | Comments(0)

湘南新宿ラインE233

 この春のダイヤ改正では、私が日常目にしている風景にはさしたる変化がないと思っていた。

 ところが実際には、大きな変化があった。

 それは、身近な湘南新宿ラインにE233系電車が投入されたことである。

 事前に発表もなくいきなり投入されたので驚きも大きかった。また、E231系とE233系の混結編成も走り出したので、二重に驚きがあった。JR東日本の電車で異形式同士が併結されるのは珍しいことではないだろうか。

 もっとも両者は、顔以外にさほど大きな相違はない。ただ、E233系の方は行先表示がフルカラーLEDなので、夜見たときには何ともカラフルであった。それが一番新鮮に感じられた。

 そんな湘南新宿ラインE233系の姿を、これから日常の風景のひとつとして、ずっと楽しめるようでありたいと願っている。
f0113552_23005239.jpg

JR東日本E233系電車 山手貨物線渋谷駅~新宿駅にて 2015.3.20
by railwaylife | 2015-03-26 23:05 | 湘南新宿ライン | Comments(0)

見慣れた10両編成

 まだ東横線に8両編成の電車しか走っていなかった頃のこと、東横線の5050系と同じ顔かたちをした5000系が田園都市線で10両編成で走っているのを目にすると、何とも言えぬ違和感があった。10両編成の出で立ちが妙に「長い」と感じられたからである。

 だが、東横線に10両編成の電車が走り始めてずいぶん経った今では、田園都市線で10両編成の5000系電車を目にしても、何の違和感もなくなった。
f0113552_23064472.jpg

 10両編成という長さを、すっかり見慣れてしまったのだろう。

 それが、少しつまらなくも感じられる。


東急
5000系電車 東急田園都市線二子玉川駅~二子新地駅にて 2014.10.4
by railwaylife | 2015-03-25 23:10 | 東急5000系列 | Comments(0)

二子の9000系やり直し

 以前に掲載した「二子の9000系」の風景がどうもしっくり来なくて、もう一度二子玉川へ出かけてみた。約一週間後のことである。

 この前は橋梁に近い位置から眺めていたので良くなかった気がした。それで、川原の道をもう少し下流側へ歩き、遠目に橋梁を見てみた。
f0113552_22502522.jpg

 しかし、今にして見てみると、前回とさして変わらない風景である。

 だからこれでしっくり来たのかどうかはわからないが、この二子の風景をまた楽しめたことだけは確かであった。


東急
9000系電車 東急大井町線二子玉川駅~二子新地駅にて 2014.10.4
by railwaylife | 2015-03-24 23:25 | 東急9000系 | Comments(0)

早春山手線

 今月に入ってから、山手線の赤レンガラッピングトレインを目にしなくなった。

 ラッピングはもう終わっちゃったのかな、と思って少し寂しくなったが、プレスリリースを改めて見直してみると運行期間は今月いっぱいまでとなっていた。たまたま運悪くラッピングトレインに遭遇することがなかったようである。まだ目にする機会はありそうだ。


 でも、ラッピングトレインのような変わった車両が走っていてもいなくても、この路線の風景をずっと楽しんでいきたい。

 早春の山手線の風景を眺めながら想ったことである。
f0113552_22284018.jpg

JR東日本E231500番台電車 山手線渋谷駅~原宿駅にて 2015.3.20
by railwaylife | 2015-03-24 22:30 | 山手線 | Comments(0)

さらば渋谷東急プラザ

f0113552_20560337.jpg
 今日、渋谷駅西口にあった渋谷東急プラザが閉館となった。

 渋谷駅からバスロータリーを挟んで少し離れた位置にあったこの東急プラザは、駅に隣接している東急東横店とは違って、落ち着いた雰囲気のある場所であった。

 その東急プラザでの最初の思い出と言えば、5階のおもちゃ売り場で母や祖母にレゴブロックをよく買ってもらったことである。そしてそのおもちゃ売り場では、外国製の鉄道模型も売られていた。外国の見知らぬ列車の模型だったので欲しいとは思わなかったけれど、ここのおもちゃ売り場へ行ってその鉄道模型を眺めるのが楽しみであった。

 もう少し成長すると、同じ5階にあった紀伊國屋書店へよく足を運ぶようになった。

 その頃は駅を挟んで反対側の東急文化会館に三省堂書店があり、両店で渋谷駅前の書店の双璧を成していた。置いてある本がそれぞれちょっとずつ違っていて、行き比べる楽しさがあった。大学時代は渋谷駅が通学経路上にあったので、大学の帰りによく寄り道したものであった。今日はどちらの本屋へ行こうかと迷う楽しみがあったし、時間があれば両方に立ち寄ったこともあった。

 あとは地下にあった生鮮食料品売場の渋谷市場が印象的であった。できた当初はかなりの活気があり、落ち着かない感じがしたけれど楽しいところであった。

 そんな思い出のある東急プラザは私にとって、渋谷の中でも居心地の良い場所のひとつであった。

 いま、東急プラザに代わるような居心地の良い場所が渋谷にあるかというと、残念ながら見つかっていない。その分、渋谷の街へ出る機会が少なくなったし、素通りすることが多くなった。


 ところで、渋谷東急プラザの少し先には、渋谷駅と車庫の間を行き来する東京メトロ銀座線電車の姿が見られた。
f0113552_20562943.jpg

 東急プラザの建物はやがて解体され、01系電車の姿も程なく渋谷から消えていくだろう。

 見慣れた渋谷の風景が、ひとつひとつ思い出となっていく。


東京メトロ01系電車
東京メトロ銀座線上野検車区渋谷分室~渋谷駅にて
2015.3.22
by railwaylife | 2015-03-22 21:00 | 東京メトロ | Comments(0)