<   2014年 05月 ( 33 )   > この月の画像一覧

雨上がりの桜

 雨上がりの朝の桜花も、嫌いではない。

 雨に濡れてしっとりとした花が暗い空の下で重みを増している。それでも、桜色の鮮やかさはある。

 そんな花を、いつもの回送列車がかすめて行った。
f0113552_23195821.jpg

JR東日本215系電車(回3495M) 山手貨物線渋谷駅~新宿駅にて 2013.4.4
by railwaylife | 2014-05-31 23:20 | 215系 | Comments(0)

花の盛りに

 昨年は、花は盛りだが天気の悪い日と、天気は良いが花が散り始めていた日に眺めていた気がした。

 それで今年は、花が盛りで天気の良い日にこの場所のこの列車を眺めてみた。
f0113552_231755.jpg

 こうして、毎朝ほぼ同じ時刻に通る列車が作り出すさまざまな風景を、これからもここで眺めていきたい。


JR東日本215系電車(回3495M) 山手貨物線渋谷駅~新宿駅にて 2014.4.2


関連記事
白には白 2
散り始めても

by railwaylife | 2014-05-30 23:50 | 215系 | Comments(0)

桜209-500

 中央緩行線にはE231系と209系500番台という二種類の車両が走っているが、その八割方がE231系で、209系500番台はあまり見かけない。

 そんな両者の割合だから、偶然にも209系500番台が桜花越しに現れたときは、妙に嬉しく感じられたものであった。
f0113552_2302675.jpg

 その嬉しさを、この写真とともに残しておきたい。


JR東日本209500番台電車 中央本線大久保駅~東中野駅にて 2014.4.1
by railwaylife | 2014-05-29 23:00 | 中央本線 | Comments(0)

夕桜

 夕方の桜は、見る見るうちに表情を変えていく。

 夕日が当たればほんのりと紅味を増し、日が当たらなくなれば途端に鮮やかさを失う。そうなるともう、今日の花見は終わりだと思ってしまうが、暗くてちょっと憂いを帯びた花も、それはそれでいいな、なんて思ったりする。

 そんな変化に夢中になっていると、花見の時間はあっという間に過ぎてしまうものだ。

 でもそれが、何ともかけがえのない春の夕刻のひとときである。
f0113552_23102355.jpg

JR東日本E233系電車 中央本線大久保駅~東中野駅にて 2014.4.1
by railwaylife | 2014-05-28 23:10 | 中央本線 | Comments(0)

桜9000系2014

 この2014年春も、思い入れのある東急9000系電車を桜とともに眺めることができた。
f0113552_2303956.jpg

 何より嬉しいことだった。

 思えばこの春は、9000系の多くの編成にとって大井町線で迎える初めての春であった。


東急
9000系電車(9015F) 東急大井町線緑が丘駅~自由が丘駅にて 2014.3.31
by railwaylife | 2014-05-28 23:05 | 東急9000系 | Comments(0)

グリーン車の春2014 夕刻編

 夕刻になって日が陰り、風景が暗くなってきてもなお、グリーン車の春の風景を求めていた。
f0113552_23455670.jpg

 花とか緑とか、春を感じられる風景越しに二階建てのグリーン車が往くのをただ見送るだけのことではある。でも、夕刻になってもまだその風景を探し続けているとは、自分がこの風景に余程執着しているのだなということを我ながら改めて知る思いであった。


JR東日本E231系電車 東海道本線品川駅~川崎駅にて 2014.3.29
by railwaylife | 2014-05-27 23:50 | 東海道本線 | Comments(0)

グリーン車の春2014 ユキヤナギ編

 木々の合間に見えるグリーン車の姿を、ユキヤナギのもとから見送った。
f0113552_22452377.jpg

 グリーン車の車窓には、雪のように見事なこの白い花が見えただろうか。


JR東日本E231系電車 東海道本線品川駅~川崎駅にて 2014.3.29
by railwaylife | 2014-05-27 22:45 | 東海道本線 | Comments(0)

あまぎ色と桜

 185系には何種類かの特殊な塗装をもつ編成が存在し、ファンの間では人気がある。そのため、掲示板などを見ればその編成の運用が多く書き込まれている。

 だが、私はそれほどそれらの特殊な編成に執着があるわけではない。望みの低い話だが、私は185系が見られる機会があればどの編成でも良い。

 それでも、たまたま自分の目でその特殊な編成の運用がわかってしまったときには、追わざるを得ない気持ちになる。
f0113552_2362723.jpg

 このときは、朝たまたま大宮から回送で東京駅へ送り込まれるこの「あまぎ」色の姿を目にしてしまったので、夕方に伊豆から帰って来る列車をこの場所で見送らないわけにはいかない気持ちであった。


185系電車特急「踊り子」110号 東海道本線品川駅~川崎駅にて 2014.3.29
by railwaylife | 2014-05-26 23:25 | 185系 | Comments(0)

ただのN

 一般的な呼び方かどうかは知らないが、N700Aに対してAの付かないオリジナルのN700系のことを「ただのN」と呼んでいる。

 その「ただのN」の中にも、N700Aと同等の装備を持つように改造された編成があり、それらは車体のロゴマークに小さく「A」の文字が付けられるので「小さいA」と呼ぶ。

 そんな「小さいA」が最近は増えているようで、やがて「ただのN」は見られなくなってしまうのかもしれない。

 こんなふうに「ただのN」が桜花の中を往くさまも、思い出の風景となるのであろうか。
f0113552_11541556.jpg

新幹線
N700系電車
「のぞみ」
226号 東海道新幹線品川駅~新横浜駅にて 2014.3.29
by railwaylife | 2014-05-25 12:00 | 700&N700 | Comments(0)

桜700

 東海道新幹線のN700Aはじわじわと数を増やしているようで、それに伴い700系が数を減らしているらしい。

 それでも、東海道新幹線の風景をちょっと見に行けば、まだ700系はけっこう目にすることができるものである。
f0113552_23202211.jpg

 だが、来年の桜花咲く頃にはどうなっているか、わからない。


新幹線
700系電車
「ひかり」
464号 東海道新幹線品川駅~新横浜駅にて 2014.3.29
by railwaylife | 2014-05-23 23:00 | 700&N700 | Comments(0)