<   2014年 04月 ( 25 )   > この月の画像一覧

遠くへ行きて想うこと

f0113552_23352690.jpg

 先週土曜日から三日間、九州は福岡を訪れていた。

 最近、遠くへ旅すると想うことが二つある。

 一つは、日常の自分がいかに狭いところで小さくなって生きているかということである。

 世の中は広く、自分が普段過ごしている場所はその中のごく狭い範囲である。そのことはもちろん頭の中では常にわかっている。しかし、日常に縛られていくうち自分のいる場所が世界のすべてであるかのように縮こまってしまうことがある。

 そういう思い込みは、旅に出て遠くへ行けばあっさりと打ち破られる。世の中は何と広いことだろうか。空や山や海がどこまでものびのびと続いている。その風景を眺めていると、自分の心ものびのびとしてくる。そして、普段の自分がいかに縮こまって生きているかを知ることにもなる。

 そんなふうに私の心を解放させてくれる風景は、何といいものだろうとも思う。格別にいい風景でなくていい。絶景でなくていい。いつもと違う風景に、ただただ憧れる。

 しかしここで、もう一つ想うことがある。

 そうやって憧れを抱く風景は、その場所のほんの一瞬の風景に過ぎないということである。例えば今回であれば新緑の風景はあちこちで見られたが、同じ場所の紅葉や、落葉して枝だけになった風景を見られるとは限らない。そのことが何だか虚しく感じられる。いいなと思った場所の移ろいを、私は知ることができない。

 でも、日常を過ごす場所ではその移ろいを手に取るように知ることができる。毎日眺めることができるからである。それは、何とありがたいことだろうかと思う。

 こうして、遠くへ旅することによって自分の日常を改めて知ることとなる。それはとても貴重な機会である。だから私は、旅の思い出を大事にしたいといつも思っている。

 ただ、大事にし過ぎて、なかなかこのブログに旅の思い出を掲載することができないでいる。今回の旅の思い出もいつ載せられることやら、と思っている。

 でも、別に焦る必要はないといつも自分に言い聞かせている。旅の思い出は、じっくり楽しみながら振り返るものだからである。


JR九州787系電車・885系電車 鹿児島本線博多駅にて 2014.4.28
by railwaylife | 2014-04-30 23:40 | | Comments(0)

次の季節への希望

f0113552_23354689.jpg

 小田急小田原線の新松田駅から渋沢駅までの沿線を歩いた「四十八瀬川の旅」は渋沢駅が近付くにつれだんだんだれてきたのか、あまり立ち止まって風景を見たり撮ったりすることもなくなり、ただただ歩くだけになってしまった。

 そんな中、またここへぜひ来たいと思わせるものを見つけた。

 そしてこの二ヵ月後、実際にそこを再訪することになる。

 そのときの様子は、また二ヵ月くらいしたらこのブログへ掲載したいと思っている。

 そんな予告を記して、この「四十八瀬川の旅」の締めくくりとしたい。


小田急
8000形電車 小田急小田原線渋沢駅~新松田駅にて 2013.4.12
by railwaylife | 2014-04-25 23:40 | 小田急 | Comments(0)

大山を背に EXE編

 先に掲載した「大山を背に」という記事に掲載した写真を撮った場所は、周囲が開けていて実に心地よい場所であった。それまで谷あいの狭い場所をずっと歩いて来たから余計にそう感じられたのかもしれない。それでついつい、何本も電車を見送ってしまった。

 その中で、先の「大山を背に」と同じアングルにはなるけれども、この車両の写真も掲げておきたい。
f0113552_23235090.jpg

 この30000形EXEもまた、8000形と同様、さまざまな風景の中で眺めたいと思っている車両である。


小田急
30000形電車
特急「はこね」
33号 小田急小田原線渋沢駅~新松田駅にて 2013.4.12
by railwaylife | 2014-04-25 23:25 | 小田急 | Comments(0)

大山を背に

 新松田駅から谷をいくつか越え歩いていくうち、線路が少し開けた場所に出た。すると、下り電車の背後に形の良い山が見えてきた。
f0113552_2263289.jpg

 どうやらそれは、丹沢にある大山のようであった。

 大山と言えば、古来信仰を集めてきた山である。

 やはり、形の良い山は信仰の対象になるんだなあと思いながら、電車越しに大山の山容を眺めていた。


小田急
8000形電車 小田急小田原線渋沢駅~新松田駅にて 2013.4.12
by railwaylife | 2014-04-24 23:10 | 小田急 | Comments(0)

陰っても8000形

 新緑といえども、日が陰ってしまうとその緑色は深く濃くなる。

 そしてその緑の中を往く8000形電車の表情も、どことなく暗くなり、せっかくの白い車体の色も沈んでしまう。
f0113552_2224620.jpg

 でも、この車両が往く風景をできるだけ多く眺めたいと思っている私にとってはこんな場面もまた大切な一瞬であった。


小田急
8000形電車 小田急小田原線渋沢駅~新松田駅にて 2013.4.12
by railwaylife | 2014-04-24 23:00 | 小田急 | Comments(0)

陰りEXE

 重厚なブロンズ色を纏った小田急30000形EXEは、日が陰るとその車体の色がいっそう重々しくなる。

 そんなときのEXEを写真で表現するのは難しいことだが、こういう暗い表情のEXEもけっこう気に入っている。
f0113552_21452112.jpg

小田急
30000形電車
「はこね」
28号 小田急小田原線渋沢駅~新松田駅にて 2013.4.12
by railwaylife | 2014-04-23 22:55 | 小田急 | Comments(0)

新緑VSE

 同じロマンスカーでも、30000形EXEや60000形MSEと違い、50000形VSEは純白のはっきりくっきりとした色である。だから、どんな風景にも似合うしよく映える。

 もちろん、新緑の中でもよく映える車両である。
f0113552_21412245.jpg

小田急
50000形電車
「はこね」
29号 小田急小田原線渋沢駅~新松田駅にて 2013.4.12
by railwaylife | 2014-04-23 22:45 | 小田急 | Comments(0)

四十八瀬川

 新松田駅から沿線を歩くうち、四十八瀬川の看板がある場所に出た。

 私がこの区間を歩こうと思ったのは、乗車するたびその車窓風景に惹かれるようになったからであったが、中でも印象的だったのがこの四十八瀬川と書かれた看板であった。その名が、谷沿いの沿線風景を端的に表しているように思えたからである。

 そんな看板越しに、電車を見送った。
f0113552_213957.jpg

 電車から看板を見てその名に惹かれた私がここへやって来て、看板越しに電車を見ている。ずっと思い描いていた一瞬であった。

 ただ、しじゅうはっせがわの「はっ」が見えないのはちょっと残念ではあった。


小田急
8000形電車 小田急小田原線渋沢駅~新松田駅にて 2013.4.12
by railwaylife | 2014-04-22 23:30 | 小田急 | Comments(0)

せせらぎを聴きながら

 四十八瀬川に架かる小田急線の橋梁近くにある小さな橋の上で、電車が現われるのを待った。

 その橋は、四十八瀬川に注ぎ込む支流に架けられた橋であった。支流の流れは細かったが、石の散らばる川面からは心地のよいせせらぎが聴こえてきた。

 せせらぎを聴きながら電車を待つなんて贅沢なことだと思った。

 やがて、そのせせらぎをかき消すようにして、待ちわびた8000形電車が轟音を立てながら現われた。
f0113552_20384926.jpg

小田急
8000形電車 小田急小田原線渋沢駅~新松田駅にて 2013.4.12
by railwaylife | 2014-04-22 23:00 | 小田急 | Comments(0)

ナノハナVSE

 ナノハナの風景といえば、一面黄色のナノハナ畑、なんていうところが見られたら一番良いかもしれないが、こうやって畦道なんかにぱらぱら咲いているのをのんびりと眺めるのもいいものだ。
f0113552_2065774.jpg

 こういう風景の方が、私の性にも、このブログにも合っているような気がする。


小田急
50000形電車
「はこね」
29号 小田急小田原線渋沢駅~新松田駅にて 2013.4.12
by railwaylife | 2014-04-21 23:20 | 小田急 | Comments(0)