<   2013年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧

幕車を狙え

 今年3月の地下鉄副都心線との直通運転開始を前に東横線を追われた東急9000系電車は、いまや全編成が大井町線に集結し、大井町線の主力として君臨している。

 昔から9000系に格別の思い入れを持ってきた私としては、大井町線に行けばこの車両が嫌と言うほど見られるので、嬉しい限りである。

 ただ、一口に9000系と言っても、編成によっていろいろ違いがある。

 中でも大きな違いは、行先・種別・運行番号の表示方法が異なることである。東横線時代のまま旧来の幕式で表示している編成もあれば、最新のフルカラーLED表示器に取り替えられている編成もある。

 フルカラーLED表示器になった編成はグレードアップしたみたいで頼もしく見える。だが、問題が一つある。

 それは、LEDの表示器を撮影すると、表示されている文字が切れて写ってしまいやすいということである。それで、撮影のときにはシャッタースピードの値を低く抑えLEDの文字が切れないようにと気を遣わなければならない。

 その点、従来の幕式の表示器を備えた車両を撮るときにはそういう気遣いは不要で、シャッタースピードを速くして撮っても問題はない。それに、東横線時代と同じ表示器を掲げていることで、より一層親しみを持てるものである。

 ただ、だからと言って選り好みして「幕式の車両しか撮らないぞ」なんて言うのもつまらない。大井町線の9000系は、嫌と言うほど見られるところに楽しさがある。

 とは言え、幕式の車両が今日はどの運用に就いているかと調べてみたり、幕式の車両だったらどこでどうやって撮ろうかと考えを巡らすのもまたけっこう楽しいことだったりする。
f0113552_23492964.jpg

f0113552_23494922.jpg

1枚目
東急
9000系電車(9014F) 東急大井町線尾山台駅~等々力駅にて 2013.11.3
2
枚目
東急
9000系電車(9015F) 東急大井町線等々力駅~上野毛駅にて 2013.11.3
by railwaylife | 2013-11-30 23:50 | 東急9000系 | Comments(0)

セイタカ越し2013

 外来種で繁殖力の強いセイタカアワダチソウは、日本古来の生態系を壊すらしいし、秋の花粉症の原因にはなるし、見た目にも毒々しいし、何らいいことがない。

 だが、そんな花でも咲く時期は限られているのだから、セイタカアワダチソウのある風景に季節感があることは確かだ。

 だから、花を愛でるかどうかは別として、その風景を大切に眺めたいという思いはある。
f0113552_23375826.jpg

東急
6000系電車(6103F) 東急大井町線等々力駅にて 2013.11.3
by railwaylife | 2013-11-28 23:40 | 東急 | Comments(0)

Y500系10周年

 横浜高速鉄道のY500系電車に乗って車内にある銘板を見てみると、製造年が「2003」と書かれている。横浜高速鉄道みなとみらい線の開業は2004年なので「あれっ」と思うが、車両自体は開業前年までに全編成が落成し、東急線内などで試運転が行われていたようである。

 ということは、来年2月のみなとみらい線開業十周年を前に、Y500系はもう十周年を迎えたと言って良いかもしれない。早いものである。よく見れば車体にもだいぶ汚れがあり貫禄がついてきた。

 でも、そのデザインの目新しさは少しも色褪せていないと思う。いまや5社7種の車両が入り乱れている東横線・みなとみらい線にあっても、Y500系は一際目立つ存在である。

 そんなY500系が、まだまだ私の日常見る風景の中で派手に活躍してくれるようにと、この十周年に願いを込めておきたい。
f0113552_23305790.jpg

横浜高速鉄道
Y500系電車 東急東横線多摩川駅~新丸子駅にて 2013.10.27
by railwaylife | 2013-11-27 23:35 | Y500系 | Comments(0)

その日の夕暮れ

 ここ数年、夕景に執着するようになり、何度も見に行くようになった。

 こうやって夕景を眺めるのは、いったい何度目のことなのだろうか。
f0113552_2348496.jpg

 数えていないから、わかるはずもない。

 では、これからあと何度、こうして夕景を見ることができるのだろうか。

 そんなことは知る由もないし、知りたくもない。

 大事なことは、今まで何度見たかとか、あと何度見られるかではない。

 いま目の前にある、その日その日の夕暮れを、ただただ大切に想うことだ。


東急
5000系電車(5118F) 東急東横線多摩川駅~新丸子駅にて 2013.10.27
by railwaylife | 2013-11-26 23:50 | 東急5000系列 | Comments(0)

多摩川滔々と

 台風で大雨が降った翌日のこと、多摩川は普段と比べだいぶ水量が増していた。
f0113552_23313366.jpg

 近所では一番大きな川であるが、いつも以上の大河になったなという気がした。

 そんな状態の多摩川を渡ってゆく東横線の風景は、普段は見られない珍しいもので、写真を撮るにもついつい川面の様子を意識することになった。

 だが、こういう光景を珍しがるのはあんまりいいことじゃない、と思う。

 いつも通りの表情の多摩川がいつも通りに流れていて、いつも通りにそこを電車が通る。それが、何よりのことだと思うからである。


東急
5050系電車 東急東横線多摩川駅~新丸子駅にて 2013.10.27
by railwaylife | 2013-11-24 23:35 | 東急5000系列 | Comments(0)

ススキのいい風景

 ススキのいい風景と言えば、穂が風にたなびいているような場面だと思う。アルファベットで表すと「F」みたいな状態である。

 そういう場面を写真に撮るとすれば、風が吹いてくるのを待てばいい。秋のことだから空気も心地よく、風を待っている時間も苦にならないものだ。

 ただ、私の場合は、そうやって風にたなびくススキの向こうを往く電車の姿まで捉えようとするのだから、タイミングとしてはなかなか難しいことになる。電車が通るときに風が吹いているとは限らない。あとは運に任せるしかない。

 それでも、何本か電車を見送っていれば、穂がちょっとはたなびいて「F」っぽくなってくれたりするものだ。
f0113552_23392763.jpg

 こんな風景が現れたり現れなかったりするのに一喜一憂しながら過ごすのも、また楽しいものである。


東急
5050系電車 東急東横線多摩川駅~新丸子駅にて 2013.10.27
by railwaylife | 2013-11-23 23:45 | 東急5000系列 | Comments(0)

名所江戸百景 たま川丸子はし

 もし、安藤広重が多摩川丸子橋の風景を『名所江戸百景』に入れるとしたら、こんな構図にしたんじゃないか。

 そんなことを考えながらこの写真を撮っていた。
f0113552_23292991.jpg

 いやいや、こんな構図を広重が見たとしたら、きっと鼻で笑うに違いない。

 せめてちょっとは目に留めてもらえるよう、これからも構図を考えていきたい。


東京メトロ
10000系電車 東急東横線多摩川駅~新丸子駅にて 2013.10.27
by railwaylife | 2013-11-23 23:35 | 東京メトロ | Comments(0)

谷を挟んで

 大井町線に乗って車窓を眺めるとき、いつも気になる公園があった。上野毛駅と等々力駅の間である。

 線路から谷沢川の谷を挟んだところにあるその公園は決して広くはないが、園内からは電車の往くさまがよく見えるように思えた。それで以前から一度行ってみたいと考えていたが、先日ようやく訪れることができた。



 中町どんぐり緑地と名付けられたその公園は木が多く、落ち着いた雰囲気の場所であった。少し先にある等々力渓谷の深閑さがちょっとだけ感じられるようでもあった。

 そんな公園から、大井町線の電車が往くのを眺めてみた。
f0113552_2333142.jpg

 木の枝が大きく入ってしまうけれど、その合間から谷越しに往く電車を眺めるのが楽しいものであった。


東急
9000系電車(9012F) 東急大井町線等々力駅~上野毛駅にて 2013.10.27
by railwaylife | 2013-11-22 23:40 | 東急9000系 | Comments(0)

無広告車

 都電荒川線の電車の車体にはそのほとんどに大きな広告が描かれている。文字通り「動く広告塔」となって都内各所を走り回れば、それなりの宣伝効果はあるだろう。そしてその広告収入は、東京都交通局にとって大きな収入源になっていると思う。

 そのことはよくわかっているからあまり文句は言えないのだが、都電のある風景を捉えて表現しようとする身からすれば、やはり車体広告は邪魔である。どうしても風景が雑然としてしまう。

 ただ時折、広告のまったくないオリジナルカラーの電車を見かけることがある。そういう車両が往くのを眺めていると、スッキリした感じに見えてくる。

 そんな無広告車が往く風景を、たまたま捉えることができた。
f0113552_23384149.jpg

 だが、咄嗟のことだったので、何ともごちゃごちゃした風景の中で無広告車を撮ることになってしまった。

 これではせっかくのスッキリした無広告車の車体が映えない。

 でも結局、車体広告のあるなしに関わらず、ごちゃこちゃしているのが都電らしい風景なのかな、という気もしてきた。


都電
7000形電車 都電荒川線都電雑司が谷電停~鬼子母神前電停にて 2013.10.26
by railwaylife | 2013-11-20 23:45 | 路面電車 | Comments(0)

夕空都電

 昼までに雨が止み、午後は次第に晴れてくるという予報だった日、思ったより天気は回復しなかった。夕方になっても、雲の隙間の空がほんの少し夕暮れ色に染まるくらいであった。

 雨上がりのすっきりした夕空が見られるかもしれない、なんて勝手に期待していた私は、それが見られなかった悔しさを表すべく、わずかな夕暮れ色を強調してその日の風景を捉えてみた。
f0113552_2330046.jpg

都電
8500形電車 都電荒川線都電雑司が谷電停~鬼子母神前電停にて 2013.10.26
by railwaylife | 2013-11-20 23:30 | 路面電車 | Comments(0)