<   2013年 07月 ( 41 )   > この月の画像一覧

米神グリーン車

 早川駅と根府川駅の間にある米神を列車で通るときには、どうしても海の眺めに目が行ってしまう。家並の広がる谷の向こうにある海原を見遣るのが、この区間の車窓の眺めで一番の楽しみである。

 でも、この辺りは海のすぐ近くまで山並が迫っていて緑の多いところでもある。

 だから、列車もこうして緑に包まれながら走り行く。
f0113552_2283280.jpg

 こんな緑の風景も背中に感じながら、これからは米神の海を眺めたいと思う。


相模の旅2012初夏」にて
東海道本線
E233系電車 東海道本線早川駅~根府川駅にて 2012.6.29
by railwaylife | 2013-07-31 22:10 | 東海道本線 | Comments(0)

カンナ二色

 黄色と赤色、二色のカンナが、適度な距離をもって咲き合っていた。
f0113552_22322223.jpg

f0113552_22324399.jpg

 おかげで、一本の列車に二つの風景を見ることができた。


 正面では黄色いカンナ越しの風景を眺められた。
f0113552_22343326.jpg

 後追いでは赤いカンナ越しの風景を眺められた。
f0113552_22345597.jpg

相模の旅2012初夏」にて
東海道本線
E231系電車 東海道本線真鶴駅~湯河原駅にて 2012.6.29
by railwaylife | 2013-07-29 22:40 | 東海道本線 | Comments(0)

トラスのある風景

 電車が通らなくなってもはや無用の長物と化したというのに、ついついこの橋梁が見たくなって、ここへ来てしまう。
f0113552_2031248.jpg

 そして、そこを電車が渡るときの音、揺れ、車窓からの眺めを思い出す。

 今年の夏空も、この橋梁の上から見遣りたかった。



 ところで、こうやって未練がましく思い出に浸れるのもとわずかのことかもしれない。

 すでに架線は撤去され、前後の区間では道床の撤去も一部で進んでいる。また、代官山寄りの橋脚は解体され始めている。少しずつではあるが、東横線地上区間の撤去作業は確実に進んでいるようだ。


山手線
E231500番台電車 山手線恵比寿駅~渋谷駅にて 2013.7.21
by railwaylife | 2013-07-28 20:35 | 山手線 | Comments(0)

洗いたての空

 雨上がりの青空のことを洗いたての空なんて言うけれど、別に空自体が洗われたわけではない。空の下にできた雲が雨を降らせ、空中や地上の汚れを洗い流したに過ぎない。
f0113552_20152833.jpg

 でも、この空を見上げる人々の心の汚れを洗い流してくれると思う。


東急
5050系電車 東急東横線多摩川駅~新丸子駅にて 2013.7.19
by railwaylife | 2013-07-28 20:20 | 東急5000系列 | Comments(0)

タチアオイ2013

 今年は紫陽花同様にタチアオイの花をゆっくり眺める暇もあまりなかった。

 そこで、6月も終わりにかかった頃、近所の東横線の線路脇に咲くタチアオイを慌てて見に行った。

 そのあたりには毎年のようにタチアオイが咲くが、そこを通る電車の種類は今年からだいぶ変わった。副都心線との直通運転の開始により東京メトロ・東武・西武のさまざまな車両が乗り入れてくるようになったからである。そういう車両が、タチアオイの向こうを行き交うのを眺めるのが楽しみなことであった。

 そんな期待をしていることろに、さっそく新しい乗り入れ車両が現われた。
f0113552_10545133.jpg

 派手な色の電車で、ちょっと花が目立たなくなってしまったかなとも思ったが、その花と車両の色の取り合わせを楽しんだひとときであった。


東武
50070系電車(51076F) 東急東横線自由が丘駅~田園調布駅にて 2013.6.29
by railwaylife | 2013-07-27 11:00 | 東武 | Comments(0)

夏曇りE259

 今年の夏は梅雨明けしてすぐに猛暑日が続いたので、また酷暑になるなあと思わせたものの、しばらく経つとまるで息切れしたかのように厳しい暑さが和らぎ、どんよりと曇る日が多くなってきた。

 何でも今年は冷夏になるかもしれないという予報も出ている。例年より太平洋高気圧が弱く、オホーツク海高気圧の影響が大きくなっているそうだ。

 また、過去の気象データを振り返ってみると、十年周期で冷夏が巡って来ているという。最近では1983年、1993年、2003年が冷夏であった。言われてみれば確かにそうだ。何だかちょっと前にあったギャグみたいに「年号に3の付くときだけ冷夏になります」という具合になっている。この法則にあてはめれば、今年2013年も冷夏ということになってしまうが、それはやはり困る。

 だが、もしかしたらこんな冴えない曇り空が今年の夏の象徴的な風景になってしまうのかもしれない。
f0113552_10441828.jpg

E259系特急「成田エクスプレス」
成田エクスプレス
18号 品鶴線西大井駅~武蔵小杉駅にて 2013.7.14
by railwaylife | 2013-07-27 10:45 | E259系 | Comments(0)

渋谷のE233

 先月の終わりから、埼京線で新型のE233系が営業運転を始めた。

 その埼京線E233系を初めて捉えるのは渋谷にしようと心に決めていた。私にとって身近な街渋谷にも、ついに最新鋭のE233系が走り始めたのだということを印象付けたかったからである。

 それで、なるべく渋谷らしい風景の中で捉えたいと考えた。

 その結果選んだのがこの場所であった。
f0113552_2241234.jpg

 私にとっては定番の場所であるが、背景の街並が渋谷らしいんじゃないかと思っている。

 そんなわけで、このビル群を背にE233系が登場するのを待った。

 ところが、ヘッドマークを付けたその顔が見えてきたとき、背後からも列車の来る気配があった。そして、E233系の前に長大な壁を作り出した。
f0113552_22413615.jpg

 15両編成の湘南新宿ラインE231系である。

 その長い長い編成が、新型車両をすっぽりと隠してしまった。これまで長く渋谷の街の風景を形作ってきたこのE231系が、そう簡単に新しい風景は見せまいとばかりに立ちはだかった。

 そのタイミングがあまりに良かったので、思わず笑ってしまうほどであった。

 ただ、渋谷をまだ走り慣れていないE233系は、その足元を確かめるかのようにそろりそろりとゆっくり走っていた。おかげで、最後尾を捉えることはできた。
f0113552_22415854.jpg

 これが私にとって記念すべき、初めての「渋谷のE233」の風景となった。


埼京線
E233系電車 山手貨物線渋谷駅~新宿駅にて 2013.7.2
by railwaylife | 2013-07-26 22:45 | E233系 | Comments(0)

ついでの211

 これまでE231系とともに首都圏の中距離電車の主力として長く活躍してきた211系電車は、ここ一、二年で急速にE233系へと置き換えられ、いまや都内ではほとんど見ることができなくなった。

 そんな消えゆく211系を、わざわざ記録しておこうという気にはなかなかなれず、こうして何かのついでのときに捉えるくらいであった。
f0113552_23272423.jpg

f0113552_23274463.jpg



 でも、東京を少し離れれば、短い編成ながらもまだまだこの211系の活躍を目にすることができる。
f0113552_23281871.jpg

 こういう211系を、もうすぐ見られなくなるとかならないとかいうことと関係なしに、のんびりと眺める方が楽しいものである。


211系電車
1枚目 東北本線尾久駅~赤羽駅にて 2012.11.10
2
枚目 東北本線白岡駅~新白岡駅にて 2013.1.5 
3
枚目 両毛線伊勢崎駅~駒形駅にて 2013.1.5
by railwaylife | 2013-07-25 23:30 | JR東日本 | Comments(0)

近所で9000系

 以前の「東横線9000系再び」という記事に書いた通り、東急9000系とちょうど入れ替わるようにして新しく「東横線の9000系」となった東武9000系を東横線のさまざまな風景の中で眺めてみたいと思うようになったが、なかなかそれができていなかった。

 そこでまずは手軽に近所で眺めるところから始めようと思い、ある朝出かけてみた。
f0113552_22371672.jpg

 日常見慣れた風景の中に、まだ見慣れない東武9000系がすっぽりと収まるのを見た。

 こうやって少しずつ、新しい「東横線の9000系」の風景を増やしていきたいと思っている。


東武
9000系電車(9104F) 東急東横線学芸大学駅~都立大学駅にて 2013.6.23
by railwaylife | 2013-07-24 22:40 | 東武 | Comments(0)

初めての黄色乗車

 先日、ようやく初めて東横線の「幸せの黄色い電車」こと「Shibuya Hikarie」号に乗る機会があった。

 デビューからすでに二ヵ月余りも経ってしまったが、普段は8両編成の各駅停車にばかり乗っているので、10両編成のこの車両に乗る機会はなかなかないものであった。

 それでようやくの初乗車となったわけだが、乗ってしまえば他の5050系と乗り心地が変わるものでもない。ただ、内装が他の車両とは違っていて、目を見張るものがあった。でも、乗客が多かったので、あまりじろじろとするわけにもいかなかった。

 下車した駅で、発車していく「
Shibuya Hikarie」号を見送った。
f0113552_2341288.jpg

 去りゆく後ろ姿を見送っていると、ずいぶんと黒っぽい顔だなという印象があった。いかつい面構えである。改めて見てみると「幸せの黄色い電車」と言われているほど黄色が外装に使われていないように思った。

 でも、身近な路線にこういう特異な車両が一編成だけあって、それをたまに見かけて得した気分になれたりするのは、何にしても楽しいものである。


東急
5050系電車(4110F) 東急東横線中目黒駅~祐天寺駅にて 2013.7.7
by railwaylife | 2013-07-23 23:10 | 東急5000系列 | Comments(0)