<   2012年 08月 ( 36 )   > この月の画像一覧

都内で115

 115系といえば、かつては都内でもあたりまえのように見られた。東北・高崎線系統の普通列車はみな湘南色の115系だったし、その一部が湘南新宿ラインとして新宿や渋谷あたりにも顔を出していた。そして、今は都心への乗り入れがなくなった中央本線の長距離普通列車としても、スカ色の115系が新宿駅まで現れていた。

 それらがすべて姿を消し、いまや115系を見るとなれば高崎周辺、中央本線の高尾以西、長野・新潟地区まで行かなければならなくなった。都内では115系がほとんど見られないということである。

 そんな中、たいていは高尾を始発・終着とする115系の一部が、八王子・立川まで乗り入れて来ている。それで、都内でもわずかながら115系の姿を目にすることができるようになっている。

 その貴重な115系の姿を、先の「橋梁をめぐる旅」の折に多摩川橋梁で見送ることができた。
f0113552_2158327.jpg

 115系が川を渡って行くその風景は、ちょっと東京離れしているな、なんて一人で思っていた。

 ところで、見送ったこの列車は長野の松本から長躯やって来た鈍行列車であった。松本を6時32分に出て、終着の立川には10時28分に着く。走行距離は197.9kmで、48駅に停車してきた。最近は鈍行列車も短距離化が進んでいるから、いまどき珍しい長距離列車である。しかも、車両は長野総合車両センター所属の115系である。その車両が普通列車として都内まで進入してくるのはなかなか貴重なことだと思う。

 さて、この多摩川を渡った列車は程なく終着の立川駅を迎えるわけだが、私が川原でしばらくのんびりしていると、115系はあっという間に立川駅から折り返してきた。回送列車としてである。
f0113552_2159376.jpg

 少し先の豊田車両センターで休むためであろう。

 早朝から走って来た列車は、仮のねぐらへと向けてそそくさと橋梁を渡って行く感じであった。


中央本線
115系電車 中央本線立川駅~日野駅にて 2012.8.10
by railwaylife | 2012-08-23 22:50 | 中央本線 | Comments(0)

貨物列車と中央快速電車

 都心を往く数少ない貨物列車の一つとして残る2077列車は、実にさまざまな通勤電車と行き会いながら進んでゆく。
f0113552_22531786.jpg

 そんな風景もまた、この列車ならではのものだと思う。


山手貨物線
2077列車 山手貨物線渋谷駅~新宿駅にて 2012.7.28
by railwaylife | 2012-08-22 22:50 | 貨物列車 | Comments(0)

日没9000系

 東急東横線ではもはや本数のわずかになってしまった9000系電車は、こちらが思うようなときにうまく来てくれるようにはならなくなった。

 それでもその日、夕日が雲に沈もうかという絶妙なタイミングでやって来そうであった。

 ところが、夕日は白い雲へと沈む前に、薄い雲にかき消されてしまった。

 それで、雲に滲んで溶けかけた夕日の色が残るだけのところに9000系が現われることになった。
f0113552_22413149.jpg

 何とも言えずぱっとしない風景となったが、これもまた9000系の一風景として大事に想うことにした。


東急
9000系電車(9115F) 東急東横線綱島駅~大倉山駅にて 2012.7.28
by railwaylife | 2012-08-22 22:45 | 東急9000系 | Comments(0)

早朝185

 早朝の山手貨物線に、期せずして185系が現れた。
f0113552_2321785.jpg

 回送列車であったし、何のための回送なのかもわからなかったが、この車両を眺める機会が増えたというだけで嬉しいことであった。

 その185系は、曇って冴えない空の下を眠たげにゆっくりゆっくりと過ぎて行った。

 後で調べてみると、この185系は前夜に東北・高崎線の「ホームライナー」の運用をこなしてから東大宮操車場に停泊して一夜を明かし、朝になってからねぐらの田町車両センターへと帰るところであった。


185系電車回3940M 山手貨物線渋谷駅~新宿駅にて 2012.8.11
by railwaylife | 2012-08-21 23:22 | 185系 | Comments(0)

夕空は側面と

 夕空の下を往く電車の姿を眺めるのなら、側面から見るのも楽しい。

 変化の著しい空のさまを、横に長く見ることができるからである。

 まだ明るみの残る空と、暗い色を帯びてきた電車の車体のコントラストが楽しむことができるからである。
f0113552_2383395.jpg

東急
5050系電車 東急東横線綱島駅~大倉山駅にて 2012.7.28
by railwaylife | 2012-08-20 23:20 | 東急5000系列 | Comments(0)

杜の緑

f0113552_2274537.jpg

 明治神宮にある広大な杜の緑は、建て込んだ都会の中にあって本当にありがたい存在である。特にこの暑い時期はそう思う。異様に熱せられる都会を、いくらか冷却させてくれていることだろう。

 その緑を、通勤途中の車窓に見られるのもまたありがたいことだ。

 もっとも、車内にいれば冷房が効いているのだから、緑のもたらす涼やかさを直接に感じることはできない。でも、たとえ夏の黒々とした緑でも、ビルやアスファルトのきつい照り返しを目にするよりはまだホッとできるものである。


山手線
E231500番台電車 山手線原宿駅~代々木駅にて 2012.8.11
by railwaylife | 2012-08-19 22:10 | 山手線 | Comments(0)

帯の色

 東急東横線に残る9000系電車のうち、9010Fという編成は、以前から前面の帯が色褪せている。それが何だかみすぼらしい。
f0113552_2224857.jpg

 せっかくの東急レッドが、だいぶ薄い色になってしまっている。

 せめて前面の帯だけでも塗り直すなり貼り直すなりして、キッと締まった印象にしてほしいものだと思っている。時には東横特急として勇ましく走ることもある編成である。

 でもきっと、帯が綺麗になるのは、大井町線に押し出されてその色が変わるときなんだろうと思う。


東急
9000系電車(9010F) 東急東横線渋谷駅にて 2012.8.3
by railwaylife | 2012-08-19 22:00 | 東急9000系 | Comments(0)

光れステンレス

 夕暮れ時にステンレス車体の電車が往く風景を眺めるのなら、ステンレスの車体が夕日に染まるさまを巧く捉えたいと思うものである。

 だが、思うように車体が染まるさまを捉えるのはなかなか難しい。夕日の位置、角度、強さ、空模様、雲の有無等によって、染まり具合は微妙に変わってくる。また、自分自身がそれを眺める位置によっても見え方はだいぶ変わってくる。

 そういう状況の中で、ベストの選択ができたかどうかはわからないが、少しだけ夕日に染まる東横線5050系電車を眺め、楽しんでみた。
f0113552_10135171.jpg

 後になって写真を見てから気付いたが、もっと左寄りで構えれば良かったのかなという気もした。
f0113552_1014117.jpg

 それにしても、ドアの部分だけが染まって見えたのは何故だろうか。材質の違いによるものなのだろうか。


東急
5050系電車(5169F5175F) 東急東横線綱島駅~大倉山駅にて 2012.7.28
by railwaylife | 2012-08-18 10:15 | 東急5000系列 | Comments(0)

秋めいて251

 今朝、家を出てすぐ、空に秋らしい千切れ雲が浮かんでいるのに気付いた。

 ただ、いわし雲とかうろこ雲と言うほど、整然としたものではなかった。でも、空に秋らしさを感じるには十分な眺めであった。

 通勤の道すがら、その雲を追ううち、ある場所へたどり着いた。

 その場所で、思い入れのある車両が秋めく風景を作り出すのを待った。

 季節を先取る、あるいは次の季節を待ち焦がれるなどというのは、あまりいいことじゃないんじゃないか、なんて最近は思ったりしている。いつかではなく、今を生きたいと思うからである。

 でも、やがて来るいつかを想うことは希望でもある。そのときまで生きようとするからである。

 だから、秋を想い、秋を待つのも悪くはない。

 同じように、今いる場所ではないどこかを想うのも悪くない。いつかそのどこかへ行くまで生きようとするからである。

 それで、新宿から折り返し特急「スーパービュー踊り子」となり東海道本線を下るこの車両の行く手に、私は想いを馳せた。
f0113552_2374378.jpg

 相模湾の上に広がる空も、もう秋めいているだろうか。


251系「おはようライナー新宿」26号 山手貨物線渋谷駅~新宿駅にて 2012.8.17
by railwaylife | 2012-08-17 23:15 | 251系 | Comments(0)

たそがれ祐天寺

 東急東横線祐天寺駅の横浜寄りホームに屋根がないのは、夕暮れの空を見るためではないかと思う。

 そう思えるくらい、そのホームからは西の空がよく見える。
f0113552_22285038.jpg

 もっとも、最近はホームの近くが建て込んできてしまって、昔ほど空が広く見えなくなってきた。

 それでも、この辺りにある駅の中では夕暮れ空がしっかりと望めるところではないかと思う。
f0113552_22291675.jpg

 そんな祐天寺駅の夕暮れを眺めていると、東京メトロ日比谷線の03系が静かに現れ、たそがれの空の下に佇んだ。
f0113552_2230554.jpg

東京メトロ
03系電車 東急東横線祐天寺駅にて 2012.8.3
by railwaylife | 2012-08-16 22:31 | 東京メトロ | Comments(0)