<   2009年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

東急電鉄鉄軌道事業設備投資計画

f0113552_1144113.jpg

 先日、東急電鉄の2009年度の鉄軌道事業設備投資計画が発表された。その中の安全対策の一つとして「最新型車両への更新」が掲げられていた。2009年度は、東横線・池上線・東急多摩川線などで計43両を、新型車両5000系と7000系へ更新するという。

 その内訳を考えてみると、5000系が40両、7000系が3両ということになるだろうか。新型の7000系による7600系・7700系の淘汰は、2009年度に限ってはあまり進まないようである。まだしばらくは、7600系・7700系の活躍が期待できそうである。

 それにしても気になるのは、東横線に5000系が新たに導入されるということである。すでに今年度になってから1編成の5000系が東横線に導入されているが、その置き換えの対象は古参の9000系である。今後さらに5000系が導入されれば、幼い頃から慣れ親しんだ9000系がどんどん東横線から減っていくことになる。それはちょっと寂しい。ただ、今度のダイヤ改正で、日比谷線直通電車の運用が減少することから、もしかしたら置き換えの対象は、日比谷線直通専用の1000系になるのかもしれない。

 いずれにせよ、最も身近な路線である東横線の車両の動向については、今後も注意深く見守っていきたい。


しばらく活躍が期待できそうな東急7700系と桜 
東急池上線 石川台駅~雪が谷大塚駅にて 2009.4.4


にほんブログ村 鉄道ブログへ
by railwaylife | 2009-05-17 01:16 | 東急 | Comments(0)