<   2007年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

撮り納め

f0113552_10112048.jpg

 先週から東横線では5000系1編成が新たに稼動し、8000系1編成が運用を離脱した。残る8000系は、ついにあと1編成となってしまった。

 昨日、学校へ行くとき、その8000系に乗車した。都立大学駅から渋谷駅までの短い距離ではあるが、今年になって一番長く8000系に乗車した区間であった。発車時の音、走行音、乗り心地、揺れ心地、車内の雰囲気、空気に浸っているうち、渋谷駅にはあっという間に着いてしまった。

 今朝はその8000系を眺めに行った。今年最後の平日なので、8000系が東横線で稼動するのも、今年は今日で最後だろう。何度も通った近所の踏切へと出かけた。8000系は通勤特急でやって来た。低い唸り声を上げ、電車は自由が丘の底から這い上がって来た。その姿は勇ましくあった。





 今年はまったく冴えない一年で、誇るべきものも何もない。わずかに東横線8000系最後の日々をこまめに見送ることができたのが、慰めではある。


東急8000系 東急東横線 都立大学駅~自由が丘駅にて 2007.12.28


<追記>
 東急電鉄のホームページにて、東横線8000系引退記念イベント第2弾「8000系さよなら運転」が発表された。来月の13日に運転されるという。残りの1編成もこの運転をもって東横線から離脱するのであろう。東横線を8000系が走るのもあと二週間ということになる。イベント当日は人が多く集まり騒々しくなりそうだし、あくまでもイベントであるので、あまり行く気が起きない。あとは年明けに朝の定期運用があれば、それを静かに見送ろうと思う。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
by railwaylife | 2007-12-28 10:22 | 東急8000系 | Comments(0)

寝台急行銀河の思ひ出

f0113552_2336364.jpg

 去る12月20日、JR各社から2008年春のダイヤ改正に関する正式発表があり、一部の新聞報道通り、寝台特急「なは」「あかつき」と寝台急行「銀河」の廃止、寝台特急「北斗星」「日本海」の一往復運転取り止めが現実のものとなった。これでブルートレインが大幅に削減されることになる。

 事前の新聞報道がなく、いきなりJRの正式発表を目にしていたらこの日の衝撃は相当なものであっただろうが、実際には「あぁ、やっぱり新聞報道の通りだったな」という落胆だけで何とか済んだ。

 ところで、今回廃止となるブルートレインの中で、最も身近な列車は東京発大阪行きの寝台急行「銀河」である。この「銀河」には二度ほど乗ったことがある。いずれも真冬のことで、関西方面の寺社めぐりへ出かけるときであった。

 寝台急行「銀河」での思い出といえば、その車窓風景に満天の星空を見たことである。東京を23時00分に発ってから一時間余り、眠れずに寝台から窓外の景色を見つめていると、空に無数の星が瞬いているのを目にした。小田原を過ぎた辺りのことであった。列車名は「銀河」といっても、大動脈東海道本線を走る列車であるから、沿線には満足に星の見えるところすらないのではないかと思っていたが、東京から意外と近いところで、美しい星空を見ることができた。

 そんな思い出のある「銀河」に揺られて、いま一度関西方面の寺社めぐりに出かけたかったが、残り三ヵ月足らずの間にそのような機会は得られそうにない。後はただ、新たな時代の夜明けにまみれて消え行く「銀河」を見送るだけである。

寝台急行「銀河」 東海道本線東京駅にて 2003.1.3



にほんブログ村 鉄道ブログへ
by railwaylife | 2007-12-24 23:37 | 寝台特急 | Comments(0)

京都にて

 週末、私たち夫婦と、友人夫婦の計四人で京都への旅に出かけた。

 京都という目的地もさることながら、何より旅に出られることが嬉しかった。特に今年は、神奈川県の根府川以西には足を踏み入れていないという惨憺たる状況だったので、東海道新幹線で西へ旅立つことが、この上ない歓びであった。行きの新幹線で、私は食い入るように車窓を見つめていた。私が東京にへばりついて悶々としている間にも、そこには変わらぬ風景があった。色付いた山並があった。今年の営みをすでに終えた寒々しい田圃があった。緑の色褪せた茶畑があった。紺碧の富士川の流れがあった。青く深く沈む浜名湖があった。冷え冷えとして雲の低く垂れ込める関ヶ原があった。そして、冬の青空の広がる京の街並があった。

 京都に着いてからは、美味しいものを存分に堪能し、寺社めぐりに浸り、買い物を楽しんだ。

 そんな中、皆で出かける前の朝、ちょっとだけ早くホテルを独り抜け出し、京都駅へ向かった。目的は、上り寝台特急「なは」「あかつき」の到着を見届けることにあった。西へ来なければ見ることのできない列車である。そして、新聞の報道によれば両列車は来年三月での廃止が決定しているという。廃止までの間に見届けるのは、この機会しかないと思い、朝の京都駅へ歩を進めた。

 関西と九州を結ぶ寝台特急は、ブルートレインに憧れ始めた幼い頃は、乗ることはおろか見ることも叶わぬ列車であった。それでも成長してから関西を旅するようになると実際目にするようにもなったし、三年前にはついに「なは」への乗車を果たすこともできた。東京から九州へ向かう寝台特急よりは遠い存在ではあるものの憧れの寝台特急であることには変わりなかった。そんな関西と九州を結ぶ寝台特急に会う最後の機会である。


 冬の朝日が白く白く光る中、終着にふさわしい堂々たる京都駅0番ホームに、寝台特急「なは」「あかつき」は静かに入って来た。九州管内でのダイヤ乱れの影響を受け、約三十分遅れての到着であった。先頭の機関車には「なは」の青と「あかつき」の赤が誇らしげに輝いていた。
f0113552_14481631.jpg

 機関車を見てから、ホーム後方へ向かい、青き車体を眺めて行った。機関車の後ろは「あかつき」の車両である。東京発長崎行きの寝台特急「さくら」なき今、唯一長崎へと向かう寝台特急だ。私はまだ鉄道で長崎へ行ったことがない。だから初めて鉄道で長崎へ向かうときは寝台特急で乗り込むんだという夢を持っていたが、その夢もはかなくついえそうだ。
f0113552_14484994.jpg

 「あかつき」の後ろには「なは」の車両が続く。この列車で、西鹿児島まで行ったときの思い出がよぎる。
f0113552_1449626.jpg

 それにしても「あかつき」の車両も「なは」の車両も、傷みが激しい。ぼろぼろの車体である。超近代的な京都駅のホームに似つかわしくないというギャップを感じるより、何かいたたまれない気持ちでいっぱいになってくる。寝台特急が廃止になることはこの上なく寂しいが、もうこれ以上生き恥をさらしてほしくないという気さえしてくる。見ているこちらがつらくなってきた。

 跨線橋へ向かうエスカレータに乗って、0番ホームを後にする。最後に、連なる青き車体の屋根を上から見送った。

 さらば、寝台特急「なは」、さらば寝台特急「あかつき」。


寝台特急「なは」「あかつき」 東海道本線京都駅にて 2007.12.15



にほんブログ村 鉄道ブログへ
by railwaylife | 2007-12-17 14:57 | 寝台特急 | Comments(2)

引退記念ヘッドマーク

f0113552_1415016.jpg

 今日から、東横線8000系の1編成にヘッドマークが取り付けられたというので、冷え込んだ朝、近所の踏切まで8000系を見に行った。

 ヘッドマークは小さく、電車が近付いて来るまでよくわからなかった。ヘッドライトの上にちょこんと付いたマークには「さようなら」の文字が見えた。8000系への想いが込められているように思えた。また、最後尾には「引退」と書かれたマークも付いていた。いよいよその「引退」のときが来た。

 電車を見送ってから、寂しさと寒さに身を縮めながら線路際を後にした。


東急8000系 東急東横線 都立大学駅~自由が丘駅にて 2007.12.17



にほんブログ村 鉄道ブログへ
by railwaylife | 2007-12-17 14:04 | 東急8000系 | Comments(2)

8000系最後の日々

f0113552_19162940.jpg

 東横線の8000系を淘汰すべく導入される5000系の2編成のうち、1編成はすでに田園都市線で試運転を始めているという。年内には8000系のうち1編成と交代するのではないだろうか。そしてもう1編成の5000系は、いよいよ明日製造元の東急車輛から東急電鉄へ向かってくるはずだ。

 東横線で8000系が見られるのも、あともうほんのわずかだ。最後まで見届けたいが、いつが最後なのかは判然としない。だから東横線8000系を目にするのは私にとってこれが最後になるかもしれない。今日はそんな想いで、ファインダーの中の車両を見つめた。


東急8000系 東急東横線 都立大学駅~自由が丘駅にて 2007.12.10



にほんブログ村 鉄道ブログへ
by railwaylife | 2007-12-10 19:21 | 東急8000系 | Comments(0)

大井町線新型

f0113552_1436863.jpg
 今日は久々に大井町線の8000系を撮りに行った。しかし、あえなく失敗してしまった。直前に撮った8500系ではうまくいっていたが、その後少し場所を変えたのが良くなかった。

 先日登場した池上線・多摩川線用7000系に続き、今度は大井町線にも新型車両が導入される予定である。来年春からの急行運転に対応した6両編成である。今月の下旬には東急へやって来るようだ。

 以前、駅のポスターでその新型車両のイメージ図を見たことがある。先頭の形状が尖った流線型になっており、車体側面には「く」の字型のラインが幾筋も入っていた。斬新なものである。先に登場した7000系がほぼイメージ図通りの姿であったから、大井町線の車両もその通りとなるのであろうか。また、カラーリングは写真の8500系のような、赤色と黄色のグラデーションになるのであろうか。ただ、田園都市線内での誤乗防止用に貼ってある、路線の名前を表記したステッカーは格好悪いので貼らないでほしいものである。 


東急8500系 東急大井町線 上野毛駅~二子玉川駅にて 2007.12.8



にほんブログ村 鉄道ブログへ
by railwaylife | 2007-12-08 14:41 | 東急8000系 | Comments(0)