<   2007年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

鳥海!あさかぜ!

f0113552_22332099.jpg

 列車で何処か遠くへ行きたいと想っても叶わぬときは、遠くへ行く列車か遠くから来る列車を眺めに行く。今日は久しぶりに上野駅へ寝台特急「北斗星」の到着を眺めに行った。

 11時19分、13番ホームに札幌からの「北斗星」4号が到着した。機関車を眺めた後、青い車体に吸い寄せられるようにして後方の客車へ向かった。電源車に続く11号車を眺める。ふと方向幕を見ると、少しおかしい。
f0113552_22334969.jpg

 上野という行き先は合っているが、特急の名前が「鳥海」になっている。これは昔あった寝台特急だ。嬉々としてくる。経由が「上越・羽越 奥羽線経由」と記載されているのも良い。今の寝台特急「あけぼの」と同じルートである。かつて、上野から秋田方面への寝台特急が一本に統合されるときに「鳥海」が「あけぼの」になったという歴史がある。きっと「あけぼの」が寝台特急として由緒ある愛称だから残されたのだろうが、経由地を考えると鳥海山の名を採った「鳥海」の方がしっくり来るように思う。また、特急列車として勇ましい気がする。

 そんな感慨にふけりながら10号車へ向かうと、この車両の方向幕は正しく「特急北斗星 上野」となっていた。しかし、次の9号車に来てまた驚いた。
f0113552_2234972.jpg

 今度は特急の名前はおろか、行き先も違っていた。方向幕の表示は「特急あさかぜ 東京」である。この「あさかぜ」も今は亡き寝台特急であるが、私が幼い頃から最も気に入っていた寝台特急である。方向幕が正しく表示されていないことを喜んではいけないのだろうが、私はただ嬉しくて言葉も見つからなかった。

 東京から下関・博多を結んでいた「あさかぜ」にはかつて、この「北斗星」ほどではないにせよ、豪華な個室寝台客車や食堂車が連結されていた。この方向幕は、それを彷彿とさせてくれるものであった。いや、寝台特急「あさかぜ」もこの「北斗星」くらい豪華な編成であってほしかった、と私は思った。


 お昼を過ぎてから、上野駅には「夢空間・北斗星トレインクルーズ」の列車が到着した。JR東日本発足20周年を記念して企画された、豪華なツアーに使用されている列車である。これに連結されている特別車両「夢空間」には超豪華な個室や食堂がある。内装は有名百貨店が担当したものだという。
f0113552_2235743.jpg

f0113552_2234327.jpg

 もう二十年近く前、この「夢空間」がデビューしたときには、いずれ九州行きの寝台特急にもこれくらい豪華な車両が連結されるのだろうな、と私はひそかに期待していた。当時は特急列車に「スーパー」を冠するのがはやっていたから、きっと「スーバーあさかぜ」なんていうのもできるかもしれないと思っていた。しかしその後、編成が豪華になることもなく、寝台特急「あさかぜ」は廃止となってしまった。文字通り「夢」であった。

 この「夢空間」の設備は、現在の寝台特急「カシオペア」に受け継がれているというが、どうも「カシオペア」にはさほど興味が湧かない。やはり、青くないせいだろうか。

寝台特急「北斗星」「夢空間北斗星」 東北本線上野駅にて 2007.10.9



にほんブログ村 鉄道ブログへ
by railwaylife | 2007-10-09 22:39 | 寝台特急 | Comments(0)

目黒線変遷

f0113552_23263711.jpg

f0113552_2326599.jpg

f0113552_23271942.jpg

 東急目黒線が目黒線という名前になったのは、わずか七年前のことである。その前は目蒲線という名前で、目黒駅と蒲田駅を結ぶローカルな路線であった。それが地下鉄南北線・三田線の延伸開業を機に地下鉄と相互乗り入れを行うようになり、東横線の複々線化事業ともあいまって、目黒駅と武蔵小杉駅を結ぶ路線となった。

 写真は目黒線となる直前の目蒲線電車である。ちょうど過渡期で、奥沢駅の電留線にはすでに新鋭3000系の姿も見えるが、このときまで目蒲線には、四両編成のくたびれた電車がのんびりと走っていた。特に洗足駅から不動前駅までは地下化の工事真っ最中であり、雑然とした工事区間をゆるゆると走るのが目蒲線らしかったものである。

 そんな路線が、都心を南北に貫く二路線とつながった。七年前、直通運転開始の当日、私は三田線から目黒線直通の武蔵小杉行き電車に乗った。三田駅から新線区間に入り、白金高輪駅、白金台駅、目黒駅を経て、電車が目黒線の地上区間に出たときは、えらく感動したものである。そして田園調布駅付近で、東横線の電車と南北線や三田線の電車が並走するのを目の当たりにしたときは、信じがたい光景だと思った。

 そんな並走風景も今ではすっかり見慣れ、目黒線には急行まで走り始めた。不動前駅から洗足駅までの間も地下化され、電車は高速で地下区間を突っ走っている。目黒線に乗り入れてくる三田線の電車は地下鉄では東京最北端の西高島平駅まで、南北線の電車は埼玉高速鉄道に乗り入れて埼玉県さいたま市の浦和美園駅まで直通している。神奈川県川崎市にある武蔵小杉駅から、東京都を挟んで一都三県を走破する電車の走る路線だ。そして来年には日吉駅まで延伸される予定である。目黒線は大発展した。

 そんな目黒線を今、私はまた新たな気持ちで見つめ直している。
f0113552_23273885.jpg

f0113552_23275614.jpg

1・2・3枚目 東急目蒲線奥沢駅 2000.7.21
4・5枚目   東急目黒線奥沢駅 2007.10.5



にほんブログ村 鉄道ブログへ
by railwaylife | 2007-10-06 23:31 | 東急目黒線 | Comments(0)

秋空

f0113552_19551881.jpg

 10月に入って東京では、日差しが出てもいくらか過ごしやすくなってきた。空も少し高くなった気がする。ようやく秋を感じられるようになった。

 季節感に乏しい都会の風景の中ではあるが、線路端にまた、秋を探していきたいと考えている。
f0113552_1955526.jpg


東急大井町線 自由が丘駅~緑が丘駅にて 2007.10.5



にほんブログ村 鉄道ブログへ
by railwaylife | 2007-10-05 19:58 | 東急8000系 | Comments(0)

目黒線-新しい風景

f0113552_19501735.jpg

f0113552_19504649.jpg

 心の病を背負って休業した夏が過ぎ、先月から少しずつ仕事に復帰したものの、状態は良い方向へ進まなかった。そこで再び休業に入った。そして、今の職場にはもう戻らないと決断した。

 通勤に使っていた東急東横線、大井町線、目黒線のうち、東横線と大井町線は生活路線のようなものだから乗るのに特に感慨はなかったが、通勤以外であまり使わない目黒線に乗るときは、苦痛そのものであった。

 その車窓には、仕事の悲喜こもごもが塗り込められていた。また、昨年より乗車区間の多くが地下となってからは、闇の車窓が息苦しく思えた。都営6300系の甲高い走行音、東急3000系の低い唸り声、などが疎ましく感じられた。

 だが、そんな過去の風景を捨て去ることで、新しい風景が得られる。通勤路線ではない東急目黒線に、これから新しい風景を探そうと思う。
f0113552_1951570.jpg

 目黒線に花束を・・・。


東急目黒線 奥沢駅~田園調布駅にて 2007.10.5



にほんブログ村 鉄道ブログへ
by railwaylife | 2007-10-05 19:53 | 東急目黒線 | Comments(0)