カテゴリ:東海道本線( 55 )

後追いの橋梁

 上淀川橋梁の撮影地というと、大阪駅方のたもとが有名のようだ。

 トラスのない下り線を正面から捉えられるためである。寝台特急「トワイライトエクスプレス」の有名撮影地でもあった。

 私が行ったこの新大阪方のたもとは、トラスのない下り線を後追いで捉えることになる。だから、有名な撮影地にはならないのだろう。
f0113552_23153686.jpg
 でも、こういう夕暮れ時に撮るには、どこか物悲しい尾灯を見送ることができるので、こちら側の方がいいんじゃないかな、と思った。


JR西日本207系電車 東海道本線新大阪駅~大阪駅にて 2018.7.15
by railwaylife | 2019-08-15 23:20 | 東海道本線 | Comments(0)

上淀川橋梁

f0113552_23220808.jpg
 東海道本線の上淀川橋梁を新大阪方の上流側から眺めてみると、私が普段よく行く東海道新幹線・品鶴線多摩川橋梁に似ている気がした。多摩川橋梁を、西大井方の下流側から眺めたときと、雰囲気がそっくりであった。

 もっとも、細かに言えば違いはある。

 多摩川橋梁が複々線であるのに対し、上淀川橋梁は複々々線である。トラスのある橋梁が、多摩川橋梁は手前であるのに対し、上淀川橋梁は奥である。でも、そういうところを挙げていたらきりがない。似ているという雰囲気を楽しめばいい。上淀川橋梁の対岸にある梅田のビル群は、さながら多摩川の対岸の武蔵小杉の武蔵小杉の高層建築群のようであった。

 そんな上淀川橋梁を多摩川橋梁に見立てれば、普段はE217系やE231系が走っているところに225系や223系がやって来る。本来E259系特急「成田エクスプレス」がやってくるところに特急「はるか」がやってくる。そんな違和感を楽しめばいいだけであった。


JR西日本225系電車 東海道本線新大阪駅~大阪駅にて 2018.7.15
by railwaylife | 2019-08-12 23:25 | 東海道本線 | Comments(0)

夕暮れ225系

 ある車両が馴染みになるためには、その車両を何度も利用することも大事だが、その車両をさまざまな風景の中で目にすることも大事だと思っている。

 昨夏の大阪では、夕景の中であまり馴染みでない関西の車両を目にすることができた。
f0113552_22232003.jpg
 この車両が私の馴染みになって行くための大事な風景になった。


JR西日本225系電車 東海道本線新大阪駅~大阪駅にて 2018.7.15
by railwaylife | 2019-08-11 22:30 | 東海道本線 | Comments(0)

川を渡るこうのとり

 東海道本線の長い下淀川橋梁に、短い列車が現れた。
f0113552_00014947.jpg
 福知山線経由で大阪と北近畿とを結ぶ特急「こうのとり」だ。

 長い橋梁にさしかかると、余計に短く見えた。まるで本物のこうのとりが、大きな淀川を懸命に渡って行くような場面であった。


梅田スカイビルにて
JR西日本287系電車
特急「こうのとり」
8号 東海道本線大阪駅~塚本駅にて 2018.7.14
by railwaylife | 2019-07-26 00:05 | 東海道本線 | Comments(0)

東海道本線は二度淀川を渡る

 記事のタイトルを付けてみて、昔あった映画のタイトルみたいだと思ったが、文字通り東海道本線は大阪駅を挟んで二度淀川を渡っている。

 川が蛇行している所為かと思っていたが、地図を見ると蛇行しているのは線路の方であった。大阪駅を底辺に、アルファベットのUの字のように線路は敷かれている。そして、Uの両方の横棒の途中でそれぞれ淀川を横切ることになる。

 その淀川にかかる二つの橋梁のうち、新大阪駅と大阪駅の間の橋梁を上淀川橋梁といい、大阪駅と塚本駅の間のこの橋梁を下淀川橋梁というそうだ。
f0113552_23335367.jpg
 大阪駅という大きな節目を発った列車が、西へ向け改めて旅立って行く。そんな場面で渡るのがこの下淀川橋梁である。


梅田スカイビルにて
JR西日本221系電車 東海道本線大阪駅~塚本駅にて 2018.7.14
by railwaylife | 2019-07-23 23:35 | 東海道本線 | Comments(0)

秋のグリーン車

 いつの頃からか、秋の紅葉の季節はただ忙しいだけになり、紅葉を眺める旅に出ようと思うことさえなくなってしまった。以前は熱心に見ていたネットの紅葉情報も、今ではまったくと言っていいほど見ない。

 でも、こうやってグリーン車が色付いた木々の葉をかすめていくさまを目にしたとき、ふと紅葉の旅のことが想われた。
f0113552_16480192.jpg
 いつか、グリーン車にでも乗って、紅葉を眺める旅に出ることができたらいい。


JR東日本E231系電車 東海道本線品川駅~川崎駅にて 2018.11.18
by railwaylife | 2018-12-02 17:00 | 東海道本線 | Comments(0)

サザンカ越し

f0113552_20523994.jpg
 久しぶりに、季節の花が線路際に咲いているのを眺めることができた。

 年が残りわずかとなり、せわしなさと寒さが次第に募ってゆく季節に、この花は街のあちこちで咲き揃ってきている。

 それが、慌ただしい今の時期のわずかな楽しみである。


JR東日本E231系電車 東海道本線品川駅~川崎駅にて 2018.11.18
by railwaylife | 2018-11-25 21:00 | 東海道本線 | Comments(0)

ちょこっと富士 ふじかわ編

 興津駅から清見寺までぶらぶらと歩き、寺に参詣してからまた同じ道をぶらぶらと興津駅まで戻った。

 駅が見えてくると、ちょうど特急「ふじかわ」が通過する時刻となっていた。

 それで、興津駅に降り立って最初に眺めた「ちょこっと富士」と同じ風景に、その特急「ふじかわ」をあてはめてみた。
f0113552_22442291.jpg
 わずかに見える頂を背に走り去る「ふじかわ」を見送ったとき、これからこの列車の車窓に大々的に広がる富士山の眺めが想われた。


駿河路の春
JR東海373系特急「ふじかわ」5号 東海道本線清水駅~興津駅にて 2014.3.23



 さて、これで三年前の駿河路で見た風景の掲載はおしまいである。このときから三年、駿河路を列車で通り過ぎたことは何度かあるが、列車を降り立ったことはない。また機会があれば、駿河路をのんびりと旅してみたいものである。
by railwaylife | 2017-03-21 22:50 | 東海道本線 | Comments(0)

東海道沿線で想うこと

f0113552_22314940.jpg
 東海道本線の風景を車窓から眺めたり、沿線を歩いたりしたときにいつも想うことがある。

 それは「この場所もブルートレインに乗って通ったんだな」ということである。

 何か思い入れのある場所だったり、特別に目につくもののある車窓だったりしなければ、ブルートレインに乗ったときの記憶としては残らない。でもどの場所も、ブルートレインに乗って通ったことは確かである。

 そのときの自分が、今はただただ羨ましく思える。


駿河路の春
JR東海313系電車 東海道本線興津駅~清水駅にて 2014.3.23
by railwaylife | 2017-03-21 22:35 | 東海道本線 | Comments(0)

折り返し列車

 興津の清見寺付近で東海道本線を眺めていると、けっこう電車の運転本数が多くて、それを見たり撮ったりするのがなかなか忙しいものであった。

 というのも、静岡方面からやって来る列車の何本かは興津行きで、興津駅からすぐにまた静岡方面へ折り返して来るからである。

 そんな興津折り返しの列車は、興津駅に到着する前の上り列車のうちからすでに折り返し後の静岡以遠の行先を表示していた。きっと、一つ手前の清水駅を発車したあたりで行先表示幕の変更が行われるのだろう。

 その行先表示を見ていると、いったい自分が今どこにいるのか、よくわからなくなってくるものであった。上り列車も下り列車も、静岡以遠の行先を表示していたからである。

 でも、そんな不思議な感覚になれるのも、この興津駅近くならではのことだったと思う。
f0113552_21535458.jpg
f0113552_21540749.jpg

駿河路の春
JR東海211系電車 東海道本線興津駅~清水駅にて 2014.3.23
by railwaylife | 2017-03-20 22:00 | 東海道本線 | Comments(0)