カテゴリ:JR九州( 12 )

白いかもめ


f0113552_22201660.jpg
 長崎新幹線という路線が計画されている。九州新幹線の新鳥栖駅から長崎駅までの整備新幹線だ。東京に住む私からすれば、この区間に新幹線が必要なのかと首をかしげてしまう。現在の新幹線終着駅博多から長崎までは150キロ余り、現行在来線の特急「かもめ」でも2時間余りの区間である。国の財政赤字に伴う公共工事の削減、地球温暖化防止のための自然破壊抑止が叫ばれて久しいのに、まだ新幹線を作るのか、という疑念は深い。以前に地下鉄の国会議事堂駅辺りの広告で長崎新幹線建設推進の広告を目にしたことがあるが、その広告の違和感といったらこの上ないものであった。

 そんな中、地元でも新幹線建設の反対運動が起きているという。中心になっているのが佐賀県鹿島市だ。鹿島市は現在の在来線・長崎本線の途上にあるが、長崎新幹線のルートからは外れている。新幹線が開通しても、まったく利益を受けない市である。その上、新幹線が開通すると並行在来線はJRから切り離され、第三セクター鉄道に移行されてしまう。この鉄道の経営負担が地元の自治体に押し付けられることにもなる。
 今日、その鹿島市の市議会で、市長が新幹線建設反対の立場から「白いかもめを絶滅させてはならない」と述べたという。現行の在来線特急「かもめ」は、白いボディから「白いかもめ」と呼び習わされている。その在来線特急を廃止させないという決意を表した言葉のようだ。
 そんな市長の言葉がインターネットのニュースに載っていた。鉄道関係のニュースに目がない私としては、こういう話題がすぐ目に付く。そこで改めて長崎新幹線について考えさせられた。
 最初に述べたような理由で、私個人としても、長崎新幹線の建設は容認できない。これは長崎に限らず、すでに建設中の北陸新幹線や北海道新幹線にも同じことが言える。
 新幹線が開通することにより、並行する在来線はJRの経営から切り離され、路線は分断されてしまう。JRの路線と分離された第三セクター鉄道の間には、直通列車もなくなってしまう。そして、線路自体はつながっているものの、長大な幹線が事実上途切れることにもなる。これまでに信越本線、東北本線、鹿児島本線が分断されている。そのために、東北本線の寝台特急「はくつる」が廃止され、鹿児島本線の寝台特急「なは」は区間短縮された。
 先日の国鉄型車両の話題でも触れた通り、日本各地に線路がつながっていることが重要だ。遥か遠き地への想いをなし、まだ見ぬ地を夢見る。そこに鉄道への憧れがある。そして、そうした場所まで直通する列車があれば、なおさら想いは深まる。見知らぬ土地の香りを運んできてくれるからだ。
 だがすでに、東京から長崎まで直通する列車はない。二年前に東京-長崎間の寝台特急「さくら」が廃止されてしまっている。ブルートレインファンの私からすれば、非常に悲しいことであった。

 今日、鹿島市長の発言を目にしたとき、私はひそかに思った。

 「鹿島市よ、白いかもめを絶滅させるな、そして青いさくらを再び咲かせてくれ!」と。

 新幹線の建設は地元に、地域の雇用を促進することと、中央との密接な結び付きを深めるという効果があると言われている。しかし、速く中央に到達できれば良いというものではない。しっかりと、着実に中央と結び付くことが必要だ。そういう意味でも、東京から長崎への直通列車は貴重な存在だったと思う。
 だが、寝台特急「さくら」の復活なんて、長崎新幹線の開通より現実味のないことだ。ブルートレイン好きの戯言だろう。それでも新幹線より、国の財政にも地球環境にも優しいことは確かだ。

写真は「白いかもめ」ことJR九州885系電車 2006.7.16 博多駅にて
by railwaylife | 2007-03-02 22:26 | JR九州 | Comments(0)

博多駅

福岡二日目、午前中、一人で博多駅に行ってきた。博多駅は九州各方面へ向かう特急列車であふれている。それを眺めるのが目的だ。

特急「リレーつばめ」
f0113552_1501529.jpg


特急「かもめ」
f0113552_1503430.jpg


最大の目的はこれだ。特急「はやぶさ」
f0113552_1505378.jpg


 東京から夜通し駆けて来たのだと思うとジンと来る。ようやく私は東京と福岡の距離を実感し、遠くへ来たのだということを認識することができた。そして、東京と博多が線路でつながっていることも確かに感じた。

 その後も次々と特急を見送った。色とりどりの列車が各地へ向けてひっきりなしに発車してくさまは、むかしむかしの上野駅を思わせる。しかし、幼い頃に憧れた絵入りヘッドマークを掲げた列車はもはや一つもない。残念だ。

最後に特急「ソニック」を眺める。
f0113552_1511338.jpg


特急「ソニック」の向かう大分はぜひ行きたいところだ。そのうち、この福岡を足場にして大分へ出かけたい。

 午後は美味しいものをいただき、土産を買って、夜の便で帰京した。
by railwaylife | 2006-07-16 23:50 | JR九州 | Comments(0)