カテゴリ:215系( 21 )

ホリデー快速ビューさくら号

 ホリデー快速「ビューやまなし」号は、春のいっときだけ「ビューさくら」号になる。
f0113552_23113551.jpg
 この列車が往く中央本線沿線には、どこまでもどこまでも、桜の花が続いているだろう。

 そんないっぱいの花を、この列車の二階席の湾曲した車窓に眺めてみたい。

 どこまでもどこまでも続く花を、眺めてみたい。


2017年春の記録
JR東日本215系電車
「ホリデー快速ビューやまなし」号 中央本線勝沼ぶどう郷駅にて
2017.4.15
by railwaylife | 2017-08-28 23:15 | 215系 | Comments(0)

色付きの朝2014

 11月も半ばのこと、通勤の車窓にいつも見ている木の葉が色付いてきたので、その木のもとへ行ってみた。
f0113552_23040516.jpg
 この一年前も、二年前も、こうやって葉が色付いてきたときに訪れていた。

 それで、またこの風景が見られたというありがたさをいっぱいに感じていた。

 でも、もしかしたらもう来年は見られないかもしれない、今年が最後かもしれない、という少しの覚悟も感じながら、この風景をじっと見送っていた。


JR東日本215系電車 山手貨物線渋谷駅~新宿駅にて 2014.11.16
by railwaylife | 2015-12-19 23:05 | 215系 | Comments(0)

シャクナゲを往く2014

 四月の半ばにかけて桜の花が散っていくうち、早くもシャクナゲやツツジが咲き出す。

 ずいぶん早いなあと思うが、季節は待ってくれず、先へ先へと進んでゆく。

 そんな季節の流れを一瞬でも止めるべく、この瞬間を咄嗟に捉えてみた。
f0113552_23351180.jpg

JR東日本215系電車(回3495M) 山手貨物線渋谷駅~新宿駅にて 2013.4.9
by railwaylife | 2014-06-04 23:40 | 215系 | Comments(0)

雨上がりの桜

 雨上がりの朝の桜花も、嫌いではない。

 雨に濡れてしっとりとした花が暗い空の下で重みを増している。それでも、桜色の鮮やかさはある。

 そんな花を、いつもの回送列車がかすめて行った。
f0113552_23195821.jpg

JR東日本215系電車(回3495M) 山手貨物線渋谷駅~新宿駅にて 2013.4.4
by railwaylife | 2014-05-31 23:20 | 215系 | Comments(0)

花の盛りに

 昨年は、花は盛りだが天気の悪い日と、天気は良いが花が散り始めていた日に眺めていた気がした。

 それで今年は、花が盛りで天気の良い日にこの場所のこの列車を眺めてみた。
f0113552_231755.jpg

 こうして、毎朝ほぼ同じ時刻に通る列車が作り出すさまざまな風景を、これからもここで眺めていきたい。


JR東日本215系電車(回3495M) 山手貨物線渋谷駅~新宿駅にて 2014.4.2


関連記事
白には白 2
散り始めても

by railwaylife | 2014-05-30 23:50 | 215系 | Comments(0)

色付きの朝2013

f0113552_22404044.jpg

 去年も同じ時期に同じ場所で同じ列車を同じように眺め撮っていたような気がした。それで、過去の記事を調べてみるとたしかに似た風景が載っていた。

 でも、それで良かった。

 一年経って、同じ場所で同じ風景が眺められる。そのありがたさを想うときであった。


215系電車回3495M 山手貨物線渋谷駅~新宿駅にて 2013.11.22
by railwaylife | 2013-12-16 22:45 | 215系 | Comments(0)

台風一過の朝

 最近は台風が過ぎ去っても台風一過の晴天がないと以前に嘆いていたことがあったが、今朝の台風一過の晴天は見事なものであった。まさに雲ひとつない青空であった。一つくらい雲があってもいいのにと思うくらい、何もない青空であった。

 ただ、そんな空が連休明けの平日朝にあることが恨めしく思えた。

 それでも、通勤の途中にちょっと寄り道をして、その空がある「いい風景」を見ていこうと思った。



 青空を眺めるのだから、空の広く見える場所がいい。そう考えたけれども、なかなかこれという場所が思い浮かばなかった。

 それで結局、よく行く場所で、よく見る列車を見送ることとなってしまった。
f0113552_22555620.jpg

 結局この場所になってしまったなあと悔やむ気持ちもあったけれど、この場所でまた一つ新しい季節の新しい風景を得られたというのは嬉しいことであった。


215系電車(回3495M) 山手貨物線渋谷駅~新宿駅にて 2013.9.17
by railwaylife | 2013-09-17 23:00 | 215系 | Comments(0)

イチョウ215

 イチョウの木は、黄葉のときばかりに見るものではない。

 新芽の頃もまた、黄葉のときと同じくらいに、いや黄葉のとき以上に、足を止めてじっと眺めたくなるものである。

 その、心に染み入るような新しい緑を、215系電車がかすめてゆく。
f0113552_2355430.jpg

215系電車(回3495M) 山手貨物線渋谷駅~新宿駅にて 2013.4.23
by railwaylife | 2013-05-21 23:10 | 215系 | Comments(0)

散り始めても

 この春、桜が咲いてから何度も訪れたその公園には、花が散り始めてからも出かけた。
f0113552_221011.jpg

 たとえ花が散り始めたとしても、まだ咲いている花はある。それなのに「もう桜はおしまいだ」などと言って見ないのは、まだ咲いている花に対して申し訳ない。

 だから、散り始めてもなお、花のある風景を楽しみたかった。

 咲き始めた花を愛でるように、満開の花に見とれるように、咲き残る花を眺めたかった。


215系電車回3495M 山手貨物線渋谷駅~新宿駅にて 2013.4.4
by railwaylife | 2013-05-15 22:10 | 215系 | Comments(0)

白には白 2

 最近は、風景の中で色の取り合わせをわりと意識するようになっている。

 たとえば、鉄道風景であれば、どんな色の車両にどんな色の背景が似合うかということである。

 そんなことを、曇り空の下に白い桜の咲く朝にも考えてみた。そして、白い花のある風景にはやはり白い顔の車両が似合うように思った。

 それで、いつも見る白い顔の車両を、白い桜の咲く公園で見送ってみた。
f0113552_2213217.jpg

215系電車回3495M 山手貨物線渋谷駅~新宿駅にて 2013.3.25

関連記事「白には白
by railwaylife | 2013-04-27 22:10 | 215系 | Comments(0)