カテゴリ:東急目黒線( 78 )

3000系の空

 こんなふうにして、広い空の下を電車が往くというさまを良く撮っている気がする。
f0113552_2327861.jpg

 ワンパターンではあるのだが、捉える電車の種類はいろいろだし、空の色や表情ももちろん違う。

 だから、飽きることなくこうしてまた同じ構図で撮っている。


東急
3000系電車(3113F) 東急目黒線多摩川駅~新丸子駅にて 2014.5.18
by railwaylife | 2014-07-28 23:30 | 東急目黒線 | Comments(0)

雲のない夕暮れ

 この日の夕暮れ時は、空に雲が全くなかった。
f0113552_23393045.jpg

 だから、夕暮れの空は無表情に見えた。

 やっぱり、夕暮れの眺めは雲があってこそ、その日その日の表情が出るものだと思った。


東急
3000系電車 東急目黒線多摩川駅~新丸子駅にて 2014.5.9
by railwaylife | 2014-07-08 23:45 | 東急目黒線 | Comments(0)

目の前の桜

 ある場所の桜花が、いつが一番見頃で、いつが一番綺麗に見えるかなんていうことはわからない。仮にわかったところで、その一番良い眺めのときに自分がその場所へ行けるかどうかもわからない。
f0113552_23304312.jpg

 例えばこの多摩川橋梁近くの桜花のところで、花が咲いてからずっと誰かが四六時中見張っていたとする。そして花が満開になり、しかもその背後の空が雲一つなく青く澄んだときに「今ですよ」と私に連絡してくれたとする。

 そしてそのとき、自分の抱えている公私の用のすべてを肩代わりしてくれる誰かがまた他にいて「行って来なさい」と肩を押してくれたとする。

 そんなことがあったなら、いくらでも一番良い眺めのときに見に来てやる。

 でも、現実にはそういうことがあるわけないのだから、自分が行けるときに、目の前にある花を目一杯楽しむことだ。
f0113552_2331168.jpg

東急
5080系電車(5186F5190F) 東急目黒線多摩川駅~新丸子駅にて 2014.3.29
by railwaylife | 2014-05-21 23:35 | 東急目黒線 | Comments(0)

青富士

 夕暮れ時の富士山は、青一色である。

 もはやどのくらい雪が積もっているのか、どのくらい山肌が見えているのかもわからない。
f0113552_2352423.jpg

 それでも、こうして山容を目にすることができるだけで嬉しいものであった。

 程なくしてこの山影も、空や雲もろとも夜闇に呑み込まれてしまうからである。


都営
6300形電車 東急目黒線多摩川駅~新丸子駅にて 2014.3.21
by railwaylife | 2014-03-28 23:55 | 東急目黒線 | Comments(0)

目黒線の主役

 東急目黒線は東急の路線だから、その主役はやはり東急3000系と5080系のはずである。

 しかし、目黒線に乗ったりその風景を眺めたりしてみると、圧倒的に地下鉄からの乗り入れ車両に出会う機会の方が多い。その所為で、残念ながら東急3000系や5080系の影は薄い。

 一方、目黒線と同じように地下鉄との相互直通乗り入れが行われている東横線では、地下鉄車両はもとより東武や西武の車両も乗り入れて来るというのに、東急5050系の存在感は一際強い。

 これは、車両の数の問題なのだろう。目黒線では、東急の車両よりも地下鉄の車両の方が多いのだと思う。

 そのバランスは変えようがないだろうし、これから東急の車両がさらに増えるとも思えない。

 でも、こんなところで昼寝などしていないで、せめてもう少し東急3000系や5080系の存在感を増してほしいものだと思っている。
f0113552_22545894.jpg

東急
3000系・5080系電車 東急目黒線元住吉検車区奥沢車庫にて 2013.8.31
by railwaylife | 2013-09-18 23:00 | 東急目黒線 | Comments(0)

夏の名残雲

 ここ数日、東京では秋を感じさせるような涼風が吹いている。

 猛暑、豪雨など、いろいろあった夏もようやく終わりだろうか。

 そんなことを感じさせる風である。


 そういう実感を描いたかのような雲が、空にあった。
f0113552_22553717.jpg

 夏らしい雲の姿が薄くなって、空に消え入ろうとしていた。


都営
6300形電車 東急目黒線多摩川駅~新丸子駅にて 2013.9.7
by railwaylife | 2013-09-08 23:00 | 東急目黒線 | Comments(0)

3000系の空

 東急目黒線の風景はちょくちょく眺め、撮っているような気がするけれど、そこを走る東急3000系の風景はなかなか増えない。ちょっと残念なことではある。

 この車両はそんなに編成数が少ないわけでもない。調べてみると13編成もあるという。でも、目黒線でよく目にする東京メトロ9000系や都営6300形よりは少ないだろう。ただ、同じ東急の5080系や埼玉高速鉄道の2000系よりは多いはずだが、それらの車両の方がよく見る気がする。3000系とはあまり巡り合わせが良くないのだろうか。

 何にせよ、3000系はたまにしか目にしないので、こうして3000系の風景を得られたときにはけっこう嬉しいものである。
f0113552_2362619.jpg

 その嬉しさを大切にしたいと思う。

東急
3000系電車 東急目黒線多摩川駅~新丸子駅にて 2013.7.19
by railwaylife | 2013-09-07 23:10 | 東急目黒線 | Comments(0)

三段揃え

 東急東横線・目黒線の多摩川橋梁は広い川原を直線で往くので、そこを通る電車の編成全体を撮影するには好都合な場所である。背景に空を持ってくれば、すっきりと編成写真を捉えることもできる。

 ただ、この橋梁は四本の線路が並ぶ複々線区間であり、東横線・目黒線とも運転本数がけっこう多いから、橋梁上で電車が重なることも多い。

 そういう場面になると、編成全体をすっきり撮ることは難しくなってしまう。

 でも、そうやって橋梁上で電車が併走したり行き会ったりするのもここの特徴であると思う。

 だから、こういう場面もこの場所の風景として楽しんでおきたい。
f0113552_223413.jpg

東急
5050系電車 東急東横線多摩川駅~新丸子駅にて 2013.4.14
東急3000系電車 東急目黒線多摩川駅~新丸子駅にて 2013.4.14
都営6300形電車 東急目黒線多摩川駅~新丸子駅にて 2013.4.14
by railwaylife | 2013-05-28 22:05 | 東急目黒線 | Comments(0)

たそがれの室内灯

 最近の新しい車両の窓ガラスは透明ではない。少し青みがかって見える。UVカット加工などがしてあるためなのだろう。

 それで、車内の明かりがあまり外へ漏れない。そのことは、夕暮れ時になるとよくわかる。

 それに比べ一世代前までの車両は窓ガラスにそういう加工がないので車内の明かりがよく漏れ、夕暮れ時には煌々として見える。
f0113552_23385758.jpg

 環境に優しいのかどうかはわからないが、温かみの感じられる風景だとは思う。


都営
6300形電車 東急目黒線多摩川駅~新丸子駅にて 2013.2.9
by railwaylife | 2013-04-06 23:50 | 東急目黒線 | Comments(2)

高い色付き3

 三回も載せるほどの風景ではないことはわかっている。でも、どうしても三回載せたかった。

 別に、記事の数を増やしたいとか、更新頻度を上げてアクセス数を増やしたいとか、そんな気はさらさらない。

 ただ、この高い色付きの風景を東横線の風景としてだけではなく、目黒線の風景としても掲げておきたかった。
f0113552_23491633.jpg

 そして、私が見た目黒線の風景の一つとして「東急目黒線」のカテゴリの記事に入れておきたかった。それだけである。


東京メトロ
9000系電車 東急目黒線多摩川駅~新丸子駅にて 2012.11.25


関連記事
高い色付き
高い色付き2

by railwaylife | 2012-12-25 23:30 | 東急目黒線 | Comments(0)