カテゴリ:251系( 22 )

おはようライナーの来し方

f0113552_23225282.jpg
 この「おはようライナー新宿」26号は、以前通勤途中の渋谷や新宿でよく目にしていた列車であった。

 貨物線を経由して来るだけに、この列車の来し方にはどんな風景があるのだろうとずっと思っていたが、その一つをようやく見ることができ、感慨深いものがあった。

 ただ、251系はヘッドマークがないので、通勤ライナーだとわかりにくいのはちょっと残念であった。

 ところで、この列車が走り去った直後に、となりの横須賀線の線路を湘南新宿ラインの南行電車が現れた。

 両列車とも新宿へ行くが、おそらく貨物線経由の「おはようライナー新宿」の方が断然早く着くのだろうなと思いながら見送っていた。

 あとで時刻表を調べてみると、たしかに「おはようライナー新宿」は湘南新宿ラインの列車よりも五分早く新宿に着くようになっていた。


JR東日本251系電車「おはようライナー新宿」26
東海道貨物線横浜羽沢駅~相模貨物駅にて 2016.7.7

by railwaylife | 2016-09-27 23:30 | 251系 | Comments(0)

雨のSVO

 雨の中、東京駅を発つ特急「スーパービュー踊り子」号を見送った。
f0113552_22552514.jpg
 こんなときに想うのはやはり、この列車がやがて通る早川、根府川あたりの風景である。

 こういう天気だと、車窓に広がる海原は曇った空と同化し真っ白になっていることだろう。そしてその手前に広がる緑が、表情を暗くしているに違いない。でも、そんな緑の中に、ぽつりぽつりと紫陽花が色を添えているだろうか。

 いつかまた、そんな風景を眺めてみたい。


JR東日本251系電車
特急「スーパービュー踊り子」
7号 東海道本線東京駅にて 2016.6.13
by railwaylife | 2016-08-22 23:00 | 251系 | Comments(0)

251系桜ラッピング

f0113552_23115413.jpg
 この写真は、私にとってはこの場所での定番の撮り方である。もう何度もここでこうして桜と列車の写真を撮ってきた。

 でもこの春は、この車両をどうしてもこの風景の中で見送りたいと思っていた。

 そんな念願の場面を捉えてから、伊豆へと旅立ってゆく列車を見送った。

 車内にいくつも見えた乗客の顔はみな、笑顔であった。ここは、始発駅の新宿を発ってから初めて車窓いっぱいに桜の花が広がるところだからであろう。



 ところで、この251系はこの春、車体の側面に桜のラッピングを施していた。

 伊豆の河津桜をPRするためのラッピングであったと思うが、結局私はそのラッピングを写真に撮ることがなかった。

 私にしてみれば、ここに掲げた写真の風景そのものが「251系桜ラッピングトレイン」だと言える。


JR東日本251系電車
特急「スーパービュー踊り子」
3号 山手貨物線渋谷駅~新宿駅にて 2015.3.31
by railwaylife | 2015-06-11 23:30 | 251系 | Comments(0)

曇天251

 せっかくお盆休みの始まったところなのに、伊豆へと旅立つ251系特急「スーパービュー踊り子」号の上に広がる空は、何ともどんよりしたものであった。
f0113552_2349935.jpg

 これでは、やがて車窓に見えてくる相模の海も暗い灰色に沈んでいるのだろうなとふと思った。

 でも、そんな灰色の海でさえ車窓に眺めてみたくなった。

 このところ、久しく東海道本線を下っていないからである。


JR東日本251系電車
特急「スーパービュー踊り子」
3号 山手貨物線渋谷駅~新宿駅にて 2014.8.9
by railwaylife | 2014-10-27 23:50 | 251系 | Comments(0)

秋トラス

 秋になってから、しばらく東横線の代官山-渋谷間の旧地上区間沿線を歩いていなかった。

 それで、久しぶりに先月の終わりに行ってみた。

 だいぶ様子が変わっているのだろうなと思いつつ、代官山駅から恐る恐る歩いて行った。

 すると案の定、渋谷1号踏切先の崖に沿うあたりはだいぶ整地が進んでいた。線路や構造物が取り払われると見通しが良くなり空間が増える。それが虚しく感じられた。

 さらにその先の、JR線に架かるトラス橋梁ももはや取り払われているのではと心配になってきたが、幸いなことに橋梁はまだあった。

 くすんだ秋の空の下に、橋梁はまだあった。
f0113552_22124942.jpg

 しかし、代官山側はこうして接続部分が完全に取り払われ孤立した状態である。こうなるともう、橋梁でもなんでもない。街中のオブジェのように感じられた。

 そのオブジェをJRの列車がくぐって行くさまはいつまで見られるのだろうか。
f0113552_22131398.jpg

 そんなことを思いながら、この風景を見送っていた。



251系「おはようライナー新宿」26
山手貨物線恵比寿駅~渋谷駅にて 2013.10.24

by railwaylife | 2013-11-17 22:20 | 251系 | Comments(0)

色付いてきた街

 立冬を過ぎ、季節の歩みが遅い東京都内でも少しずつ木の葉が色付き始めた。

 わずかではあるけれども、風景が変わり始め、季節が目に見えて進んでいくことを嬉しく思う。
f0113552_18381374.jpg

 ところで、以前は毎年この時期になるとネットの紅葉情報を熱心にチェックしていたものだが、ここ数年はほとんど見なくなった。

 紅葉で大事なことは、いいかにいい場所で、いかにいい色付きを眺めるかではないと考えるようになったからである。

 たとえわずかな色付きでも、たとえ色付きが美しくなくても、自分が四季を通してその変化を見続けてきた場所の木々が色付く。そのかけがえのなさを、何よりありがたく思いたい。

 そんな想いで今年も、晩秋の日常の風景を胸に刻んでいきたいと思っている。



251系「おはようライナー新宿」26
山手貨物線渋谷駅~新宿駅にて 2013.11.8

by railwaylife | 2013-11-10 18:40 | 251系 | Comments(0)

紫陽花列車2012 29 紫陽花251

 いつの頃からか、251系という特急車両を熱心に眺めるようになった。

 それは、2010年に実際に乗車したことがきっかけになっていると思うが、日常の中でわりと頻繁に目にするということも、この車両に親しみを持つようになった理由の一つだと思う。山手貨物線などで見かける機会が多い車両である。

 そんな私の日常に現れる車両が、憧れの相模へとつながっている。そこが実は、この車両を熱心に眺める一番の理由かもしれない。

 その憧れからこのブログにも「251系」というカテゴリが作られるに至っているが、2012年はそのカテゴリが作られてから初めて紫陽花の季節を迎えることになった。

 それで、絶対にこの2012年は紫陽花越しの251系という風景を捉えたいという想いがあった。

 その強い想いを込めて捉えたのが、この風景であった。
f0113552_10522217.jpg

 花越しに往く251系という風景を、思い入れのある相模の地で見送る。決していい構図ではないかもしれないけれど、私にとってはこの上ない風景であった。


相模の旅2012初夏」にて

251系特急「スーパービュー踊り子」5
東海道本線真鶴駅~湯河原駅にて 2012.6.29

by railwaylife | 2013-07-13 11:00 | 251系 | Comments(0)

朝の谷

 朝の渋谷は、日陰の中だ。

 ビルの谷底で、日陰の中だ。

 その日陰を、通勤ライナーの「おはようライナー新宿」号が往く。

 これから仕事へ向かう人々の陰鬱を乗せ、日陰を往く。
f0113552_2334515.jpg

 などと考えていたら、何だか朝から気が滅入ってきてしまった。



 今日は金曜日、週末をどう過ごそうかなどと楽しく考えることにして、通勤の途へと戻った。


251系「おはようライナー新宿」26号 山手貨物線渋谷駅~新宿駅にて 2012.10.12
by railwaylife | 2012-10-12 23:50 | 251系 | Comments(0)

秋めいて251

 今朝、家を出てすぐ、空に秋らしい千切れ雲が浮かんでいるのに気付いた。

 ただ、いわし雲とかうろこ雲と言うほど、整然としたものではなかった。でも、空に秋らしさを感じるには十分な眺めであった。

 通勤の道すがら、その雲を追ううち、ある場所へたどり着いた。

 その場所で、思い入れのある車両が秋めく風景を作り出すのを待った。

 季節を先取る、あるいは次の季節を待ち焦がれるなどというのは、あまりいいことじゃないんじゃないか、なんて最近は思ったりしている。いつかではなく、今を生きたいと思うからである。

 でも、やがて来るいつかを想うことは希望でもある。そのときまで生きようとするからである。

 だから、秋を想い、秋を待つのも悪くはない。

 同じように、今いる場所ではないどこかを想うのも悪くない。いつかそのどこかへ行くまで生きようとするからである。

 それで、新宿から折り返し特急「スーパービュー踊り子」となり東海道本線を下るこの車両の行く手に、私は想いを馳せた。
f0113552_2374378.jpg

 相模湾の上に広がる空も、もう秋めいているだろうか。


251系「おはようライナー新宿」26号 山手貨物線渋谷駅~新宿駅にて 2012.8.17
by railwaylife | 2012-08-17 23:15 | 251系 | Comments(0)

たそがれ251

 伊豆半島の先端近くから続いてきた特急列車の旅は、日暮れとともに終わろうとしていた。

 特急「スーパービュー踊り子」10号池袋行きが、終着まで残り二駅として、夕暮れ時の渋谷の街を過ぎてゆく。
f0113552_23104484.jpg

 夕暮れの街という、旅の終わりにふさわしい風景を見せ付けるかのように、列車はゆっくりと街を走り去って行った。


251系特急「スーパービュー踊り子」10号 山手貨物線渋谷駅~新宿駅にて 2012.5.18
by railwaylife | 2012-06-27 23:11 | 251系 | Comments(0)