カテゴリ:東急9000系( 178 )

九品仏川を往け

f0113552_14485871.jpg
 等々力駅近くにある跨線橋から眺めるこの東急大井町線の風景は、私のお気に入りの眺めの一つである。

 このあたりの線路は、次の尾山台駅、そしてその少し先の区間まで、まっすぐに敷かれている。その区間を地形図で見てみると、周囲よりも標高が低くなっていることがわかる。

 実はこの区間の線路は、九品仏川という川が作り出した谷底平野を通っている。良く見れば今も小さな流れが線路に寄り添うようにして続いており、尾山台駅付近ではそれにフタがされて自転車置き場になっている。かつての流れが線路の敷設に合わせて整備されたのだろう。このあたりは昭和の初め頃から、玉川全円耕地整理という大規模な耕地整理が行われた地区でもある。

 ところで、そうやって大井町線に寄り添うこの九品仏川は、調べてみると実に不思議な川である。

 そもそも九品仏川というのは通称である。正式には呑川九品仏支流と言えば良いのだろうか。桜新町付近を源流とし、世田谷区・目黒区・大田区を通って東京湾に流れ込む呑川本流の支流だからである。ちょうど大井町線の緑が丘駅と大岡山駅の中間地点くらいで九品仏川は呑川本流に合流している。だから大井町線は、等々力駅付近から緑が丘駅の先まで、九品仏川と絡み合うようにして敷かれている。

 それはさておき、この川の上流はもともと、世田谷区の用賀あたりを源流とする現在の谷沢川であったという。ところがその上流を、等々力あたりの国分寺崖線から湧き出てきた流れに奪われてしまった。崖線から勢いよく湧き出た水が谷頭侵食といって崖上に進出し、ついには九品仏川の上流を奪ってしまったという話だ。このような現象を河川争奪という。

 崖線の湧水が崖上に流れ出し、しまいには他の川の流れを奪う。にわかには信じがたい現象だ。これは争奪というより略奪ではないか。この現象を調べていくうちそんな気がしてきた。

 そんな略奪の起きた現場が、大井町線等々力駅近くの谷沢川に架かるゴルフ橋という橋のところである。ここまで東に向かって流れてきた谷沢川は急に南へ向きを変えている。ここは、南から来た谷頭侵食の流れが、東西方向に流れていた九品仏川を奪い取ったまさにその場所である。そんな「略奪」の現場を、橋の上から眺めることができる。

 さて、ここで上流を奪われてしまった九品仏川はどうなったか。略奪の現場から東に向かっていた流れは、逆流して谷沢川の下流へ流れ込むようになったという。それで九品仏川には逆川(さかさがわ)の異名がある。

 その逆流の様子を今に伝える史料がある。江戸時代後期の文化二年(1805)に作られた『目黒筋御場繪図』である。

 目黒周辺の鷹狩の場所を記したこの絵図には川の流れも載っている。九品仏川もしっかりと記されているが、注目すべきはその東端である。今は呑川本流に合流している九品仏川の流れがこの絵図上では合流点の手前で途切れており、呑川本流につながっていない。そしてその西端は谷沢川の流れにしっかりと合流している。合流点近くにはその名も「逆川橋」という橋が架かっているのもわかる。このことから、当時の九品仏川はその流域のほとんどが逆流し谷沢川に流れ込んでいたと言われている。

 だがこれも、にわかには信じがたい話である。川の自然の流れは低い方、低い方へ向かうから、九品仏川のもともとの流れも標高の低い方へと向かっている。谷沢川に河川争奪された地点の標高が約25mであるのに対し、呑川本流との合流点の標高は約20mである。5mも差があるのに、逆流するものであろうか。実に不思議な川である。

 その逆流の不思議を想いながら、私はこれからもきっと九品仏川の流域をうろうろすることだろう。そしてその川の流れに沿う大井町線の電車も、もともとの九品仏川の流れに従ったり、逆川の流れに従ったりしながら、日々慌ただしく行き交っている。

by railwaylife | 2019-07-07 15:00 | 東急9000系 | Comments(0)

青各停・緑各停

f0113552_17561091.jpg
 青各停に、緑各停。

 東急大井町線を利用しない人には何のことかよくわからず、まるで赤パジャマ青パジャマ黄パジャマのような早口言葉にすら聞こえるかもしれない。

 いや、大井町線を利用する人でも、この青各停と緑各停の違いはごく一部の人にしか関係してこないことである。

 青各停というのは、始発の大井町から終着の溝の口までの間のすべての駅に停車する列車のことを指す。一方、緑各停というのは、田園都市線に乗り入れている二子玉川から溝の口の間で、途中の二子新地と高津に停まらない列車のことを指す。だから、その二駅で乗降しない利用客には両者の違いが影響しないことになる。

 もっとも、二駅を通過するしないで所要時間に多少の差はあるので、大井町から溝の口方面へ向かう電車ではこの識別は大事になってくると思う。とは言え、二子玉川までの間に下車してしまう利用客には不要な情報である。

 もっと不要なのは大井町方面へ向かう電車の場合である。二子玉川から先の区間では、青各停だろうが緑各停だろうが何の違いもない。前から不思議に思っていたのだが、この区間で各停の色の違いを表記する理由は何なのだろうか。最近ではご丁寧に各駅の案内表示でもその違いをフルカラーで鮮明に表している。それを見てせいぜいできることと言えば、緑各停なら「そうか、この電車は二子新地・高津の両駅には停まらず、複々線の内側を急行並みにすっ飛ばしてきたんだな」と想いを馳せるくらいだし、青各停なら「お、この電車は二子の橋梁上で田園都市線から大井町線への渡り線を通って来たんだな」と想ってみるくらいである。他に何か使いようがあるだろうか。

 いや、こんなことを考えているのはきっと私くらいなのだろう。他の利用客はみな、各停か急行かの識別ができれば良くて、各停が青でも緑でも気にならないのかもしれない。かえって各停の表示を他の色に統一したりしたら、その方が混乱してしまう可能性がある。

 だから私も、そっとしておくことにしよう。


東急
9000系電車(9002F) 東急大井町線二子玉川駅~二子新地駅にて 2018.11.19
by railwaylife | 2019-02-17 18:00 | 東急9000系 | Comments(0)

春を感じて

f0113552_23431211.jpg
 今日はもう立春である。冬は終わろうとしている。

 今までは澄んでピリッとしていた青空も、これからは空気がぬるんで弛緩していく。そして濁っていくだろう。それは、すでに一ヵ月余りを経ていろんなことがあり、だんだんと印象が汚れていく2019年そのものを表しているかのようでもある。まだ年が明けたばかりの正月の空はあんなに清々しくあったのに、早くもそれが薄汚れている。

 ただ、今年に入ってからの東京は晴れた日が多くて、富士山も良く見えた。それなのに私はただだた忙しくしていて、途中にはインフルエンザで倒れたりもした。冬の風景も十分に感じられず、ただ寒かっただけの冬になってしまった。

 そんな冬への未練はあるけれど、新しい季節には新しい季節の楽しみがある。さまざまな花が咲き揃って来ることである。

 そのことに期待しながら、これからは春がやって来るのを少しずつ感じていきたい。


東急
9000系電車(9015F) 東急大井町線緑が丘駅~自由が丘駅にて 2019.2.2
by railwaylife | 2019-02-04 22:50 | 東急9000系 | Comments(0)

花見踏切

f0113552_22505605.jpg
 この踏切の脇にある桜はおそらくオオシマザクラで、周囲のソメイヨシノよりも花の咲き散りが早い。ソメイヨシノが咲き揃おうかという頃にはもう散り始めている。

 それが何だか寂しく感じられるのだが、踏切で電車を待っている間に花びらがハラハラと散り、電車が通るタイミングでバッと巻き上がったりするのもなかなか風情のあるものだった。


2017年春の記録
東急
9000系電車(9007F) 東急大井町線緑が丘駅~自由が丘駅にて 2017.4.5
by railwaylife | 2017-07-25 23:30 | 東急9000系 | Comments(0)

花見9000系2017

f0113552_22504502.jpg
 この場所の桜は、以前はもっとボリュームがあった気がする。花の咲き具合の所為もあるのかもしれないが、何だか寂しい咲き方であった。

 毎年のように同じような場所の桜花ばかり眺めるのはどうかと思うこともある。だが、同じ場所の花でも、毎年同じように咲くわけではない。枝が切られたり、木が弱ったりして、以前は見られた花の風景が変わっていくこともある。この春は、そのことを改めて思い知らされた気がした。

 だから、目の前にある花の風景を、その年その年だけのこととして楽しみたい。

 また見たいと思っても見られるかどうかはわからないからである。


2017年春の記録
東急
9000系電車(9005F) 東急大井町線緑が丘駅~自由が丘駅にて 2017.4.5
by railwaylife | 2017-07-25 23:00 | 東急9000系 | Comments(0)

桜9000系2017

f0113552_23511910.jpg
 毎年、毎年、この車両が桜花の季節を往くのを見てきた。

 今年もまた、その風景を見られた。

 その歓びと、安堵感を得た風景であった。


2017年春の記録
東急
9000系電車(9015F) 東急大井町線緑が丘駅~自由が丘駅にて 2017.4.5
by railwaylife | 2017-07-21 23:55 | 東急9000系 | Comments(0)

菜の花と9000系

f0113552_23163697.jpg
 川原の菜の花の向こうに、大井町線9000系の5両編成をはめこんだ。

 以前は地元の東横線も走っていた車両だから、四季を通して頻繁に目にしていたけれど、最近はそうそう頻繁に目にすることはできない。

 だから、久しぶりにこの車両の往く風景に季節感を得ることができた気がした。


2017年春の記録
東急
9000系電車 東急大井町線二子玉川駅~二子新地駅にて 2017.4.1
by railwaylife | 2017-06-22 23:20 | 東急9000系 | Comments(0)

兵庫島の菜の花

 二子玉川にある田園都市線・大井町線の多摩川橋梁は、上流側からはあまり眺めることがない。それは、上流側に車道の二子橋が並走していて、どうしてもごちゃごちゃとした風景になってしまうからである。

 それでも、春先は上流側の兵庫島あたりに菜の花が咲くので、こちら側から眺めるのもいいかな、という気になる。
f0113552_23131730.jpg

2017年春の記録
東急
9000系電車 東急大井町線二子玉川駅~二子新地駅にて 2017.4.1
by railwaylife | 2017-06-19 23:15 | 東急9000系 | Comments(0)

聖地の本家

 今年は「新・紫の聖地」と呼ぶべき、新たな紫君子蘭の名所を見つけることができたが、最初に「紫の聖地」として見つけた本家の聖地も私にとって大事な場所であることには変わりがない。

 そんな本家の聖地を見に行った。

 ただ、行くのがちょっと遅かった。本家の花はしおれ始めていた。
f0113552_22554582.jpg
 そういう状態になるまで見に行かなかったことを、何とも申し訳なく思った。

 それでも、今年もまたこの地に無事にこの花が咲いたことを、心の底から嬉しく思った。


東急
9000系電車(9005F) 東急大井町線九品仏駅~尾山台駅にて 2016.7.2
by railwaylife | 2016-09-14 23:00 | 東急9000系 | Comments(0)

強風の日の空

f0113552_22591573.jpg
 ゴールデンウィークらしくよく晴れた日であったが、風がひどく強かった。歩くのさえ難儀に思うことがあった。

 でもその分、空はすっきりしていたように思う。

 写真では風の強さは伝わらないけれど、空のすっきりした感じは残しておきたくて、この風景にカメラを向けていた。


東急
9000系電車(9002F) 東急大井町線尾山台駅~等々力駅にて 2016.4.29
by railwaylife | 2016-07-23 23:00 | 東急9000系 | Comments(0)