特急電車の旅

 11月20日、日帰りでささやかな旅に出かけた。

 特急電車に乗りたいと思った。それでまずは新宿駅から中央本線の特急「スーパーあずさ」15号に乗り込んだ。
f0113552_16461058.jpg

 着席した自由席は左窓際である。桂川の眺めや、甲府盆地の眺めを考えると左側の方が良い。だが、列車が12時00分に発車してすぐに左へカーブして行くと、昼の高い日差しがまっすぐに窓から入ってくる。眩しさに耐えながら、車窓を眺めていくことになった。

 山岳路線である中央本線の車窓はひじょうに魅力的だが、東京を抜け出すまでがちょっと退屈である。そこで、新宿駅で買った「新宿弁當」を開く。卵のそぼろご飯が薄味で美味しく、また山の幸の詰まったおかずも食べ応えがあった。

 弁当を食べているうちに、列車はススキ野原の多摩川を渡り、八王子駅に停車する。ここからいよいよ山間の眺めである。高尾駅を過ぎると、色とりどりに染まった山並が見え始めた。そして、トンネルをくぐるにつれ山並が重なっていく。色付いた山肌に日の光で陽と陰ができ、彩りをさらに加えていく。時折、桂川の川面がギラギラと照り輝く。

 やがて長いトンネルを抜けると、パッと視界が開ける。勝沼ぶどう郷駅を過ぎた辺りだ。甲府盆地である。白い建物が散らばっている。
f0113552_16471234.jpg

 それを高みから見ていたのが、どんどんと高度を下げ、やがて盆地に着地する。枝だけになった桃や葡萄の果樹園が目立ち始める。山並の向こうには、富士山の頂がポコッと見えてきた。

 13時28分、甲府駅に停車する。ここで「スーパーあずさ」を降りる。東京よりも冷え込んだホームに降り立って、身延線ホームへと向かう。ここから乗るのは特急「ふじかわ」8号だ。
f0113552_16473990.jpg

 13時48分、甲府駅を発つ。着席した自由席は右窓際である。また日の差し込んで来る側であるが、こちら側の車窓の方が見応えはある。富士川の流れが見えるし、後で富士山も見渡すことができる。

 列車は富士山を見ながら甲府盆地を南下して行く。やがて、ゆったりとした笛吹川を渡り、市川大門駅、鰍沢口駅の停車を経ると、山並が迫ってくる。緑色や黄色や茶色の木々が日に照らされて輝く。だが、線路沿いの山は高くそそり立ち、時折早くも日の光を遮ってしまう。

 山間を抜け、波高島という小さな駅を過ぎると、ようやく富士川の川面が姿を現した。青灰色をした川の流れが、日を受けてギザギザと輝いていく。

 建物が増えてくると身延駅である。身延駅を発ってからも、線路はなおも川沿いを行く。ゴツゴツとした岩に囲まれた川は、雄大にクネリクネリと曲がっていく。線路もそれに従い、右へ左へカーブする。列車は車輪を軋ませスピードを落とす。眩しい日差しに顔をしなめながら、のんびりと進む川の車窓を眺めていると、心までゆったりとしてきた。

 やがて、川に沿って南下してきた線路が東へそして北へ向かい始めると、線路際の木立の向こうから、大きくなった富士山がヌッと現れた。頂の純白の雪はまだ少なく、青茶色の広い裾野がグッと広がっている。
f0113552_1648616.jpg

 その富士山が右窓から左窓へ移っていくと、間もなく富士宮駅である。身延線の旅も終わりに近付いてきた。あとは富士の製糸工場の煙突へ向かって進むだけである。

 15時31分、富士駅に到着したところで特急を下車する。ここから東海道本線で帰途に就くが、熱海駅までの普通列車はみなロングシートの車両である。車窓が楽しめないのがつらいが、それでも首を懸命に曲げて、背中の富士山を見つめた。

 列車が沼津駅を過ぎた辺りから、辺りの白い建物がオレンジ色に染まり始めた。昼からさんざん悩まされた日の光が、いよいよ沈もうとしていた。そして、ウトウトと夢心地のうちに丹那トンネルを抜け、薄暮の熱海駅に到着する。

 熱海駅からは特急「踊り子」号に乗りたいところであったが、接続が良くないので快速「アクティー」のグリーン車の客となった。
f0113552_16483133.jpg

 16時51分、藍色に染まりかけた空の下、熱海駅を発つ。ここからは夕暮れの相模湾の車窓が見所だ。湯河原駅を過ぎて、後方を見ると、初島の先の空がまさに夕焼け色であった。オレンジからピンク、水色、そして藍色と、空がグラデーションを描いていく。だが、それもあっという間に藍色に呑み込まれ、海原は黒色を纏って闇に沈み始めた。そんな暗がりを背景に「根府川」の駅名標が白く浮かび上がるとき、グッと心が高鳴った。

 相模湾に別れを告げ、小田原の駅を過ぎて、真っ暗な酒匂川の流れを見送ると、あとは何だか気が抜けてしまった。せめて暗がりの東海道本線の車窓を、先日乗った寝台特急「はやぶさ」の車窓に見立ててみようと思った。

 そうやって、闇をぼんやりと見送りながら、都心へと戻ってきた。そして、黒々とした多摩川を越え、いよいよ東京へ戻ってきたとき、ピョーッという物悲しい汽笛とともに、寝台特急「はやぶさ」「富士」とすれ違った。18時15分のことである。一瞬のことだが、その青き車体に想いを込めた。

 18時20分着の品川駅で下車し、山手線へと乗り換える。帰宅ラッシュの大勢の客に紛れたとき、短い旅は終わりを告げた。



にほんブログ村 鉄道ブログへ
by railwaylife | 2008-11-21 16:49 | | Comments(0)
<< 寝台特急の機関車 新幹線の名前 >>