ツツジと機関車

f0113552_0304031.jpg

f0113552_0305922.jpg

f0113552_0311527.jpg

 上野駅で「カシ釜」が見ることができなくなった私は、この前訪れた田端機関区へ何となく行きたくなった。それで高崎線の電車に乗って一駅、尾久駅へ向かった。すると、尾久駅に着くか着かないかの辺りで、青き車体とすれ違った。ブルートレインだ。「北斗星」4号と同じく遅れていた「北斗星」2号である。この列車の牽引機は「カシ釜」ではなかったが、もう少し上野駅で待っていれば「北斗星」を見ることはできた。つくづく運がない。

 尾久駅を出て、地下道で操車場をくぐり、住宅地の合間を歩いていくと、田端機関区に出る。時折機関車のホイッスルが短く鳴り響いたりして、それだけでワクワクしてくる。

 2週間ぶりに訪れてみると、線路沿いにツツジが咲き揃っていた。無骨な機関車に、花が彩りを添えていた。

「カシ釜」を諦めた無念さが、少し晴れた。

田端機関区にて(敷地外の公道から撮影) 2007.4.28
by railwaylife | 2007-04-28 23:49 | | Comments(0)
<< 根府川の海 あぁあ上野駅 >>