国鉄消滅二十年

f0113552_22352264.jpg

f0113552_22432516.jpg


 今日で日本国有鉄道が消滅して二十年になる。

 国鉄が消えるその日、鉄道少年の私は友達と都内を駆けずり回っていた。何でもいいから国鉄の列車を撮っていた。通勤電車にも「さようなら国鉄」のヘッドマークが掲げられ、汐留駅跡には蒸気機関車C56が展示され汽笛を鳴らしていた。
 また、翌日から誕生するJR各社の主要駅へ向かう特別列車が、夕刻から次々と東京駅や上野駅を発っていった。私の古い写真にも、それらの列車を撮ったものはあるにはあったが、ひどい混みようの中で撮ったので、ろくな写真ではなかった。東京駅や上野駅はとにかくすごい人出だった。テレビ各局も特番を組み、国鉄の最後を伝えていた。それで我が家では、ビデオデッキがフル回転していた。

 写真は国鉄最後の日にヘッドマークを付けていた中央線電車と山手線電車である。黄緑色の山手線電車は、JR化して三年余りで同線上から姿を消した。オレンジ色の中央線電車は二十年経った今なお同線で現役だが、昨年末登場した新型電車に押されて、もはや風前の灯となっている。

 私は子供心に、国鉄の分割民営化には反対であった。全国につながっていた鉄路が、物理的には結ばれていても、気分的には分断されてしまうような感覚があったからである。線路がどこまでもどこまでも続いているというところに、鉄道への憧れはあった。また、合理化によって多くのローカル線が廃止されたことも残念であった。鉄道少年としては少しでも多くの国鉄路線に乗りたかったからである。

 ただ、国鉄がJRになったことで乗客へのサービスは向上し、地域性を重視するようにもなった。また各社が独自の車両を導入し、乗り心地やスピードがどんどん改良された。そんなJRのサービス改善に、私もだいぶ恩恵を預かってきた。
 しかし、会社間を跨ぐような長距離列車は次第に姿を消し、利便性が損なわれた部分もある。しかも分割民営化の最大の目的であった国鉄債務の返済は未だできず、むしろ膨らんでいると言われている。

 国鉄の分割民営化は、国にとっても、鉄道少年にとっても、良いことだったのだろうか。

国鉄山手線103系電車 浜松町駅にて 1987.3.31
国鉄中央線201系電車 東京駅にて 1987.3.31
by railwaylife | 2007-03-31 22:53 | 昔の写真 | Comments(0)
<< 花めぐり 白い空に溶ける花 >>