久々の羽田空港

久々の羽田空港_f0113552_23342429.jpg
 先月のこと、見送りのため久々に羽田空港まで行ってきた。考えてみると、羽田空港へ行くのは二年四ヵ月ぶりのことであった。

 コロナ禍以降の行動範囲の都内の東南端がせいぜい武蔵新田くらいだったから、その範囲を一気に広げるとともに、空港の雰囲気も久々に味わうことになった。

 京急の駅からエスカレーターを乗り継ぎ、出発ロビーに着くと、大きな電光掲示板に、国内各地へ飛ぶ便の行先がずらりと並んでいるのが目に入って来た。それを見た途端、ああ、ここからは遠いところへ行けるんだなあという気がした。そして不意に旅心が湧いてきた。

 いや、空港でそれを感じたくはなかった。せっかく遠くへ行くのなら、列車で行きたい。だからこういう旅心は、例えば東京駅に行って新幹線の発車案内に並ぶ行先を見たときに湧くべきだ。そう思って、慌ててその旅心をかき消した。

 でも、久しく抑え込んでいた旅心が俄かに湧き立ったのを感じ、また旅に出たいと強く思った。今はいろいろとしがらみがあるけれど、いつかまた何処か遠くへ旅に出たい。そう改めて想いながら、この日は空港から引き返してきた。


写真は羽田空港へ行くまでに利用した京急空港線の電車
京成
3000形電車 京急本線梅屋敷駅~京急蒲田駅にて 2022.6.12
by railwaylife | 2022-07-06 23:40 | 私鉄 | Comments(0)
<< 梅雨時の夕暮れ かろうじてタチアオイ越し >>