多摩川台紫陽花2022

 六月半ばの週末のこと、いつものようにふらっと多摩川台公園へ行ってみると、驚くほどの数の来園者がいた。その人たちの狙いは紫陽花である。私もこの公園の紫陽花はすごく好きなので、人のことを言えないけど、それにしてもすごい人出であった。ただ、この日はもう、盛りを過ぎていた花も多かった。そして、晴れて暑かったから、花もくたっとしていた。それでも人々は花に群がっていた。

 そういう光景を見ると、私はどうも引いてしまう。皆が注目すればするほど、自分の熱は冷めていくところがある。それで、花越しに電車を数本見送ったくらいでそそくさと公園を後にしてしまった。
多摩川台紫陽花2022_f0113552_21472863.jpg
 こういうのは良くないなあと思う。以前も、珍しくネタものの列車を見に有名撮影地に出かけたとき、あまりにも撮影者が多く、列車を待たずに帰ってしまったことがあった。別に撮影場所がなかったわけではなく、その列車を撮ることはできたのだけど、何となく気が引けてしまった。どうも、多くの人と同じものを見る、撮るというのが苦手のようだ。

 でもそれは、人とは違う自分なりのものを見出したいという気持ちの表れだとも思う。だからこれからも、そういうものを探しながら、自分なりに見たいものを追い続けていけるようでありたい。


東急
5050系電車 東急東横線多摩川駅~新丸子駅にて 2022.6.19
by railwaylife | 2022-06-30 21:50 | 東急5000系列 | Comments(0)
<< ブログ十六年 多摩川橋梁の6500形 >>