東京メトロ17000系に乗る

 17000系はシャッタースピードを速くして撮っても行先表示が切れて写らないからいいよな。
東京メトロ17000系に乗る_f0113552_23395996.jpg
 なんて思いながら撮っていたら、左奥に写り込んだ東武70000系の行先表示が思いきり、切れて写っていた。日比谷線の車両はすぐ行先表示が切れて写るから気を付けないといけない、とは思っていたのだが、つい油断してしまった。でも、そんな自分の油断がおかしくて、これはこれでいいと思った。

 ところで、このときはついにこの17000系に初めて乗車することができた。先月末の通院の途中でのことである。

 新型車両の車内には独特の匂いがあって、車内に一歩足を踏み入れたときはその匂いが楽しみであるのだが、残念ながら今はマスクを着用しているので、その匂いを感じることはできなかった。まさか新型車両の匂いを嗅ぐためだけに車内でマスクを外すわけにもいかない。

 17000系の車内は明るかった。最近は、旧型の地下鉄車両でも車内の照明をLEDに換装していてだいぶ明るく感じるのだが、そういう車両の室内灯は無理に明るくした感がある。それに対して17000系の車内は、自然な感じで明るい気がした。座席の背もたれが明るい黄色なのも良かったが、薄い色なので汚れやすいんだろうなと心配になったりもした。

 乗車したのは中目黒-新宿三丁目の間で、決して長くはなかったが、乗り慣れたこの区間で17000系の乗車を体験してみると、揺れが少なく安定しているように感じられた。無理のない走りであった。

 新宿三丁目で下車し、後続の各停東京メトロ7000系に乗り換えた。ブレーキをキーキー言わせながら停車した7000系に乗り込むと、17000系とは隔世の感があった。でも、7000系に乗ったときの方が落ち着く気がした。

 さて、こうして17000系の初乗りは済ませたので、あとは何度も乗って、乗り慣れて、早くこの新型の車内でも落ち着けるようになりたい。


東京メトロ
17000系電車 東急東横線祐天寺駅~中目黒駅にて 2021.6.26
by railwaylife | 2021-07-10 23:45 | 東京メトロ | Comments(0)
<< 十二年前の8500系 夏の海と桃太郎 >>