もはや風物詩

 多摩川の川原に咲くようになったルドベキアという花を気にするようになったのは、二年前の2019年のことであった。そのときに花の名前を調べ、もともと園芸種だったのが川原にも自生するようになったことを知った。そうやって花の名前や由来を知ると、気になるものである。昨年2020年も、この花のある風景を眺めていた。

 そして今年2021年も、この花の咲く季節となった。

 多摩川の川原を訪れると、何だか花の数が増えたような気がした。そして、まさに花越しに列車を見てくださいというような場所に、群れて咲いていた。
もはや風物詩_f0113552_23180565.jpg
 それならば、この花のある風景を眺めよう。

 そう思って、花越しに何本もの新幹線を見送った。

 もはやこの花のある風景を眺めることは、風物詩の一つになったと言える。そして、この花の咲く季節がまた無事にめぐってきたことのありがたさを想った。


新幹線
N700系電車 東海道新幹線品川駅~新横浜駅にて 2021.6.15
by railwaylife | 2021-07-08 23:20 | 700&N700 | Comments(0)
<< ひと昔前の山手線・埼京線 グリーン車の向こうの夏雲 >>