十年前の通勤路

 今から十年前は、中央本線が通勤路だった。
十年前の通勤路_f0113552_20502501.jpg
 その沿線風景の、四季の移ろいを眺めるのが通勤途中の楽しみであった。

 そしてこの路線には、遠く遠くへと向かって行く列車が走っていた。甲州へ向かう特急「かいじ」、信州へと向かう特急「あずさ」「スーパーあずさ」である。それらの列車を見送りながら、いつか遠く遠くへ出かける日を夢見ていた。それが、私の生きる希望であった。

 やがて通勤に中央本線を使わなくなり、JRも使わなくなり、地下鉄を使うようになり、今は通勤すらなくなった。この八ヵ月間、テレワークが続いているからである。

 日常生活の中で、遠く遠くへ行く列車を目にすることもなくなった。遠く遠くを想うことも少なくなった。そして、遠く遠くへ行くことも難しくなった。

 それが、新しい生活様式である。


JR東日本209500番台電車 中央本線東中野駅~中野駅にて 2010.12.11
by railwaylife | 2020-12-11 20:50 | 中央本線 | Comments(0)
<< 初冬のPF 晩秋多摩川2020 >>