紫陽花の旅を想う

 以前は、紫陽花の咲く初夏の頃になると、小田原あたりまでよく出かけたものであった。

 小田原の紫陽花の「名所」と言えば東海道本線米神踏切付近であるが、私はその場所の紫陽花だけが見られれば良いというわけではなかった。その米神へ至るまでの道々にもそこかしこに花はある。それを楽しみながら、早川駅や根府川駅からぶらぶらと歩くのが何より楽しかった。好きな場所に好きな花が咲く。それは何とも嬉しいことであった。

 またいつか、紫陽花の咲く頃に米神あたりへぶらぶらと出かけてみたい。

 そんな想いを込め、今日はこの風景を載せておきたい。
紫陽花の旅を想う_f0113552_22393749.jpg

JR東日本E231系電車 東海道本線早川駅~根府川駅にて 2011.6.18
by railwaylife | 2020-06-25 22:40 | 東海道本線 | Comments(0)
<< 17番線の北斗星 アガパンサスの咲く頃 >>