夕暮れ6両編成

 何でも近い将来、東急目黒線の電車が6両編成から8両編成になるそうだ。相鉄線との直通運転を見据えてのことらしい。

 昔から目黒線や乗り入れ先の地下鉄線のホームは8両編成に対応できるように作られていて、いつかはこの路線も8両化するんだろうなと思っていたから驚きはないのだが、私にはひとつ困ったことがある。

 それは、お気に入りの丸子多摩川の橋梁上で、6両編成の電車が見られなくなってしまうことである。

 目黒線の電車が8両編成になったら、東横線の各停や一部の急行電車と同じ長さになってしまう。そうなると、このコンパクトにまとまる6両編成の電車が往く風景をもう得られなくなる。
f0113552_23153398.jpg
 広い川原の風景の中にあって、この6両編成の電車が往くさまは何とも心地よく感じられる。

 そんな眺めが気に入っているだけに、寂しいことだ。

 だから、今のうちに6両編成の風景を目いっぱい楽しんでおこうと思う。


都営
6300形電車 東急目黒線多摩川駅~新丸子駅にて 2019.2.26
by railwaylife | 2019-05-21 23:20 | 東急目黒線 | Comments(0)
<< 都内でE353系 幻の東海道を往く >>