新しい緑 古い緑

 五月の新緑の脇を、緑の山手線E231系500番台が駆けてゆく。
f0113552_22505805.jpg
 この木の緑は毎年新しく生まれるが、山手線の緑の車両はもう十何年と走り続けてきた。いわば古い緑である。

 でも、山手線にも今、新しい緑が生まれている。

 新型のE235系の量産車が続々と投入されているからである。そして、既存のE231系500番台に取って代わっていっている。

 まるで古い葉が散り、新しい葉が芽吹くようにして、山手線の車両の置き換えが今、着々と進行している。


JR東日本E231500番台電車 山手線恵比寿駅~渋谷駅にて 2017.5.2
by railwaylife | 2018-05-06 23:25 | 山手線 | Comments(0)
<< 五月の青 鯉のぼり越し >>