幕車礼賛

 どの会社線の車両でも、行先表示が旧来の幕式になっている車両(幕車)を見ると、何となくホッとするし、いいなあと思う。

 なぜ幕車が良いと思うのだろうか。

 昔から見慣れたものだから、どこか懐かしさを感じるところはある。最近はほとんどの車両がLED式の行先表示になってしまった。また、幕の字体は独特の形状で、ドットで描かれるLED式の表示よりも味がある。

 ただ最近は、そういう懐古主義ではなく、違う意味でいいなあと思うところがある。

 それは、幕車だと写真を撮るときに気を遣わなくて良いからである。

 LED式の行先表示のある車両を撮るときには相当に気を遣っている。LED表示は発光の間隔があるため、あまりシャッタースピードを速くし過ぎると発光していない瞬間が写り、字が切れて写ってしまう。

 その点、幕車はそんな心配がない。シャッタースピードをどれだけ速くしても構わない。だから実に気楽に撮影ができる。

 そんな幕車の撮影の機会をこれからもなるべく多く作り、楽しみたいと思っている。
f0113552_22471026.jpg

京急
800形電車 京急本線品川駅~北品川駅にて 2015.8.14
by railwaylife | 2015-11-10 23:00 | 京急 | Comments(0)
<< ほんとのThe Last Bl... 夏曇り9000系 >>