1500一年

 たしか1000系1500番台を最初に目にしたのは、2014年の5月の終わりのことであった。

 それからちょうど一年が経ち、また同じ風景の中でその車両を見送った。
f0113552_23151925.jpg
 まさに季節がひとめぐりしたわけだが、その間にどれだけこの車両が往く風景を眺めたかというと、残念ながら数えるほどである。

 でも、これからもこの車両はいくつもの季節を重ねてゆくことだろう。

 だからこの車両が往く風景を、さまざまな季節の中で楽しんでいきたい。


東急
1000系電車(1503F) 東急多摩川線沼部駅~鵜の木駅にて 2015.5.30


関連記事「初夏の新顔
by railwaylife | 2015-07-13 23:30 | 東急1000系 | Comments(0)
<< 黄色じゃなくても タチアオイ咲いた >>