さよなら7600系

 東急池上線・多摩川線で活躍してきた7600系が引退した。

 今月中に引退と発表されていたが、最後まで残っていた1編成がつい先日運用を離脱したようである。

 今までずっと見続けて、このブログにも何度も載せてきた車両だけに、引退を機に締めの記事を掲載したいとは思っていたし、最後に見納めをしておきたいという気がないわけでもなかった。でも、最後の1編成が昨年末に種車である7200系登場当時の姿に戻されて以来、どうも見に行く気がしなくなっていた。

 7200系がオリジナルの姿で走っていた頃のことを知っている人はとても懐かしく感じたことだろう。私もかろうじてその時代を知る一人である。またこれまでの活躍をねぎらい登場当時の姿に戻そうという東急電鉄の人たちの気持ちもよくわかる。だが、こうした引退間際の復刻スタイルはどうも好きになれない。それで結局、登場当時の姿に戻されてから7600系を見に行くことはなかった。でも、復刻前の姿を見納めとしたことで良かったと思っている。

 そんな7600系は、同じ池上線・多摩川線で活躍する7700系に比べると当初から編成数が少なかった。だから、目にする機会も少なかったし、7700系の種車だった7000系より7200系の方が昔から好きだった私は、7600系に遭遇するととても嬉しく感じられたものであった。

 でもこれからは、池上線や多摩川線に乗りに行ったり見に行ったりしても、7600系が来ないかな、なんて気にすることもできない。それがちょっと寂しい。

 ただ、この7600系の種車である7200系は何両かが地方私鉄に譲渡され、今も活躍しているものがある。

 できればいつかそういう路線に行って、7200系や7600系のありし日を静かに偲んでみたいなと思っている。

f0113552_10142376.jpg

by railwaylife | 2015-02-15 10:30 | 東急7600・7700系 | Comments(0)
<< 万年堂カーブ 特集おしまい >>