205系最後の春

 横浜線には昔からよく乗ってきたが、その乗車区間はいつもごく限られたものであった。新横浜駅で東海道新幹線を乗り降りするとき、地元の路線である東急東横線とをつなぐのが横浜線の菊名-新横浜間であり、この路線にはその一駅間ばかりに乗ってきた。

 でも、東海道新幹線で西から帰って来たときには、首都圏へ戻って初めて乗ることになるのがこの横浜線であり、日常へ帰って来てしまったなあということを実感させられる重要な路線でもあった。

 そういう日常への帰還のとき、いつも出迎えてくれたのは205系であった。その顔に、旅の終わりを印象付けられるものであった。

 そんな横浜線205系が、ついに引退を迎えることとなった。

 今までカメラを向けたこともなくて、その姿を初めて捉えるのは、この最後の春ということになってしまった。
f0113552_23285528.jpg

f0113552_23292527.jpg

横浜線
205系電車 横浜線小机駅~鴨居駅にて 2014.3.16
by railwaylife | 2014-03-19 23:35 | 205系 | Comments(0)
<< 冬色越しの205系 枝越しの輝き >>