色付いてきた街

 立冬を過ぎ、季節の歩みが遅い東京都内でも少しずつ木の葉が色付き始めた。

 わずかではあるけれども、風景が変わり始め、季節が目に見えて進んでいくことを嬉しく思う。
f0113552_18381374.jpg

 ところで、以前は毎年この時期になるとネットの紅葉情報を熱心にチェックしていたものだが、ここ数年はほとんど見なくなった。

 紅葉で大事なことは、いいかにいい場所で、いかにいい色付きを眺めるかではないと考えるようになったからである。

 たとえわずかな色付きでも、たとえ色付きが美しくなくても、自分が四季を通してその変化を見続けてきた場所の木々が色付く。そのかけがえのなさを、何よりありがたく思いたい。

 そんな想いで今年も、晩秋の日常の風景を胸に刻んでいきたいと思っている。



251系「おはようライナー新宿」26
山手貨物線渋谷駅~新宿駅にて 2013.11.8

by railwaylife | 2013-11-10 18:40 | 251系 | Comments(0)
<< 一段落ついて 非日常から日常へ >>