不思議な三並び

 先月の「中央本線の旅」で訪れた松本駅は周囲に側線の多い駅で、ホームから多くの留置車両が眺められた。駅に隣接して松本車両センターがあるし、この駅を始発・終着としている列車も多いためである。

 そんな留置車両の中に、何とも奇妙な取り合わせの車両が並んでいるなと思わせるものがあった。
f0113552_21432156.jpg

 手前からJR東海の313系、そしてJR東日本の115系・185系である。

 JR東海の313系がいるのは、五駅先の塩尻駅から名古屋方面の中央本線がJR東海の管轄となるためで、この区間を走る普通列車が松本まで乗り入れて来ている。そして115系は先の「115系並び」という記事にも掲載したとおり、松本駅の主役であると言える。さらに、一番奥の185系は、横浜始発の特急「はまかいじ」として松本駅まで乗り入れて来たものである。

 どの車両も松本駅に存在するのが珍しくはないのであるが、その三者が並んだ光景が何とも不思議に思えたものである。


313系・115系・185系電車 篠ノ井線松本駅にて 2012.8.26
by railwaylife | 2012-09-30 23:30 | 185系 | Comments(0)
<< 秋風に梅花を添えて 115系並び >>