まつりの季節

 東京都内、というか、私にとって身近な旧武蔵国荏原郡・豊島郡あたりでは、9月に入るといわゆる「村の鎮守」の祭りがあちらこちらで行われることになる。

 昔はそれぞれの神様を「お祭りする日」に合わせ日にちで祭りの行われる日が決まっていたものだが、最近は神輿の担ぎ手を確保するためもあってか、9月第何週の土日といった日取りで祭りが執り行われるようになっている。それでも、秋の初めに祭りが行われるという伝統は続いている。それは、収穫を神様に感謝する祭りとしての性格を今なお保持していると言えるのではないかと思っている。

 そんな秋の祭りに合わせて、風物詩の変化が少ない都会にもこの時季には多少の風景の変化が現れる。

 そういう風景の変化を、私なりに捉えてみた。
f0113552_22593271.jpg

 いま、渋谷の街では、金王八幡さまのお祭りを飾るための提灯が風に揺れている。


東急
9000系電車(9005F) 東急東横線渋谷駅~代官山駅にて 2012.9.8
by railwaylife | 2012-09-13 23:00 | 東急9000系 | Comments(0)
<< 季節の受け渡し 夏でもなく秋でもなく >>