5050系夕暮れ空

 もう何度となく想っていることなので、このブログにも何回か書いているかもしれないが、自分に言い聞かせるためにもまた書いておく。



 それは、どんな夕景でも、同じものは二度とないのだということである。

 雲の形、色、場所、そして空の色、表情、沈む夕日の形、色、場所、それらすべてがまったく同じである日が、また来るだろうか。たぶん来ないと思う。

 だから、どんな夕景であっても、もう二度と見ることのないものだと覚悟を決め、じっとじっと見つめる。

 もちろん、そうやって眺めたとしても、どれだけ記憶に残るかはわからない。

 でも、大切なことは、記憶に残すかどうかではない。その夕景を見ているわずかなときをいかに大事に想えるか、だと思っている。
f0113552_22495955.jpg

東急
5050系電車 東急東横線多摩川駅~新丸子駅にて 2012.7.15
by railwaylife | 2012-08-06 22:52 | 東急5000系列 | Comments(0)
<< 立秋の朝 渋谷ヒカリエと銀座線1000系 >>