夏の夕暮れ

 梅雨明け発表の二日前のことではあったが、夕暮れの日差しは熱く川面に刺し、まさに夏の日そのものだなと思わせる眺めであった。
f0113552_23191466.jpg

 それでも、川面へ強く吹き付けてきた風はどこかまだ涼やかさが残っていた。盛夏になり猛暑の日が続けば、その夕暮れの風さえ熱せられてしまうものだ。そういう熱風のまだないところが、夏の初めらしい感触であった。

 だが、夕暮れの風を熱してしまうような猛暑日の連続も間もなくやって来る。そんな予告のような、梅雨明け直前の風景であった。


埼玉高速鉄道
2000系電車 東急目黒線多摩川駅~新丸子駅にて 2012.7.15
by railwaylife | 2012-07-31 23:20 | 東急目黒線 | Comments(0)
<< 或る日の9000系 トラスをくぐる >>