一大事

 大変なことになった。




 何が大変かと言うとそれは、もうすぐ今年もあじさいの花が本格的に咲いてしまうということである。
f0113552_2375039.jpg

 いや、もうすぐ6月になるのだからあたりまえのことであるし、私はあじさいの花が気に入ってもいるから、むしろありがたいことである。昨年も「あじさい列車2011」というシリーズを長々とこのブログに載せているくらいである。

 だが、問題はその「あじさい列車2011」にある。

 実は、この2012年のあじさいが咲こうとしている今になってもまだ、ブログ上では「あじさい列車2011」シリーズが完結できていないという問題がある。これは、大問題である。





 昨年6月から7月にかけて掲載していた「あじさい列車2011」シリーズは、2011年7月31日付けの「あじさい列車2011第二十七章 あじさい小田急線再び」が最後の記事になっている。それは、内容的にも日付的にも「あじさい列車2011」シリーズの締めくくりにふさわしいようにもなっているが、実はまだ「あじさい列車2011」シリーズには続きがある。それが載せられないままでいる。

 このままでは、今年も始めようと思っている「あじさい列車2012」シリーズを気分よく始めることができない気がする。そして、残っている「あじさい列車2011」シリーズの続きは、このままにしておくといったい去年のあじさいなのか今年のあじさいなのかわからなくなってしまうように思う。それは何とも困ったものである。





 ということで、これから「あじさい列車2011」シリーズの続きを載せていくこととしたい。と言っても、今から慌てて記事を書こうというわけではない。すでにできあがっているものを、順に載せていけばいいだけのことである。

 ではなぜ、そのできあがっているものを後生大事にとっていたかというと、ある旅日記の一部になっていたからである。その旅日記の全体もだいぶ前にできあがっていたのだが、旅日記という性格上、なかなか載せる機を見出せずにいた。そうこうしているうちにこの時期になってしまったのだが、もはや今がその旅日記のすべてを載せるのに一番いいときだと思う。もちろん、季節外れだか季節遅れだかよくわからない中途半端なものではあるが、もうそういうことは気にしないことになっているから、楽しみつつ載せていきたいと思う。

 これから掲載するのは、2011年7月22日の「都区内パスの旅2011」である。その旅で見た風景を、これから一つ一つ大事に大事に載せていきたい。

by railwaylife | 2012-05-28 23:16 | | Comments(0)
<< あじさい列車2011第二十八章... ショウブ際 >>