八重桜池上線

 毎年思うことだが、同じ桜でも、ソメイヨシノを愛でる人とそれ以外の桜を愛でる人の数があまりにも違うのはなぜだろうか。実に多くの人たちがソメイヨシノを楽しむのに、八重桜などを楽しむ人はほんのわずかである。

 それほどに、八重桜などの咲く風景が見劣りするものであろうか。たしかに、ソメイヨシノのように、文字通り桜色に染まるような風景を作り出すわけではない。でも、八重桜では一輪一輪の大きな咲きぶりと、その形の妙を楽しむことができると思う。

 だから私は、八重桜のある風景も本当にありがたく、また嬉しく感じながら眺めている。

 この八重桜越しの池上線も、そうやって眺めた風景の一つであった。
f0113552_10572188.jpg

 人や車がせわしく行き交う橋の上や川辺の道で、花を見ながら静かに佇み電車が現れるのを待つ。やがてゆっくりと花越しに姿を現す電車の姿にカメラを向け、そしてその風景をじっと見送る。

 その、ちょっとした風景を眺めるわずかな時間が、なんとも心地よく感じられたことであった。
f0113552_10573990.jpg

東急
1000系・7000系電車 東急池上線五反田駅~大崎広小路駅にて 2012.4.21
by railwaylife | 2012-05-13 11:00 | 東急 | Comments(0)
<< 八重桜7700系 目黒線に花を添えて >>