山手線の桜2012

 ちょうど二年くらい前に「山手線で桜を見に行こう」という記事が載っている。身近にある山手線沿線の桜を楽しもうという気持ちが綴られたものだ。

 今でこそ桜に限らず、四季折々の「山手線の風景」を楽しもうとしているが、当時はまだそんな意識もない中でそういうことを書いていたとは、自身のことながら「なかなかやるな」という気がした。

 人は歳を重ねれば経験も重ねるから、何だか常に過去の自分よりも偉くなったような気になっている。でも、どんな歳においてもそのときそのときの感性というものはあって、それは若いときのものだからだめだとか、歳をとってからのものだからいいというわけではない。

 だからこの二年前の自身の感性は大事にしたいなと思った。そしてそういう過去の自分を知ることができるという意味では、こうしてだらだらとしながらもブログを続けられていることは、自分にとってちょっとは財産になっているようにも思える。



 さて、その二年前の感性に敬意を払う意味でも私は、今年も山手線の桜の風景を楽しんだ。
f0113552_2331328.jpg

 この日常の路線に花の咲く風景があることを、何よりありがたいこと想いつつである。


山手線
E231500番台電車 山手線原宿駅~代々木駅にて 2012.4.11
by railwaylife | 2012-04-16 23:33 | 山手線 | Comments(0)
<< 花は散ると知りつつも 花見メトロ 2 >>