長いのか短いのか

 昨年末に、E259系特急「成田エクスプレス」が今度のダイヤ改正で「減便」されると知ってから、案じていることがあった。

 それは、山手貨物線では数少ない12両編成の「成田エクスプレス」の一つである13号も、編成が半分にされるのではないか、という憂いである。

 たまに「長さ二倍」だとか言って、その12両編成の出で立ちを楽しんでいた13号だけに、3月から半分にされてしまったら悲しい。

 そう思い立って、休日の朝にその列車を眺めに行った。

 もっとも、本当に半分になるのかどうかはわからない。私が独りで勝手に憂い、独りで勝手に騒いでいるだけかもしれない。

 でも、そんな根拠のない憂いが動機であったにしても、この12両編成のE259系を眺めに行く機会を自分で作ったのは、嬉しいことであった。

 その列車をどこで待ち構えようかとあれこれ悩んだが、比較的見通しの利く恵比寿駅ホームの端で待つことにした。そこなら、長い編成の全部を捉えることができるからである。

 その場所へ、12両編成のE259系が現れる10分くらい前に着き、程なくやって来た湘南新宿ラインの15両編成で試し撮りもしてみた。長い編成、というさまが表せる構図になった。

 その位置をそのままキープしておけばよかったものの、すぐ脇を山手線や埼京線といった、私にとって魅力的な電車が通り抜けるものだから、あれこれとカメラを向けているうち、さっき湘南新宿ラインを撮った構図がよくわからなくなってしまった。

 それで、いいかげんな構図で目的の「成田エクスプレス」13号を捉えることになっていた。
f0113552_23564863.jpg

 その結果、12両編成なんだか、他の列車と変わらない6両編成なんだか、よくわからない写真になっていた。長いんだか短いんだか、という感じのE259系である。

 でも、これはこれでいい。シャッターを切った後、目の前を通り過ぎて行く列車の両数を頭の中で数え上げ、6号車と7号車の先頭車同士の連結面もしっかりと目にした私は、たしかに山手貨物線を往く12両編成のE259系の姿を、その瞼の裏に焼き付けていた。



 ところで、先日発売された雑誌「鉄道ダイヤ情報」2012年2月号には、今度のダイヤ改正についての詳細が掲載されており、その中で「成田エクスプレス」は横浜~東京間の3往復と新宿~東京間の2往復が運転取り止めとなると書かれていた。また、東京~成田空港間では27往復中5往復が12両編成から6両編成になるということであった。

 つまりこれは、東京駅において横浜方の編成と新宿方の編成が併結・分割する列車の片方が運転取り止めの対象となり、6両編成に減車されるいうことではないだろうか。横浜方面との併結をしない新宿発の13号は、そのままの編成残るのだと思う。ちょっと、嬉しい気がした。


E259系特急「成田エクスプレス」
成田エクスプレス
13号 山手貨物線渋谷駅~恵比寿駅にて 2012.1.15
by railwaylife | 2012-01-27 23:59 | E259系 | Comments(0)
<< 205の車体 冬日の中の山手線 >>