遠い国の朝

 先週の終わりから仕事が忙しく、また週末からは家をあけていたので、記事を更新する間がなく、10月が終わってしまった。11月に入った今日からまた、新たな気分で記事を掲載していきたい。



 さて、週末に家をあけて私は、遠くへと出かけた。そして、遠い国で朝を迎えることとなった。

 遠い国といっても、いわゆる外国ではない。日向国である。私の住まう武蔵国から、遠く遠く離れた国だ。私にとっては、今までほとんど縁のなかった国である。



 その国で朝を迎えた私は、雨の降る中、橋梁を渡るディーゼルカーの風景にじっとじっと見入っていた。
f0113552_21221140.jpg

 今や東国では珍しくなったキハ40系が、この国ではごくあたりまえに、風景の中に在った。



 その日向国を皮切りに、今回は旧国名でいえば五ヵ国、現在の県名でも五県、しかもそのすべての県庁所在地を経由するという壮大な旅になった。そしてそこには九州という地への幼い頃からの憧れ、また九州への歴史への深い興味が刻まれるものとなった。

 そんな旅で溢れ返った想いをひとつひとつ紡ぎ、綴っていくのが、これからの楽しみである。


キハ40系ディーゼルカー 日南線子供の国駅~青島駅にて 
2011.10.30
by railwaylife | 2011-11-01 21:25 | | Comments(0)
<< たそがれ03系 雨晴らし湘南新宿ライン >>