白い桜色

 東中野の桜並木の朝は、中野方の跨線橋から見ると逆光である。

 だから、通勤途中に桜並木の眺めを捉えようとするなら、薄曇りの日の方が却って好都合だったりする。

 そんな曇り空の朝に私は、跨線橋から桜花を眺めていた。
f0113552_2248543.jpg

f0113552_22492232.jpg

 しばらく花に見とれていると、冴えない色の空の下、色を失った花の脇を、白い特急「あずさ」が駆けて行った。
f0113552_22495450.jpg

 白い空なら、桜は白く咲く。それも、桜色である。


E257系特急「あずさ」2号 中央本線東中野駅~中野駅にて 2011.4.7

by railwaylife | 2011-04-14 22:51 | 中央本線 | Comments(0)
<< かいじ102号の春 ツバキ列車 >>