池上線のインバウンド効果

 昨年2017年の印象に残った出来事の一つとして、東急池上線の無料乗車デーがある。

 一つの路線にタダで乗れるという企画自体が画期的であったが、一番良く思い出に残っている光景は電車の混雑ぶりである。当日の池上線では、ラッシュアワー並みの混雑が日中ずっと続いていたと言って良い。

 そのおかげで迷惑を被ったのは、普段から池上線を利用している沿線住民だっただろう。何もなければのんびりと電車を利用できた休日の昼間だったのに、すし詰めの混みようであった。

 その様子を思い返してみると、この無料乗車デーに起きたことは、いま日本全国で起きているいわゆる「インバウンド効果」の縮図だったのではないか、という気がしてくる。

 全国的にはマイナーな東急池上線の沿線は、今までの訪問客だけではあまり儲からなかった。そこで他所から広く人を集めようという施策を実行した。だが、予想以上の人が集まった。もちろん、商店街の品物が飛ぶように売れるという経済効果はあっただろうし、世の中にその沿線を広く売り込むという目論見にも成功したと言える。ただ、おかげで普段からの利用客は、他所から集まり過ぎた人の波に呑まれ、日常生活がままならなくなってしまった。

 これは、海外からの観光客を多く呼び込んでいる日本各地の観光地で起こっていることと同じではないだろうか。インバウンド効果で海外から押し寄せる多くの観光客により、地元の人の生活が脅かされているという話はよく耳にするようになった。また、日本人が国内で旅行をしようとしても、宿が取りにくかったり、海外からの団体客の歓迎が優先され観光地で嫌な思いをした例もあるという。

 インバウンド効果による経済の活性化は、現代にあっては必要不可欠な施策なのだろう。また、土地の魅力を広く世界に発信することも悪いことではない。

 だが、どんなに有名無名の観光地であっても、そこへやって来る観光客によって地元の人々の日常が脅かされるようなことがあってはならないと思う。

 ところで、今年も東急池上線沿線では大規模なイベントが実施されることになっている。今月23日・24日に行われる「池上線全線祭り」である。池上線の全十五駅で同時にイベントが開催されるという祭りである。

 さすがにもう無料乗車は行われないようだが、当日は池上線沿線に大勢の人が訪れるだろう。

 そのとき、普段から池上線を利用している人に不便がないよう、くれぐれも工夫してほしいものである。他所からやって来る人も、地元の人も、そのお祭りの賑やかさが楽しめるような二日間であってほしい。それが、本当の意味での「インバウンド効果」ではないだろうか。
f0113552_21501181.jpg

# by railwaylife | 2018-11-18 22:00 | 東急 | Comments(0)

陰った7700系

 ある路線のある車両がもうすぐ引退となると、普段からよく見ていても「よし、今まで行ったことのないような場所で見送ってみよう」なんていう欲が出てくるものである。

 でも、そういう場所で見送ったりしてみると、だいたい撮る写真は失敗するものである。
f0113552_21453789.jpg
 ここは初めての場所だったから、すっかり顔が陰ってしまった。

 せっかく建物の隙間から西日が漏れ、顔が明るくなる瞬間があったというのに、そのタイミングを見事に外してしまった。

 でも、こうやって引退間際になって自分が欲を出したということのいい思い出にはなった気がした。


東急
7700系電車(7905F) 東急多摩川線武蔵新田駅~矢口渡駅にて 2018.10.7
# by railwaylife | 2018-11-11 21:50 | 東急7600・7700系 | Comments(0)

田園都市計画百年

 今年2018年は、田園都市の街づくりが始まってちょうど百年になるという。

 田園都市と言えば真っ先に思い浮かぶのが田園調布の街であるが、その田園調布や大岡山、洗足あたりの宅地開発を始めた田園都市株式会社が設立されたのが今から百年前の大正七年(1918)だそうだ。

 田園都市株式会社を設立したのは実業家としても有名な澁澤栄一である。彼が街づくりの理想としたのが英国の「ガーデン・シティ」であった。すなわち、自然と都市が調和した街づくりである。

 その構想に基づき田園調布の街が作られ、やがて東急田園都市線の沿線にも田園都市が作られた。そしていま、私たちは誕生から百年後の田園都市を目の当たりにしている。

 街づくりというのは時間のかかるものだ。いま、田園都市株式会社の創始した田園都市の百年後の姿を見られるのは、ある意味で幸いなことだと言える。

 ただそれが、田園都市株式会社の目指した街になっているのかどうかはわからない。
f0113552_23394963.jpg

# by railwaylife | 2018-11-07 23:40 | 東急 | Comments(0)

曇天Y500系

 曇天のときのY500系の青色は冴えない。
f0113552_23565283.jpg
 ちょっと暗い表情で駆けてゆく。

 そんなY500系を見送るときの私の気持ちも、どこか冴えない。

 また青空の下で、鮮やかな青色を纏ったY500系を見てみたいと思う。


横浜高速鉄道
Y500系電車 東急東横線多摩川駅~新丸子駅にて 2018.10.13
# by railwaylife | 2018-11-05 00:00 | Y500系 | Comments(0)

桜の落葉

 最近、都会にある桜の木の葉は、色付く前にどんどん散ってしまう。夏の酷暑やゲリラ豪雨、台風による強い風雨などが影響しているのだろうか。

 それで、いよいよ葉が色付こうかという季節にはもう、ぱらぱらとしか葉が残っていない。
f0113552_23434091.jpg
 秋の初めでも、桜の木だけ見ればまるで初冬の様相である。


東急
5050系電車(4102F) 東急東横線多摩川駅~新丸子駅にて 2018.10.13
# by railwaylife | 2018-11-04 23:45 | 東急5000系列 | Comments(0)