青各停・緑各停

f0113552_17561091.jpg
 青各停に、緑各停。

 東急大井町線を利用しない人には何のことかよくわからず、まるで赤パジャマ青パジャマ黄パジャマのような早口言葉にすら聞こえるかもしれない。

 いや、大井町線を利用する人でも、この青各停と緑各停の違いはごく一部の人にしか関係してこないことである。

 青各停というのは、始発の大井町から終着の溝の口までの間のすべての駅に停車する列車のことを指す。一方、緑各停というのは、田園都市線に乗り入れている二子玉川から溝の口の間で、途中の二子新地と高津に停まらない列車のことを指す。だから、その二駅で乗降しない利用客には両者の違いが影響しないことになる。

 もっとも、二駅を通過するしないで所要時間に多少の差はあるので、大井町から溝の口方面へ向かう電車ではこの識別は大事になってくると思う。とは言え、二子玉川までの間に下車してしまう利用客には不要な情報である。

 もっと不要なのは大井町方面へ向かう電車の場合である。二子玉川から先の区間では、青各停だろうが緑各停だろうが何の違いもない。前から不思議に思っていたのだが、この区間で各停の色の違いを表記する理由は何なのだろうか。最近ではご丁寧に各駅の案内表示でもその違いをフルカラーで鮮明に表している。それを見てせいぜいできることと言えば、緑各停なら「そうか、この電車は二子新地・高津の両駅には停まらず、複々線の内側を急行並みにすっ飛ばしてきたんだな」と想いを馳せるくらいだし、青各停なら「お、この電車は二子の橋梁上で田園都市線から大井町線への渡り線を通って来たんだな」と想ってみるくらいである。他に何か使いようがあるだろうか。

 いや、こんなことを考えているのはきっと私くらいなのだろう。他の利用客はみな、各停か急行かの識別ができれば良くて、各停が青でも緑でも気にならないのかもしれない。かえって各停の表示を他の色に統一したりしたら、その方が混乱してしまう可能性がある。

 だから私も、そっとしておくことにしよう。


東急
9000系電車(9002F) 東急大井町線二子玉川駅~二子新地駅にて 2018.11.19
# by railwaylife | 2019-02-17 18:00 | 東急9000系 | Comments(0)

立ち枯れの向こう

 こういう立ち枯れの草も、私にとっては花と同じように季節の変化を感じられる大事なアイテムである。
f0113552_12381245.jpg
 その立ち枯れの向こうを電車が往くのを見送り、この場所の冬という季節を改めて感じていた。


東京メトロ
10000系電車 東急東横線多摩川駅~新丸子駅にて 2019.1.19
# by railwaylife | 2019-02-11 12:40 | 東京メトロ | Comments(0)

多摩川水運を想う

 中世という時代、現代の常識で考えるよりもずっと多くの物資が日本列島の中を行き交っていた。

 焼物もその一つである。

 それは、各地にある当時の遺跡の出土品からわかることである。

 例えば、尾張国常滑で作られた常滑大甕は、東京の多摩地域の府中、小金井、武蔵村山、多摩、八王子などの各市の遺跡から出土している。その分布は、ほとんどが多摩川の本流・支流域にあるのだという。

 これは、常滑大甕が多摩川の河川流通によって運ばれていたことを示している。常滑から太平洋を通って関東へやって来た大甕は品川湊に一旦運ばれ、そこから多摩川をさかのぼって多摩の各地域へ伝わったようだ。

 ということは、私が普段良く行くこの丸子あたりも、中世には常滑大甕を積んだ舟がさかのぼって行ったのだろう。
f0113552_22415569.jpg
 そんな舟が、この東急東横線・目黒線の橋梁をくぐって行くさまを想ってみた。


東急
5000系電車(5119F) 東急東横線多摩川駅~新丸子駅にて 2019.1.19
# by railwaylife | 2019-02-09 22:45 | 東急5000系列 | Comments(0)

春を感じて

f0113552_23431211.jpg
 今日はもう立春である。冬は終わろうとしている。

 今までは澄んでピリッとしていた青空も、これからは空気がぬるんで弛緩していく。そして濁っていくだろう。それは、すでに一ヵ月余りを経ていろんなことがあり、だんだんと印象が汚れていく2019年そのものを表しているかのようでもある。まだ年が明けたばかりの正月の空はあんなに清々しくあったのに、早くもそれが薄汚れている。

 ただ、今年に入ってからの東京は晴れた日が多くて、富士山も良く見えた。それなのに私はただだた忙しくしていて、途中にはインフルエンザで倒れたりもした。冬の風景も十分に感じられず、ただ寒かっただけの冬になってしまった。

 そんな冬への未練はあるけれど、新しい季節には新しい季節の楽しみがある。さまざまな花が咲き揃って来ることである。

 そのことに期待しながら、これからは春がやって来るのを少しずつ感じていきたい。


東急
9000系電車(9015F) 東急大井町線緑が丘駅~自由が丘駅にて 2019.2.2
# by railwaylife | 2019-02-04 22:50 | 東急9000系 | Comments(0)

みなとみらい線開通十五周年

f0113552_18494513.jpg
 一昨日、2019年2月1日で、横浜高速鉄道みなとみらい線は開通十五周年を迎えた。

 十五周年と知って驚いた。地元の東急東横線に横浜高速鉄道Y500系が走り始め、その鮮烈な青色の車体に衝撃を受けてからもう十五年も経つのかと思うとゾッとした。歳月の流れるのはなんと早いことだろう。

 それにしても、十五年も経つというのに、みなとみらい線にはまだ数えるほどしか乗ったことがない。もうちょっと、乗る機会があってもいいのかなと思う。

 今度、地元の駅からふらっとY500系に乗り込んで、無意味に終点の元町・中華街まで乗り通してみても良いかもしれない。



 写真は一昨日2019年2月1日の朝に通勤でたまたま乗り合わせたY500系に付けられていた十五周年記念の装飾である。十五周年のその日の朝に偶然この車両がやって来たことに、自分の運の良さを勝手に感じていた。

# by railwaylife | 2019-02-03 19:00 | Y500系 | Comments(0)